血圧の測定方法と注意点A

 

 

血圧測定の手順

血圧測定には、「血圧計」が欠かせません。血圧計の正しい使い方を、まずはご説明しますね。

 

@マンシェットの選択
マンシェットは様々な大きさのものがあるので、患者さんに合わせてベストなサイズを選択します。上腕の2/3の大きさのものがよいとされていますが、患者さんがやせ過ぎていたり逆に太っている場合にはマジックテープがうまくとまらなくなることがあるので、そのような場合にはサイズを変更します。

 

Aマンシェットを巻く
患者さんの測定部位(後述しますが、ここでは上腕として説明していきます)にマンシェットを巻いていきます。マンシェットは肘から1〜2cm上のところに巻きます。巻き具合は、だいたい指が1本入るくらいです。このとき緩すぎたりきつすぎたりすると血圧値が大きく変わってくるので注意が必要です。

 

B上腕動脈に聴診器を当てる(聴診法の場合)
肘の内側に上腕動脈を確認し、その上に聴診器を軽く当てます。触診法の場合には、橈骨動脈に軽く手を添えます。

 

B加圧
患者さんに普段の血圧を聞き(小児等話せない患者さんに対しては、その月齢の正常値)、その値から20〜30mmHg高い値まで加圧します。加圧しすぎると痛みを生じさせることがあるので、気を付けましょう。

 

C減圧
減圧の速度は、1心拍当たり2mmHgくらいがよいとされています。空気調節ねじをゆっくりと緩めながら、丁寧に減圧していきましょう。最初に「トン」という音が聞こえた時点が収縮期血圧(最高血圧)です。そして、音が聞こえなくなった時点が拡張期血圧(最低血圧)となります。

 

血圧測定部位

血圧測定は基本的には上腕で行われます。その理由は、心臓に一番近い測定部位であるため、体位による誤差が出にくいからです。
しかし、血液透析をするためにシャントがある患者さんや、上腕に外傷のある患者さんなどでは上腕で測定することができない場合があります。その場合には、大腿で測定する場合もあります。

 

血圧測定の注意点

Nsかなむんが思うに、血圧測定がうまくいくか否かはマンシェットで決まると思います。変な値がでてしまった時には、たいていマンシェットがゆるゆるだったりサイズが合っていなかったり。また、同じ患者さんには同じマンシェット幅の血圧計で測定しないと、測定する人によって値が微妙に違う・・・なんてことも起こりうるので注意が必要です。

 

以下に、おかしなマンシェットを選択するとどのように血圧の測定値に変化が出るのかまとめました。(スマートフォンの方は、画面を横にしてご覧ください))

誤差要因 血圧測定値の変化
マンシェットが大きすぎる 上がる ↑
マンシェットが小さすぎる 下がる ↓
マンシェットが緩い 上がる ↑
マンシェットがきつい 収縮期は変化なし。拡張期は下がる ↓
測定部位が心臓より高い 下がる ↓
測定部位が心臓より低い 上がる ↑
減圧速度が速すぎる 収縮期は下がる ↓  拡張期は上がる ↑

 

 

血圧の測定方法と注意点A 関連ページ

バイタルを制する者は臨床を制する
そもそもバイタルとは何か
体温とは? 体温に影響を及ぼす因子
体温調整の本部は「脳」にある
体温の測定方法と、やってしまいがちなミス
「なぜ」「どのような仕組みで」発熱するのか
発熱はどのような経過をたどるのか
発熱時に見られる、代表的な4つの熱型
発熱時の看護
「うつ熱」の基礎知識
熱放散3つのパターン
うつ熱時の看護
「低体温」とはどのような状態か
低体温時の看護
「脈拍」とはなにか
脈拍の測定方法と確認すべき5つのポイント
不整脈の考え方
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈@〜
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈A〜
脈拍の異常:脈拍数〜徐脈〜
脈拍の異常:脈拍のリズム
脈拍の異常:脈拍の大きさ
脈拍の異常:脈拍の立ち上がりの速さ
脈拍の異常:脈拍の緊張度
呼吸とは?
呼吸器系の構造と働き:気道系@
呼吸器系の構造と働き:気道系A
呼吸器系の構造と働き:肺胞系
呼吸器系の構造と働き:肺
呼吸器系の構造と働き:縦隔、胸郭
呼吸の3要素
呼吸中枢の場所と化学受容体の関係
呼吸の測定方法と注意点
肺機能検査:換気機能検査
パルスオキシメーターによるSpO2測定
呼吸の異常:呼吸数、呼吸の深さ
呼吸の異常:呼吸の型、左右差
呼吸の異常:リズム
呼吸困難について
血圧とは?
脈圧ってなに?
血圧の測定方法と注意点@
観血的動脈圧モニタでの血圧測定
血圧の異常:高血圧
危険な高血圧
白衣高血圧と仮面高血圧
高血圧 資料
血圧の異常:低血圧
起立性低血圧
意識があるってどんな状態?
「意識」を作り出す脳の仕組み
意識を維持する中枢はどこ?
意識障害はなぜ起こる
失神とは
意識の評価 JCS
意識の評価 GCS
子どもの意識の評価
意識状態による眼球運動の変化
眼球運動@瞳孔のアセスメント
眼球運動A眼位のアセスメント
意識状態悪化時の呼吸
意識状態悪化時 その他のバイタル
あいうえおちっぷす(AIUEOTIPS)

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト