呼吸器系の構造と働き:肺胞系

 

 

それでは、二酸化炭素と酸素の交換を行う場である、肺胞系について説明していきます。
終末細気管支より先は、呼吸細気管支になり、その先が肺胞です。

 

肺胞系の仕組み

呼吸細気管支より先は、気道が無数に分かれ始めます。吸気の流れは一気に遅くなるので、細かい塵は終末細気管支付近で沈着し、呼吸細気管支より先には入ってこないような仕組みになっています。また、万が一塵やほこりなどの異物が入ってきてしまったとしても、肺胞で肺胞マクロファージと呼ばれる貪食細胞が食べてくれます。
※呼吸細気管支から肺胞までの道のり
呼吸細気管支(約1〜0.5mm)→肺胞管(約0.4mm)→肺胞道(約0.5mm)→肺胞(約0.1mm)

 

気管支から肺胞までの形状は、よくブドウに例えられます。
気管支はブドウの幹と太い枝、肺胞管は房の枝、肺胞のうは房、肺胞は粒に相当します。
成人の肺の肺胞道の数は約1400万個。1つの肺胞道にはおよそ20個の肺胞がくっついているため、肺胞の数は両肺でおよそ6億個にもなります。
その表面積は、なんとテニスコート2面分にも相当します。

 

肺胞

肺胞では、二酸化炭素と酸素の交換、すなわちガス交換が行われています。
ガス交換の場は、肺胞道、肺胞です。

 

<「肺実質」と「肺間質」>
肺胞は、その内側と外側でそれぞれ「肺実質」と「肺間質」に分けられます。

 

肺実質肺胞の内側部分のこと。ガス交換に実際にかかわっている部分のことで、肺胞上皮細胞(肺胞の内側にある細胞)と肺胞腔(肺胞の中の空間)があります。
肺間質肺胞の外側部分のこと。肺胞と肺胞の隙間を埋める結合組織で満たされています。

 

<肺サーファクタントとは>
肺サーファクタントとは、肺胞がしぼまないように肺胞を守ってくれる物質のことです。肺胞内の肺胞上皮細胞から分泌されており、肺胞上皮細胞の上を薄く覆っています。肺サーファクタントがないと、肺胞はしぼんでしまいます。

 

 

呼吸器系の構造と働き:肺胞系 関連ページ

バイタルを制する者は臨床を制する
そもそもバイタルとは何か
体温とは? 体温に影響を及ぼす因子
体温調整の本部は「脳」にある
体温の測定方法と、やってしまいがちなミス
「なぜ」「どのような仕組みで」発熱するのか
発熱はどのような経過をたどるのか
発熱時に見られる、代表的な4つの熱型
発熱時の看護
「うつ熱」の基礎知識
熱放散3つのパターン
うつ熱時の看護
「低体温」とはどのような状態か
低体温時の看護
「脈拍」とはなにか
脈拍の測定方法と確認すべき5つのポイント
不整脈の考え方
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈@〜
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈A〜
脈拍の異常:脈拍数〜徐脈〜
脈拍の異常:脈拍のリズム
脈拍の異常:脈拍の大きさ
脈拍の異常:脈拍の立ち上がりの速さ
脈拍の異常:脈拍の緊張度
呼吸とは?
呼吸器系の構造と働き:気道系@
呼吸器系の構造と働き:気道系A
呼吸器系の構造と働き:肺
呼吸器系の構造と働き:縦隔、胸郭
呼吸の3要素
呼吸中枢の場所と化学受容体の関係
呼吸の測定方法と注意点
肺機能検査:換気機能検査
パルスオキシメーターによるSpO2測定
呼吸の異常:呼吸数、呼吸の深さ
呼吸の異常:呼吸の型、左右差
呼吸の異常:リズム
呼吸困難について
血圧とは?
脈圧ってなに?
血圧の測定方法と注意点@
血圧の測定方法と注意点A
観血的動脈圧モニタでの血圧測定
血圧の異常:高血圧
危険な高血圧
白衣高血圧と仮面高血圧
高血圧 資料
血圧の異常:低血圧
起立性低血圧
意識があるってどんな状態?
「意識」を作り出す脳の仕組み
意識を維持する中枢はどこ?
意識障害はなぜ起こる
失神とは
意識の評価 JCS
意識の評価 GCS
子どもの意識の評価
意識状態による眼球運動の変化
眼球運動@瞳孔のアセスメント
眼球運動A眼位のアセスメント
意識状態悪化時の呼吸
意識状態悪化時 その他のバイタル
あいうえおちっぷす(AIUEOTIPS)

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト