熱放散3つのパターン

 

 

体温の異常の一つに、「高体温」があります。

 

「高体温」は、「体が熱を作り出す」働きと、「体の外に熱を逃がす」バランスが、何らかの原因によって崩れたときに起こります。

 

このときの、「体の外に熱を逃がす」働きのことを「熱放散」といいます。

 

熱放散には、全部で3つのパターンがあります。それぞれ順に見ていきましょう。

 

@輻射(ふくしゃ)

 

「輻射」という言葉を学術的に説明すると、「物体が電磁波を放出すること」という意味があります。しかし、突然「電磁波」と言われても意味不明に感じるでしょう。

 

そこで、簡単に説明していきます。

 

輻射とは、前述したとおり「物体が電磁波を放出すること」という意味です。

 

ここでの「物体」とは人間のことを指します。では、人間は「電磁波」なんて放出しているのでしょうか?

 

実は、私たちの体からは、絶えず電磁波が放出されているのです。

 

この電磁波の正体は「赤外線」です。

 

赤外線とは、目で見ることのできない電磁波のことです。目に見えないとはいっても、私たちはその存在を感じることができます。人の体に手のひらを近づけるとほんのりと温かいのは、赤外線が出ているためです。

 

このことからも分かるように、私たちは常にほんのりと熱を放出しているのです。これが輻射という熱の放出方法です。

 

輻射によって体から放散される熱は、全放散量の60%にもなります。つまり、人間の体から熱が逃がされていくときには、60%以上が輻射によって放出されているということになります。

 

熱放散3つのパターン

 

A伝導・対流

 

「伝導」も「対流」も、「人間の体に触れているものへと熱が伝わっていく」という点は共通しています。それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

伝導

 

伝導とは、「熱または電気が物体内を移動する現象」という意味があります。

 

つまり伝導とは、熱が体や周辺に移動していくことです。

 

伝導による熱の移動方法はシンプルです。体に接触している物体に、熱が移動していくのです。

 

たとえば、椅子に座っていて立ち上がると、座っていた部分がほんのり温かいことがありますよね。これが、伝導によって熱が移動した証拠です。

 

熱放散3つのパターン

 

対流

 

対流を学術的に説明すると、「気体や液体などに、空気の流れが生じること」という意味があります。この言葉だけを聞くと、人間の熱放散とは全く関係なさそうに感じる人もいるでしょう。

 

しかし、人間の体表面近くの空気の流れを考えるうえで、「対流」は欠かせないものなのです。

 

気体は、「高い温度は上昇し、低い温度は下降する」という性質を持っています。人間の熱放散で考えると、伝導によって温められた体表面近くの空気は上昇していき、冷たい空気が下降してきて体表面に集まってくるという流れになっているのです。

 

つまり、人間の周りの空気は、とどまることなくぐるぐると循環しています。

 

そして、それにより、わたしたちは熱放散をし続けることが出来るという仕組みになっています。

 

熱放散3つのパターン

 

B蒸発

 

蒸発とは、「液体から気化が起きる現象」との意味があります。「気化」とは、液体が気体に変わることです。

 

つまり、蒸発とはわたしたちの体の水分が気体に変わる現象のことを指しています。

 

体の中で、どの部分の水分が気体になるのかというと、「皮膚」や「気道」です。皮膚や気道から出た水分が蒸発するときに、同時に体から熱を奪っていくことで、熱放散が行われているのです。

 

蒸発による熱放散には、「発汗」と「不感蒸泄」の2種類があります。

 

発汗とは、汗をかくことです。汗が蒸発し、気体になるときに発生する気化熱が、体の熱を奪っていきます。

 

不感蒸泄とは、汗以外の水分の蒸発のことです。この「汗以外の水分」が具体的に何を指すかというと、皮膚や呼気からの水分です。不感蒸泄による水分の蒸発は、周辺環境等の条件により大きく変動しますが、常温安静時にはおよそ1時間で50mlとなります。

 

熱放散3つのパターン

 

このように、人間が熱を体外に逃がす仕組みには「輻射熱」「伝導・対流」「蒸発」の3種類があります。

 

私たちはこのようにさまざまな仕組みを使って熱を逃がしながら、体温を一定に保とうとしているのです。

 

 

熱放散3つのパターン 関連ページ

バイタルを制する者は臨床を制する
そもそもバイタルとは何か
体温とは? 体温に影響を及ぼす因子
体温調整の本部は「脳」にある
体温の測定方法と、やってしまいがちなミス
「なぜ」「どのような仕組みで」発熱するのか
発熱はどのような経過をたどるのか
発熱時に見られる、代表的な4つの熱型
発熱時の看護
「うつ熱」の基礎知識
うつ熱時の看護
「低体温」とはどのような状態か
低体温時の看護
「脈拍」とはなにか
脈拍の測定方法と確認すべき5つのポイント
不整脈の考え方
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈@〜
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈A〜
脈拍の異常:脈拍数〜徐脈〜
脈拍の異常:脈拍のリズム
脈拍の異常:脈拍の大きさ
脈拍の異常:脈拍の立ち上がりの速さ
脈拍の異常:脈拍の緊張度
呼吸とは?
呼吸器系の構造と働き:気道系@
呼吸器系の構造と働き:気道系A
呼吸器系の構造と働き:肺胞系
呼吸器系の構造と働き:肺
呼吸器系の構造と働き:縦隔、胸郭
呼吸の3要素
呼吸中枢の場所と化学受容体の関係
呼吸の測定方法と注意点
肺機能検査:換気機能検査
パルスオキシメーターによるSpO2測定
呼吸の異常:呼吸数、呼吸の深さ
呼吸の異常:呼吸の型、左右差
呼吸の異常:リズム
呼吸困難について
血圧とは?
脈圧ってなに?
血圧の測定方法と注意点@
血圧の測定方法と注意点A
観血的動脈圧モニタでの血圧測定
血圧の異常:高血圧
危険な高血圧
白衣高血圧と仮面高血圧
高血圧 資料
血圧の異常:低血圧
起立性低血圧
意識があるってどんな状態?
「意識」を作り出す脳の仕組み
意識を維持する中枢はどこ?
意識障害はなぜ起こる
失神とは
意識の評価 JCS
意識の評価 GCS
子どもの意識の評価
意識状態による眼球運動の変化
眼球運動@瞳孔のアセスメント
眼球運動A眼位のアセスメント
意識状態悪化時の呼吸
意識状態悪化時 その他のバイタル
あいうえおちっぷす(AIUEOTIPS)

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト