発熱はどのような経過をたどるのか

 

 

体温の異常の一つに、「高体温」があります。これは、簡単に言うと「体温が高くなってしまった状態」のことです。

 

「高体温」は、原因別に2種類に分けて考えることが出来ます。それが、「発熱」と「うつ熱」です。

 

今回は、「発熱が起こった時、どのような経過を辿るのか」について確認していきます。

 

発熱している患者さんのケアをする上で、患者さんが発熱の「どの段階にいるのか」を把握することは非常に重要になるので、しっかり頭に入れておきましょう。

 

発熱の経過は、大きく3つの時期に分けて考えることができます。

 

@上昇期

 

上昇期の説明をする前に、「熱が上がる仕組み」について簡単に復習します。

 

体温を調節する本部は、視床下部にあります。視床下部では、体温を適温に保つためのさまざまな働きがなされています。

 

その働きの一つに、体温を一定に保つための「セットポイント」の設定があります。

 

「セットポイント」とは、体の「適温」のことです。平熱が人によって違うように、セットポイントも人それぞれで異なります。

 

もしもあなたのセットポイントが「36.5℃」だった場合、あなたの体は、体温を「36.5℃」に保とうとします。外がどんなに暑くても寒くても、36.5℃に保とうとするのです。

 

基本的に、セットポイントは一定です。しかし、このセットポイントの値が変更されるときがあるのです。それが、「感染症に罹患したとき」「アレルギー物質を排除しようとするとき」「悪性腫瘍と戦おうととするとき」などです。

 

上昇期とはその名の通り、感染症などの何らかの原因により、体温がぐいぐいと上昇していく時期のことです。

 

「発熱の上昇期」では、何らかの原因を排除すべく、セットポイントが38〜39℃に設定されます。なお、設定される値はその時によって異なります。

 

視床下部で「セットポイントが変更されたから、すぐに新しいセットポイントに到達せよ」という指令が出された結果、新しく設定されたセットポイントに到達しようと、体が活動を開始するのです。

 

体が「熱を上げよう」と思ったとき、やることは2つです。それは、「熱が逃げていくのを防ぐこと」と「熱をどんどん作り出すこと」です。

 

「熱が逃げていくのを防ぐこと」は、難しい言葉で「熱放散の抑制」と言います。
 
「熱をどんどん作り出すこと」は、「熱産生を促す」と言います。

 

 

「熱放散を抑制」するために、体は「皮膚の血管の収縮」「鳥肌」などを引き起こします。

 

「熱産生を促す」ためには、「体の震え」などを引き起こします。私たちが発熱時に悪寒が起きるのは、この熱産生を促すための働きなのです。

 

これらの働きに随伴する症状として、頭痛、倦怠感、関節痛などの症状も伴うことがあります。

 

ちなみに「上昇期」においては、「熱の放散」よりも「熱の産生」のほうが多いです。なるべく熱を逃がさず、熱を作り出そうとする反応が、「上昇期」の反応なのです。

 

発熱はどのような経過をたどるのか

 

A極期

 

極期とは、体温が新しく設定されたセットポイントに達した時期のことです。

 

セットポイントに到達することができたため、体は必要以上に熱を作り出す必要がなくなります。「熱の産生」と「熱の放散」が同じくらいになるため、体内の熱バランスがようやく均衡になるのです。

 

この時期は、必要以上に熱を作り出さなくてよくなるため、鳥肌、体の震え等の症状は消失します。その代わりに、顔面の紅潮がみられたり、倦怠感、食欲不振を感じます。

 

発熱はどのような経過をたどるのか

 

B解熱期

 

発熱を引き起こした原因が取り除かれると、体温調整中枢である視床下部は、セットポイントを平熱に戻します。

 

それにより、体はどうにか熱を放散させて平熱に戻ろうとします。この時点で、「熱の産生」よりも「熱の放散」の方が多くなります。

 

解熱期には熱の放散が急激に促進されるため、大量の発汗がみられます。

 

発熱はどのような経過をたどるのか

 

このように、発熱は「上昇期」「極期」「解熱期」という3つの経過をたどります。

 

臨床で患者さんと接する際、熱だけでなく随伴症状も観察した上で、「今この患者さんはどの経過にいるのか」を意識するようにしましょう。

 

それだけで、患者さんに提供する看護の質が何倍も変わってきます。

 

 

発熱はどのような経過をたどるのか 関連ページ

バイタルを制する者は臨床を制する
そもそもバイタルとは何か
体温とは? 体温に影響を及ぼす因子
体温調整の本部は「脳」にある
体温の測定方法と、やってしまいがちなミス
「なぜ」「どのような仕組みで」発熱するのか
発熱時に見られる、代表的な4つの熱型
発熱時の看護
「うつ熱」の基礎知識
熱放散3つのパターン
うつ熱時の看護
「低体温」とはどのような状態か
低体温時の看護
「脈拍」とはなにか
脈拍の測定方法と確認すべき5つのポイント
不整脈の考え方
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈@〜
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈A〜
脈拍の異常:脈拍数〜徐脈〜
脈拍の異常:脈拍のリズム
脈拍の異常:脈拍の大きさ
脈拍の異常:脈拍の立ち上がりの速さ
脈拍の異常:脈拍の緊張度
呼吸とは?
呼吸器系の構造と働き:気道系@
呼吸器系の構造と働き:気道系A
呼吸器系の構造と働き:肺胞系
呼吸器系の構造と働き:肺
呼吸器系の構造と働き:縦隔、胸郭
呼吸の3要素
呼吸中枢の場所と化学受容体の関係
呼吸の測定方法と注意点
肺機能検査:換気機能検査
パルスオキシメーターによるSpO2測定
呼吸の異常:呼吸数、呼吸の深さ
呼吸の異常:呼吸の型、左右差
呼吸の異常:リズム
呼吸困難について
血圧とは?
脈圧ってなに?
血圧の測定方法と注意点@
血圧の測定方法と注意点A
観血的動脈圧モニタでの血圧測定
血圧の異常:高血圧
危険な高血圧
白衣高血圧と仮面高血圧
高血圧 資料
血圧の異常:低血圧
起立性低血圧
意識があるってどんな状態?
「意識」を作り出す脳の仕組み
意識を維持する中枢はどこ?
意識障害はなぜ起こる
失神とは
意識の評価 JCS
意識の評価 GCS
子どもの意識の評価
意識状態による眼球運動の変化
眼球運動@瞳孔のアセスメント
眼球運動A眼位のアセスメント
意識状態悪化時の呼吸
意識状態悪化時 その他のバイタル
あいうえおちっぷす(AIUEOTIPS)

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト