バイタルを制する者は臨床を制する

 

 

医療従事者に関わらず、今の時代ほとんどの人は「バイタル」という言葉を知っています。ですが、「バイタルって何のことだかわかりますか?」と尋ねて、「知っています」と自信を持って答えられる人はどのくらいいるでしょうか。

 

専門職である看護師は、バイタルサインについて「なんとなく知っている」だけれはだめです。「シンプル」「初歩的」「誰でもできる」ようにみえるバイタルチェックですが、実は非常に奥が深く、バイタル一つで得ることの出来る情報量には目を見張るものがあるのです。

 

例えば、発熱を例に考えてみましょう。

 

一口に発熱と言っても、「高熱が持続する」「高熱と平熱を繰り返す」「一定のサイクルで高熱が出る」など多くの「型」があります。そして、どのような発熱型であるかによって、診断も全く異なってきます。

 

このことは、発熱のサイクルを正確に把握できたのならば、病気の診断すら可能になるということを示しています。

 

逆に言えば、「バイタルサインを正確にとれないと診断名すら変わってしまう可能性もあるのです。

 

発熱型について知っているのといないのとでは、何気なく行なっている体温測定でも、その意味合いが大きく変わってきます。

 

本当は怖い「バイタルチェック」

 

看護師にとってのバイタルチェックは、日常的な業務です。一般病棟でも1人の患者さんにつき1日につき最低1回はバイタルを測定しています。さらに、救急領域においては、1時間に1回など頻繁になります。

 

バイタルチェックは日常的な業務であるために、「なんとなく緊張感も無くバイタルを測定して終わり」のようなことをしている人もいるかと思います。しかし、実はこれは大変危険なことなのです。

 

管理人(=私)自身、看護師勤務をしていたときにバイタル測定で大失敗してしまったことがあります。

 

ある日、免疫不全の患者さんを受け持ちました。バイタルチェックの時間になったので熱を測ってみると、38.6℃ありました。「これは大変」と急いで担当医に報告して抗生剤が開始されたのですが、開始直後に計り直してみると熱が36.7℃に下がっていたのです。

 

「あれ?」と思い再び測り直すと、やはり平熱でした。つまり、私の体温の測り方がおかしかったために、誤ったアセスメントをしてしまったのです。

 

私のバイタルチェックが甘かったために、患者さんに必要の無い抗生剤が投与されてしまいました。

 

「そんな初歩的な間違い、自分はするわけない」と思う人もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

 

私は看護師時代に新人指導担当をしていましたが、新卒・経験者問わず、バイタルの測り間違いをしている人があまりにも多くて驚きました。ほとんど全員が、正しいバイタルチェックではなく「自己流」で「なんとなく」のバイタル測定をしていたのです。

 

例えば血圧を測るとき、マンシェットの巻き方が緩いままやっている人がいました。これでは血圧値が20〜30もずれる可能性があります。

 

また、不整脈の患者さんの脈拍測定を通常の人と同じように10秒間で行っている人もいました。たった10秒間の脈拍測定では、不整脈出現の有無まで判断できません。

 

また、バイタルを測定したまではいいものの、そのあとのアセスメントが出来ずに重要な兆候を放置している人もたくさんいました。

 

例えば、免疫不全の人の熱が37.3℃だったときです。元気な人だと「微熱ですね」の一言で終わるところですが、免疫不全の人ではそうはいきません。すぐに抗生剤投与を始めなくては、敗血症になってしまうかもしれません。

 

知識がないというのは非常に怖いことです。

 

間違った方法で患者さんのバイタルを測定し、重要な徴候を見逃してしまっていたらどうなるでしょう。患者さんの命に関わってきてしまいます。

 

バイタルを測定したはいいものの、それが正常値か異常値かわからないまま放置した結果、患者さんが急変してしまったらどうなるでしょう。これは、専門職としての責任問題に大きく関わってきます。

 

正確にバイタルサインを測定できるか、そしてそれを正確にアセスメントできるかどうかという能力は、患者さんの大切な命に直接関わってくる非常に重要なことなのです。

 

そうはいっても、今まで「バイタルサインについて正しい知識を学んできていない」という人も多いでしょう。

 

そこで当サイトでは、誰でもバイタルサインをマスターするための知識を、わかりやすく解説していきます。

 

「バイタル測定方法」などの技術的な話だけでなく、一つ一つのバイタルの基礎から解説しているので、まずはこれを読んでしっかりと基本を身につけてください。

 

基本さえ身につけば、それを応用することは難しくありません。

 

正しい知識を身につけ、自信をもってバイタルサインの測定をできるようになりましょう。

 

そして、自分の頭で考えながら動くことのできる、自立したナースになってください。

 

 

バイタルを制する者は臨床を制する 関連ページ

そもそも「バイタルサイン」とは何か
体温とは何か:体温の定義と、人間の正常体温(平熱)
体温調節は「脳」で行なわれている:体温調節中枢の働き
体温の正しい測定方法と、看護師がやってしまいがちなミス
なぜ熱が出るのか:発熱の仕組みと機序
発熱はどのような経過をたどるのか:看護師が知りたい発熱の知識
発熱時に見られる4つの熱型:稽留熱、弛張熱、間歇熱、波状熱
発熱時の看護
「うつ熱」の基礎知識
熱放散3つのパターン
うつ熱時の看護
「低体温」とはどのような状態か
低体温時の看護
「脈拍」とはなにか
脈拍の測定方法と確認すべき5つのポイント
不整脈の考え方
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈@〜
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈A〜
脈拍の異常:脈拍数〜徐脈〜
脈拍の異常:脈拍のリズム
脈拍の異常:脈拍の大きさ
脈拍の異常:脈拍の立ち上がりの速さ
脈拍の異常:脈拍の緊張度
呼吸とは?
呼吸器系の構造と働き:気道系@
呼吸器系の構造と働き:気道系A
呼吸器系の構造と働き:肺胞系
呼吸器系の構造と働き:肺
呼吸器系の構造と働き:縦隔、胸郭
呼吸の3要素
呼吸中枢の場所と化学受容体の関係
呼吸の測定方法と注意点
肺機能検査:換気機能検査
パルスオキシメーターによるSpO2測定
呼吸の異常:呼吸数、呼吸の深さ
呼吸の異常:呼吸の型、左右差
呼吸の異常:リズム
呼吸困難について
血圧とは?
脈圧ってなに?
血圧の測定方法と注意点@
血圧の測定方法と注意点A
観血的動脈圧モニタでの血圧測定
血圧の異常:高血圧
危険な高血圧
白衣高血圧と仮面高血圧
高血圧 資料
血圧の異常:低血圧
起立性低血圧
意識があるってどんな状態?
「意識」を作り出す脳の仕組み
意識を維持する中枢はどこ?
意識障害はなぜ起こる
失神とは
意識の評価 JCS
意識の評価 GCS
子どもの意識の評価
意識状態による眼球運動の変化
眼球運動@瞳孔のアセスメント
眼球運動A眼位のアセスメント
意識状態悪化時の呼吸
意識状態悪化時 その他のバイタル
あいうえおちっぷす(AIUEOTIPS)

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト