意識があるってどんな状態?

 

 

バイタルサインの最終項目は、「意識」についてです。
そもそも皆さんは、「意識がある状態」とはどのような状態のことを指すのか説明できるでしょうか。

 

「意識がある」とは

これを読んでいるあなた、意識はありますか?「あるに決まっているじゃないか!」と大多数の方は思われるでしょう。では、「あるに決まっている」と思った理由は何ですか?

 

意識がある状態というのは、覚醒状態(しっかり目覚めている状態)が維持されており、覚醒と睡眠が正しく繰り返されている状態のことです。
意識がある状態では、人は物事や周りの状況を正確に把握することができます。また、覚醒状態がずっと維持できているならば、睡眠状態にあっても眠り続けるということはなく、何かの刺激で目覚めることができます。

 

私たちの脳は、外からの刺激を受け取り、処理し、対処するという、非常に高度なことをしています。この高度な情報処理は、ぼけーっとしていてはできません。しっかりと目覚めている状態、つまり意識がある状態でなくてはできないのです。

 

また、脳は高度な情報処理をしているので、ずっと働きづめでは疲れてしまいます。脳にも休憩の時間が必要です。この休憩の時間が、睡眠時間になります。

 

次のページから、まずは「意識」を作り出す脳の仕組みについてみていきましょう。

 

 

意識があるってどんな状態? 関連ページ

バイタルを制する者は臨床を制する
そもそもバイタルとは何か
体温とは? 体温に影響を及ぼす因子
体温調整の本部は「脳」にある
体温の測定方法と、やってしまいがちなミス
「なぜ」「どのような仕組みで」発熱するのか
発熱はどのような経過をたどるのか
発熱時に見られる、代表的な4つの熱型
発熱時の看護
「うつ熱」の基礎知識
熱放散3つのパターン
うつ熱時の看護
「低体温」とはどのような状態か
低体温時の看護
「脈拍」とはなにか
脈拍の測定方法と確認すべき5つのポイント
不整脈の考え方
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈@〜
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈A〜
脈拍の異常:脈拍数〜徐脈〜
脈拍の異常:脈拍のリズム
脈拍の異常:脈拍の大きさ
脈拍の異常:脈拍の立ち上がりの速さ
脈拍の異常:脈拍の緊張度
呼吸とは?
呼吸器系の構造と働き:気道系@
呼吸器系の構造と働き:気道系A
呼吸器系の構造と働き:肺胞系
呼吸器系の構造と働き:肺
呼吸器系の構造と働き:縦隔、胸郭
呼吸の3要素
呼吸中枢の場所と化学受容体の関係
呼吸の測定方法と注意点
肺機能検査:換気機能検査
パルスオキシメーターによるSpO2測定
呼吸の異常:呼吸数、呼吸の深さ
呼吸の異常:呼吸の型、左右差
呼吸の異常:リズム
呼吸困難について
血圧とは?
脈圧ってなに?
血圧の測定方法と注意点@
血圧の測定方法と注意点A
観血的動脈圧モニタでの血圧測定
血圧の異常:高血圧
危険な高血圧
白衣高血圧と仮面高血圧
高血圧 資料
血圧の異常:低血圧
起立性低血圧
「意識」を作り出す脳の仕組み
意識を維持する中枢はどこ?
意識障害はなぜ起こる
失神とは
意識の評価 JCS
意識の評価 GCS
子どもの意識の評価
意識状態による眼球運動の変化
眼球運動@瞳孔のアセスメント
眼球運動A眼位のアセスメント
意識状態悪化時の呼吸
意識状態悪化時 その他のバイタル
あいうえおちっぷす(AIUEOTIPS)

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト