このサイトについて

 

こんにちは。管理人のNsかなむんです。

 

数あるサイトの中から当サイトを訪問してくださり、本当にありがとうございます。このページでは、Nsかなむんがなぜこのサイト開設に至ったかについてみなさまにお話ししていきますね。

 

Nsかなむんの地獄のような新人時代

期待に胸を膨らませ、某総合病院小児科のドアをくぐった新人Nsかなむん。
しかしそこで待っていたのは、想像を絶するような過酷な新人生活でした。

 

初めての社会人経験。まずはシフトをこなすことに必死です。日勤のときは、7時に出勤して家に着くのは21時、22時。その上夜勤もあり、もう寝て起きて仕事に行くことだけで大半のエネルギーを使い果たすような状態でした。
また、初めての同期、初めての先輩・・・慣れない人間関係の中で、休憩室にいるときでさえ緊張でがちがちでした。

 

それよりもなによりも大変だったこと・・・それは、「学校で習った知識が臨床で全く生かせない」ことでした。
正直、看護学校で習う内容は、あまりに基礎的すぎて全く臨床では使えません。臨床で求められる知識というのは、その領域ごとにかなり専門性が高いのです。今まで基礎の基礎しか知らなかった新人ナースたちは、臨床に出て一気に医学書レベルの知識を求められるのです。そのため、Nsかなむんはどうにか知識を補おうと、家に帰っても休みの日も勉強勉強、休日出勤しては勉強会に参加・・・と、とにかく勉強に励みました。
・・・が、しかし。独学で勉強するのって、とーっても大変です。まず、資料をどうさがせばいいいのかわからない。適切な参考書の選び方もわからない。たくさん覚えなくてはいけないのに、本選びだけで1日が終わってしまうこともしばしばです。

 

この悩みは、Nsかなむんだけではありません。その後新人教育や学生実習担当をするようになって気が付いたのですが、「学校で習った知識が臨床で全く生かせないこと」は、新人ナース誰しもが体験していたことでした。

 

そこで、Nsかなむんは、検索しただけですぐに、臨床看護に必要な知識のすべてが乗っているようなWebサイトがあればな、と考えました。

 

それで誕生したのがこのサイトです。

 

まだまだ設立して日の浅いサイトですが、どんどん情報をアップしていきます。新人ナースの皆さんが、患者さんの笑顔のために一日も早く現場に慣れることができるよう、Nsかなむんは全力で応援しています。

 

このサイトで臨床看護に必要な知識すべてを吸収し、自信をもって、生き生きと輝くナースになってください。

 

みなさんを応援しています!!

 

リンクについて

当サイトは、全ページリンクフリーです。リンクするにあたり、特に連絡は必要ありません。

 

Nsかなむんからのお願い

掲載している図や表に関しましては、勉強会の資料等で存分に使っていただいてかまいません。

 

但し、写真に関しましては一切の転用を禁止させていただきますのでご了承ください。



HOME このサイトについて お問い合わせ