意識状態悪化時 その他のバイタル

 

 

意識状態が悪化したとき、呼吸状態と眼球運動に特に変化が生じやすいということは、眼球運動の変化意識状態悪化時の呼吸でみてきましたね。

 

このページでは、そのほかのバイタルサインにどのような変化が生じるのか説明していきます。

 

体温の変化

体温を調節している中枢は、間脳(脳幹の一部)の視床下部です。そのため視床下部が障害されると体温に変化が現れます。高熱となってしまうのです。これを「中枢性過高熱」といいます。中枢性過高熱になると体温は40℃近くまで上昇します。これは、末梢血管が収縮して血液が内臓に集まるためです。末梢血管は収縮するので、脈拍は触れにくく、冷たくなります。一方、体幹は熱感があります。
中枢性過高熱は、解熱剤が効きにくいのが特徴です。意識障害を起こしているような重症な患者さんの発熱は、肺炎や尿路感染症などの感染症によるものや、脱水によるものが多いのですが、このように体温調節中枢に障害が起こったことによる発熱もあるので注意しましょう。

 

血圧、脈拍の変化

脳出血、脳腫瘍、脳梗塞などの疾患で意識障害が生じる場合、頭蓋内圧が亢進します。すると、特徴的な脈が出現することがあります。
頭蓋内圧が亢進すると、上昇した頭蓋内圧に負けて脳への血流が減少してしまう恐れがでてきます。それを防ぐために、心臓は一回拍出量を増やすことで、どうにか脳への血流を増やそうとします。すると、収縮期血圧(最高血圧)が高く、拡張期血圧(最低血圧)が低くなり、その差がどんどん大きくなります。つまり、脈圧が大きくなってしまうのです。一方、迷走神経が刺激されて脈拍数は低下します。これを、クッシング現象といいます。

 

ドクンドクンと以上に脈が大きく打っているにも関わらず徐脈だった場合には、クッシング現象を疑いましょう。

 

 

意識状態悪化時 その他のバイタル 関連ページ

バイタルを制する者は臨床を制する
そもそもバイタルとは何か
体温とは? 体温に影響を及ぼす因子
体温調整の本部は「脳」にある
体温の測定方法と、やってしまいがちなミス
「なぜ」「どのような仕組みで」発熱するのか
発熱はどのような経過をたどるのか
発熱時に見られる、代表的な4つの熱型
発熱時の看護
「うつ熱」の基礎知識
熱放散3つのパターン
うつ熱時の看護
「低体温」とはどのような状態か
低体温時の看護
「脈拍」とはなにか
脈拍の測定方法と確認すべき5つのポイント
不整脈の考え方
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈@〜
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈A〜
脈拍の異常:脈拍数〜徐脈〜
脈拍の異常:脈拍のリズム
脈拍の異常:脈拍の大きさ
脈拍の異常:脈拍の立ち上がりの速さ
脈拍の異常:脈拍の緊張度
呼吸とは?
呼吸器系の構造と働き:気道系@
呼吸器系の構造と働き:気道系A
呼吸器系の構造と働き:肺胞系
呼吸器系の構造と働き:肺
呼吸器系の構造と働き:縦隔、胸郭
呼吸の3要素
呼吸中枢の場所と化学受容体の関係
呼吸の測定方法と注意点
肺機能検査:換気機能検査
パルスオキシメーターによるSpO2測定
呼吸の異常:呼吸数、呼吸の深さ
呼吸の異常:呼吸の型、左右差
呼吸の異常:リズム
呼吸困難について
血圧とは?
脈圧ってなに?
血圧の測定方法と注意点@
血圧の測定方法と注意点A
観血的動脈圧モニタでの血圧測定
血圧の異常:高血圧
危険な高血圧
白衣高血圧と仮面高血圧
高血圧 資料
血圧の異常:低血圧
起立性低血圧
意識があるってどんな状態?
「意識」を作り出す脳の仕組み
意識を維持する中枢はどこ?
意識障害はなぜ起こる
失神とは
意識の評価 JCS
意識の評価 GCS
子どもの意識の評価
意識状態による眼球運動の変化
眼球運動@瞳孔のアセスメント
眼球運動A眼位のアセスメント
意識状態悪化時の呼吸
あいうえおちっぷす(AIUEOTIPS)

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト