子どもの意識の評価

 

 

今まで見てきたJCS、GCSを用いれば、意識レベルの評価を行うことができます。…が、実は例外があります。
それは、子どもの意識状態を評価する場合です。

 

評価項目に「見当識障害がある」なんて書いてあっても、そもそも自分が何者だか十分わかっていない赤ちゃんに対しては、見当識障害の有無なんて調べようがありません。そこで、子ども用のJCS、GCSというものが開発されました。以下に載せておきますので、参考になさってください。

 

小児(乳幼児)のJCS

T.刺激しないでも覚醒している状態

 

T-1.あやすと笑う。ただし不十分で、声を出して笑わない
T-2.あやしても笑わないが、視線は合う
T-3.母親と視線が合わない

 

U.刺激すると覚醒するが刺激をやめると眠り込む状態

 

U-10.飲み物を見せると飲もうとする。あるいは乳首を見せればほしがって吸う
U-20.呼びかけると開眼して目を向ける
U-30.呼びかけを繰り返すと、かろうじて開眼する

 

V.刺激をしても覚醒しない状態

 

V-100.痛み刺激に対し、払いのけるような動作をする
V-200.痛み刺激で少し手足を動かしたり、顔をしかめる
V-300.痛み刺激に全く反応しない

 

小児(乳幼児)のGCS

E.開眼(eye opening)

 

4点:自発的に
3点:音声により
2点:疼痛により
1点:開眼せず

 

V.言語(best verval response)

 

5点:機嫌よく喃語をしゃべる
4点:不機嫌
3点:痛み刺激で泣く
2点:痛み刺激でうめき声
1点:声を出さない

 

M.運動(best motor response)

 

6点:正常な自発運動
5点:触れると逃避反応
4点:四肢屈曲反応:逃避
3点:四肢屈曲反応:異常
2点:四肢進展反応
1点:全く動かず

 

 

子どもの意識の評価 関連ページ

バイタルを制する者は臨床を制する
そもそもバイタルとは何か
体温とは? 体温に影響を及ぼす因子
体温調整の本部は「脳」にある
体温の測定方法と、やってしまいがちなミス
「なぜ」「どのような仕組みで」発熱するのか
発熱はどのような経過をたどるのか
発熱時に見られる、代表的な4つの熱型
発熱時の看護
「うつ熱」の基礎知識
熱放散3つのパターン
うつ熱時の看護
「低体温」とはどのような状態か
低体温時の看護
「脈拍」とはなにか
脈拍の測定方法と確認すべき5つのポイント
不整脈の考え方
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈@〜
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈A〜
脈拍の異常:脈拍数〜徐脈〜
脈拍の異常:脈拍のリズム
脈拍の異常:脈拍の大きさ
脈拍の異常:脈拍の立ち上がりの速さ
脈拍の異常:脈拍の緊張度
呼吸とは?
呼吸器系の構造と働き:気道系@
呼吸器系の構造と働き:気道系A
呼吸器系の構造と働き:肺胞系
呼吸器系の構造と働き:肺
呼吸器系の構造と働き:縦隔、胸郭
呼吸の3要素
呼吸中枢の場所と化学受容体の関係
呼吸の測定方法と注意点
肺機能検査:換気機能検査
パルスオキシメーターによるSpO2測定
呼吸の異常:呼吸数、呼吸の深さ
呼吸の異常:呼吸の型、左右差
呼吸の異常:リズム
呼吸困難について
血圧とは?
脈圧ってなに?
血圧の測定方法と注意点@
血圧の測定方法と注意点A
観血的動脈圧モニタでの血圧測定
血圧の異常:高血圧
危険な高血圧
白衣高血圧と仮面高血圧
高血圧 資料
血圧の異常:低血圧
起立性低血圧
意識があるってどんな状態?
「意識」を作り出す脳の仕組み
意識を維持する中枢はどこ?
意識障害はなぜ起こる
失神とは
意識の評価 JCS
意識の評価 GCS
意識状態による眼球運動の変化
眼球運動@瞳孔のアセスメント
眼球運動A眼位のアセスメント
意識状態悪化時の呼吸
意識状態悪化時 その他のバイタル
あいうえおちっぷす(AIUEOTIPS)

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト