意識状態による眼球運動の変化

 

 

意識状態を客観的に評価するスケールで、臨床で広く用いられているものには、JCSとGCSがありましたね。詳細は意識の評価 JCS意識の評価 GCSでご確認ください。

 

JCSとGCSを用いれば、患者さんの意識状態を客観的に把握することが可能です。しかし、その患者さんの状態をより正確に把握するためには他の所見も観察していく必要があります。
意識障害の患者さんは自分で自覚症状を訴えることのできない場合がほとんどなので、医療者が丁寧なアセスメントを行うことで患者さんの声を代弁する必要があります。

 

ここで役に立つ所見が、呼吸状態眼球運動の2点です。呼吸状態と眼球運動のアセスメントを行うと、その患者さんの状態を一歩踏み込んで把握することができます。

 

呼吸状態のアセスメントについては、意識状態悪化時の呼吸で解説しているのでご確認ください。呼吸をコントロールする中枢は延髄と橋であり、体内のCO2濃度の変化やpHの変化を察知して呼吸を調整してくれています。そのため、意識状態の原因によっては特徴的な呼吸パターンになることがあるのです。

 

ここでは、眼球運動について説明していきます。

 

なぜ眼球運動をみるのか

眼球運動のアセスメントについて触れる前に、なぜ眼球運動が意識の評価に関係しているのかお話します。

 

私たちが無意識に動かしている(意識的に動かすこともできる)眼球。その眼球運動の中枢は、大脳皮質にあります。大脳皮質からでた命令が脳幹に伝わり、神経、筋肉へと伝わっていくことで眼球を動かすことができるのです。ということはつまり、脳に何らかの異常が見られた場合には、眼球運動に変化が現れるということになります。

 

眼球運動の見るべきポイントには、大きく分けて瞳孔眼位があります。

 

それでは次のページから、順にみていきましょう。

 

 

意識状態による眼球運動の変化 関連ページ

バイタルを制する者は臨床を制する
そもそもバイタルとは何か
体温とは? 体温に影響を及ぼす因子
体温調整の本部は「脳」にある
体温の測定方法と、やってしまいがちなミス
「なぜ」「どのような仕組みで」発熱するのか
発熱はどのような経過をたどるのか
発熱時に見られる、代表的な4つの熱型
発熱時の看護
「うつ熱」の基礎知識
熱放散3つのパターン
うつ熱時の看護
「低体温」とはどのような状態か
低体温時の看護
「脈拍」とはなにか
脈拍の測定方法と確認すべき5つのポイント
不整脈の考え方
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈@〜
脈拍の異常:脈拍数〜頻脈A〜
脈拍の異常:脈拍数〜徐脈〜
脈拍の異常:脈拍のリズム
脈拍の異常:脈拍の大きさ
脈拍の異常:脈拍の立ち上がりの速さ
脈拍の異常:脈拍の緊張度
呼吸とは?
呼吸器系の構造と働き:気道系@
呼吸器系の構造と働き:気道系A
呼吸器系の構造と働き:肺胞系
呼吸器系の構造と働き:肺
呼吸器系の構造と働き:縦隔、胸郭
呼吸の3要素
呼吸中枢の場所と化学受容体の関係
呼吸の測定方法と注意点
肺機能検査:換気機能検査
パルスオキシメーターによるSpO2測定
呼吸の異常:呼吸数、呼吸の深さ
呼吸の異常:呼吸の型、左右差
呼吸の異常:リズム
呼吸困難について
血圧とは?
脈圧ってなに?
血圧の測定方法と注意点@
血圧の測定方法と注意点A
観血的動脈圧モニタでの血圧測定
血圧の異常:高血圧
危険な高血圧
白衣高血圧と仮面高血圧
高血圧 資料
血圧の異常:低血圧
起立性低血圧
意識があるってどんな状態?
「意識」を作り出す脳の仕組み
意識を維持する中枢はどこ?
意識障害はなぜ起こる
失神とは
意識の評価 JCS
意識の評価 GCS
子どもの意識の評価
眼球運動@瞳孔のアセスメント
眼球運動A眼位のアセスメント
意識状態悪化時の呼吸
意識状態悪化時 その他のバイタル
あいうえおちっぷす(AIUEOTIPS)

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト