「脈拍」とはなにか

 

 

臨床で「バイタルサインの測定」と言われたときに、見るべき項目は5つあります。それは、「体温、脈拍、血圧、呼吸、意識レベル」です。

 

今回は、バイタルサインの中でも「脈拍」に焦点を当ててお話していきたいと思います。

 

脈拍の定義

 

まずは、「そもそも脈拍とは何か」について、その定義から確認していきます。

 

脈拍とは、体表から触れることのできる動脈のことです。

 

自分の手首や首に触れてみてください。「ドキ、ドキ、ドキ……」と鼓動していることが分かると思います。これが、脈拍です。

 

心臓と脈拍の関係

 

それでは、脈拍とは一体何者なのでしょうか。それについて考えるには、心臓の働きを知ることが欠かせません。

 

ご存じの通り、心臓は血液を全身へ送り届ける役割をもっています。簡単に言うと、心臓は「電動ポンプ機能」をもっているとも言えます。

 

ちなみにここでなぜ「電動」という言葉がつくかというと、心臓は自らを動かすための電気的刺激を一定のリズムで発しているからです。心臓は、自らに刺激を与え、その刺激により収縮と拡張を繰り返しながら、全身に血液を送っているのです。

 

全身に血液を送り届ける電動ポンプである心臓は、4つの構造から成り立っています。

 

まず、心臓には4つのお部屋と4つのドアがあります。このとき、お部屋は2階建てになっており、上のお部屋を「心房(しんぼう)」、下のお部屋を「心室(しんしつ)」といいます。さらに、各お部屋に付いているドアは「弁(べん)」と呼ばれます。

 

「脈拍」とはなにか

 

そして、それぞれのお部屋は、動脈、静脈と呼ばれる道でつながっています。

 

道は全部で4つあります。それは、「肺動脈(はいどうみゃく)」という肺に血液を届ける道、「肺静脈(はいじょうみゃく)」という肺から帰ってくる道、「大動脈(だいどうみゃく)」という全身に血液を届ける道、「上・下大静脈(じょう・かだいじょうみゃく)」という全身から帰ってくる道です。

 

「脈拍」とはなにか

 

つまり、心臓から送り出された血液は、血管を通って体をぐるりと一回りしているのです。

 

ここまで見てきて何となくイメージが沸いた方もいるかもしれませんが、脈拍の正体は、心臓から送り出された血液が勢いよく道を通っているときの拍動なのです。

 

脈拍が触れるためには、血液が心臓から大動脈に流れ出て、その拍動が末梢動脈に伝えられるという、2つのステップが必要です。

 

心拍数と脈拍数は基本的には一緒である

 

脈拍の正体が分かったところで、次は心拍数と脈拍数の関係についてみていきましょう。

 

心拍数とは、1分間の心臓の拍動回数のことです。心音を聴診することなどによって把握できます。

 

一方、脈拍数は、1分間の動脈の拍動回数です。

 

正常の場合は、心拍数と脈拍数は一緒になるはずです。しかし、現実的には心拍数と脈拍数が一緒にならない場合もあります。

 

たとえば、期外収縮の場合です。

 

期外収縮では「脈が飛ぶ」と表現されるように、脈の欠損が起こり、心拍数よりも脈拍数のほうが少なくなります。これを脈拍欠損(みゃくはくけっそん)といいます。

 

脈拍欠損は、心拍はあるものの心拍出量が不十分なために、末梢動脈まで脈が伝わらないために起こります。

 

ここまで読んできて、脈拍やその正体について理解できましたでしょうか。

 

あなたが臨床で測定している脈拍は、それだけで心臓の状態を知る手がかりとなる非常に重要なものであるということを覚えておいてください。

 

 

「脈拍」とはなにか 関連ページ

バイタルを制する者は臨床を制する
そもそもバイタルとは何か
体温とは? 体温に影響を及ぼす因子
体温調整の本部は「脳」にある
体温の測定方法と、やってしまいがちなミス
「なぜ」「どのような仕組みで」発熱するのか
発熱はどのような経過をたどるのか
発熱時に見られる、代表的な4つの熱型
発熱時の看護
「うつ熱」の基礎知識
熱放散3つのパターン
うつ熱時の看護
「低体温」とはどのような状態か
低体温時の看護
脈拍の測定方法と確認すべき5つのポイント
不整脈の考え方
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈@〜
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈A〜
脈拍の異常:脈拍数〜徐脈〜
脈拍の異常:脈拍のリズム
脈拍の異常:脈拍の大きさ
脈拍の異常:脈拍の立ち上がりの速さ
脈拍の異常:脈拍の緊張度
呼吸とは?
呼吸器系の構造と働き:気道系@
呼吸器系の構造と働き:気道系A
呼吸器系の構造と働き:肺胞系
呼吸器系の構造と働き:肺
呼吸器系の構造と働き:縦隔、胸郭
呼吸の3要素
呼吸中枢の場所と化学受容体の関係
呼吸の測定方法と注意点
肺機能検査:換気機能検査
パルスオキシメーターによるSpO2測定
呼吸の異常:呼吸数、呼吸の深さ
呼吸の異常:呼吸の型、左右差
呼吸の異常:リズム
呼吸困難について
血圧とは?
脈圧ってなに?
血圧の測定方法と注意点@
血圧の測定方法と注意点A
観血的動脈圧モニタでの血圧測定
血圧の異常:高血圧
危険な高血圧
白衣高血圧と仮面高血圧
高血圧 資料
血圧の異常:低血圧
起立性低血圧
意識があるってどんな状態?
「意識」を作り出す脳の仕組み
意識を維持する中枢はどこ?
意識障害はなぜ起こる
失神とは
意識の評価 JCS
意識の評価 GCS
子どもの意識の評価
意識状態による眼球運動の変化
眼球運動@瞳孔のアセスメント
眼球運動A眼位のアセスメント
意識状態悪化時の呼吸
意識状態悪化時 その他のバイタル
あいうえおちっぷす(AIUEOTIPS)

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト