呼吸器系の構造と働き:肺

 

 

人間が吸った空気が、どのような経路を通って肺胞にまでたどり着くかはわかりましたね。
それでは続いて、気管支や肺胞、そして様々な血管や神経を包み込む、肺についてみていきましょう。

 

肺の構造

肺は、右肺が3葉(上葉、中葉、下葉)、左肺が2葉(上葉、下葉)に分かれています。それぞれの肺葉は、ここからさらに細かく肺区画に分けられています。

 

肺区画(Pulmonary segment):「S」と表記されます。肺区画は、右肺はS1〜S10の10区画、左肺はS1+2〜S10(S7はない)の 8区画あります。
区域気管支(Segment bronchs):「B」と表記されます。肺区画には、それぞれに担当する気管支が決まっており、その気管支のことを区域気管支といいます。右肺には10個、左肺には8個あります。
肺に、気管支や肺動脈・肺静脈が出入りする部分を肺門といいます。

 

肺の血管

肺には、2種類の血管が流れています。呼吸機能に関わる血管と、肺に栄養を届ける血管です。
呼吸機能に関わる血管のことを機能血管栄養を届ける血管のことを栄養血管といいます。

 

機能血管
機能血管には、肺動脈肺静脈があります。ここで「動脈」と「静脈」について簡単に説明します。よく、動脈は酸素を運ぶもので静脈は不要になった二酸化炭素を運ぶもの・・・・と思われることがありますが、これは全くの誤解です。動脈は、「心臓から出ていく血管」のことを指し、静脈は「心臓に戻る血管」を指します。つまり肺動脈とは、「心臓→肺」に向かう血管のことで、肺静脈とは「肺→心臓」に戻る血管です。どちらが酸素をたっぷり含んでいるかといいますと、そう、肺→心臓ルートである肺静脈ですね。
心臓の右心室から出た肺動脈は、気管支の分岐に沿って走行しており、毛細血管となって肺胞を通り抜けたあとは、肺静脈となって心臓の左心室に戻ってゆきます。

 

栄養血管
栄養血管には、気管支動脈気管支静脈があります。栄養血管は、肺自身に栄養を送り届けるべく働いてくれます。気管支動脈は、胸部大動脈から分かれて肺門より肺の中に入ります。気管支の分岐に沿って肺の中を進んだ後は、肺の末梢までたどり着き、そして気管支静脈となります。

 

 

呼吸器系の構造と働き:肺 関連ページ

バイタルを制する者は臨床を制する
そもそもバイタルとは何か
体温とは? 体温に影響を及ぼす因子
体温調整の本部は「脳」にある
体温の測定方法と、やってしまいがちなミス
「なぜ」「どのような仕組みで」発熱するのか
発熱はどのような経過をたどるのか
発熱時に見られる、代表的な4つの熱型
発熱時の看護
「うつ熱」の基礎知識
熱放散3つのパターン
うつ熱時の看護
「低体温」とはどのような状態か
低体温時の看護
「脈拍」とはなにか
脈拍の測定方法と確認すべき5つのポイント
不整脈の考え方
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈@〜
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈A〜
脈拍の異常:脈拍数〜徐脈〜
脈拍の異常:脈拍のリズム
脈拍の異常:脈拍の大きさ
脈拍の異常:脈拍の立ち上がりの速さ
脈拍の異常:脈拍の緊張度
呼吸とは?
呼吸器系の構造と働き:気道系@
呼吸器系の構造と働き:気道系A
呼吸器系の構造と働き:肺胞系
呼吸器系の構造と働き:縦隔、胸郭
呼吸の3要素
呼吸中枢の場所と化学受容体の関係
呼吸の測定方法と注意点
肺機能検査:換気機能検査
パルスオキシメーターによるSpO2測定
呼吸の異常:呼吸数、呼吸の深さ
呼吸の異常:呼吸の型、左右差
呼吸の異常:リズム
呼吸困難について
血圧とは?
脈圧ってなに?
血圧の測定方法と注意点@
血圧の測定方法と注意点A
観血的動脈圧モニタでの血圧測定
血圧の異常:高血圧
危険な高血圧
白衣高血圧と仮面高血圧
高血圧 資料
血圧の異常:低血圧
起立性低血圧
意識があるってどんな状態?
「意識」を作り出す脳の仕組み
意識を維持する中枢はどこ?
意識障害はなぜ起こる
失神とは
意識の評価 JCS
意識の評価 GCS
子どもの意識の評価
意識状態による眼球運動の変化
眼球運動@瞳孔のアセスメント
眼球運動A眼位のアセスメント
意識状態悪化時の呼吸
意識状態悪化時 その他のバイタル
あいうえおちっぷす(AIUEOTIPS)

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト