DOPREの「O」 Obstructive

 

 

人工呼吸器使用中の患者さんが急変してしまったら、まずはバック換気切り替えるのでしたね。
そして次に行うことは原因検索です。

 

この原因検索、「DOPE」というキーワードをもとに行っていくとスムーズにできます。このページではDOPEの「O」、「Obstructive」について説明していきます。

 

Obstructive

DOPEの「O」は、「Obstructive」です。obstructiveは、日本語に訳すと「閉塞」となります。何が閉塞なのか・・・といいますと、もうお分かりですね?「チューブの閉塞」です。

 

DOPEの「O」では、チューブの閉塞を疑っていきます。

 

気道分泌物

もっとも頻繁にみられるのが、気道分泌物によるもの、いわゆる「痰詰まり」です。
痰詰まりによるチューブの閉塞がみられたら、やるべきことは一つしかありません。そう、吸引して痰を取り除くことです。なかなか取れない場合には、体位ドレナージを行ったりタッピングや加湿等を行うなどして、スムーズに分泌物を除去することができるよう努めましょう。

 

場合によっては、分泌物が固くなってしまい、吸引カテーテルが入っていかなくなってしまっているようなこともあります。その場合、生理食塩水の注入や、気管支ファイバーによる気道分泌物の除去が行われる場合もあります。しかし、チューブの閉塞が高度である場合には、躊躇せず入れ替えを行うことも必要です。

 

ちなみに、気管チューブで一番詰まりやすいのはどこかご存知でしょうか?コネクター?それとも先端?・・・正解は、チューブの先端です。

 

患者が気管チューブを噛んでいる

患者さんが気管チューブを噛んでしまっていることによるチューブの閉塞も起こりうることです。その場合は、チューブの位置を調整しなおしましょう。

 

 

DOPEの「O」 Obstructive 関連ページ

人工呼吸器って難しいの?
人工呼吸器の仕組み
人工呼吸器の基本設定@ 空気をどのくらいの「時間」で送るか
人工呼吸器の基本設定A 空気をどのくらいの「量」送るか:VC
人工呼吸器の基本設定B 空気をどのくらいの「圧」で送るか:PC
人工呼吸器の基本設定C 空気をどのくらいの「速度」で送るか
人工呼吸器の基本設定D どのくらいの「濃度」の空気を送るか
人工呼吸器の基本設定E 患者さんの肺を守る工夫〜PEEP〜
人工呼吸器3つのモード:CMV、SIMV、CSV
人工呼吸器CMV : A/C 「アシストコントロール」
CSV  〜PSV〜
CSV 〜CPAP〜
SIMV
吸気を成りたたせるもの@トリガー
吸気を成りたたせるものAリミット
吸気を成り立たせるものBサイクル
最高気道内圧について
人工呼吸管理の適応基準
人工呼吸器の「加温・加湿」について
ウィーニングについて
なぜ人工呼吸器使用中に鎮痛・鎮静が必要か
鎮痛・鎮静中の原則
代表的な鎮静薬
代表的な鎮痛薬
鎮静薬、鎮痛薬の使用法まとめ
非侵襲的陽圧換気(NPPV)とは
NPPVの適応
NPPVのメリット、デメリット
NPPVを行うにあたって 患者さんへの説明
NPPV2つのモードと呼吸器の設定
NPPV使用中の患者さんへの看護
人工呼吸器使用中の患者さんの急変!まずは落ち着こう
DOPEの「D」 Displacement
DOPEの「P」 Pneumothorax
DOPEの「E」 Equipment failure
人工呼吸器のアラームについて
無呼吸アラーム
気道内圧低下アラーム
気道内圧上昇アラーム
換気量上限アラーム
換気量低下アラーム
換気回数増加(呼吸数増加)アラーム
ガス供給アラーム
電源異常アラーム
その他のアラーム
ファイティングとバッキング
自己抜管・事故抜管
用語集

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト