NPPVを行うにあたって 患者さんへの説明

 

 

気管チューブを用いて行われる通常の人工呼吸に対し、NPPVは、マスクを当てて行われる人工呼吸です。そのため、NPPVを効果的に行うためには患者さんの協力が不可欠です。

 

NPPVは、通常の人工呼吸と比べると非侵襲的であり、鎮静も最小限で済んだり、挿管する必要がないなどメリットがたくさんあります。しかし、マスクの圧迫感や違和感は決して小さいものではありません。みなさんも、ぜひ一度NPPVのマスクを口に当ててみてください。予想以上の風圧に驚くはずです。

 

患者さん自身がしっかりNPPVのことを理解できるよう、Nsはサポートする必要があります。

 

患者さんに説明を行うときには、以下のようなポイントを意識しながら行いましょう。(基本的にはDrから説明が行われますが、患者さんやご家族は一度では理解しきれないことが多々あります。その場合、Nsがのちのち質問を受けることも多いです)

 

・呼吸状態を改善するために、一時的にNPPVを用いること
・NPPVを行っている間は、マスクから風(圧)が送られてくること
・NPPVを行っている時には、なるべくリラックスして風(圧)に逆らわないようにするほうが苦しくないこと
・いったん慣れてしまえば、NPPVに乗っているほうが楽に感じること

 

特に閉所恐怖症の患者さんは、マスクの閉塞感が苦手である場合が多いです。その場合には、まずはマスクを口に当てるところから練習してもらう場合もあります。

 

また、NPPVでうまくいかなかった場合の方針も患者さん、家族とすり合わせておく必要があります。
基本的にはNPPVでうまくいかなかった場合は挿管になるのですが、場合によっては(ターミナルの患者さんで本人、家族が希望した場合など)挿管しないという選択もありうるからです。

 

 

NPPVを行うにあたって 患者さんへの説明 関連ページ

人工呼吸器って難しいの?
人工呼吸器の仕組み
人工呼吸器の基本設定@ 空気をどのくらいの「時間」で送るか
人工呼吸器の基本設定A 空気をどのくらいの「量」送るか:VC
人工呼吸器の基本設定B 空気をどのくらいの「圧」で送るか:PC
人工呼吸器の基本設定C 空気をどのくらいの「速度」で送るか
人工呼吸器の基本設定D どのくらいの「濃度」の空気を送るか
人工呼吸器の基本設定E 患者さんの肺を守る工夫〜PEEP〜
人工呼吸器3つのモード:CMV、SIMV、CSV
人工呼吸器CMV : A/C 「アシストコントロール」
CSV  〜PSV〜
CSV 〜CPAP〜
SIMV
吸気を成りたたせるもの@トリガー
吸気を成りたたせるものAリミット
吸気を成り立たせるものBサイクル
最高気道内圧について
人工呼吸管理の適応基準
人工呼吸器の「加温・加湿」について
ウィーニングについて
なぜ人工呼吸器使用中に鎮痛・鎮静が必要か
鎮痛・鎮静中の原則
代表的な鎮静薬
代表的な鎮痛薬
鎮静薬、鎮痛薬の使用法まとめ
非侵襲的陽圧換気(NPPV)とは
NPPVの適応
NPPVのメリット、デメリット
NPPV2つのモードと呼吸器の設定
NPPV使用中の患者さんへの看護
人工呼吸器使用中の患者さんの急変!まずは落ち着こう
DOPEの「D」 Displacement
DOPEの「O」 Obstructive
DOPEの「P」 Pneumothorax
DOPEの「E」 Equipment failure
人工呼吸器のアラームについて
無呼吸アラーム
気道内圧低下アラーム
気道内圧上昇アラーム
換気量上限アラーム
換気量低下アラーム
換気回数増加(呼吸数増加)アラーム
ガス供給アラーム
電源異常アラーム
その他のアラーム
ファイティングとバッキング
自己抜管・事故抜管
用語集

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト