ガス供給アラーム

 

 

ガス供給アラームとは

ガス供給アラームは、人工呼吸器につながっている医療ガス(圧縮空気か酸素)のいずれか(または両方)の圧力が低下していることを知らせてくれるアラームです。

 

この場合、人工呼吸器そのものが作動しなくなるため、患者さんは低酸素症や高二酸化炭素症をきたしてしまう危険性があり、とても危険です。

 

ガス供給アラームの原因

ガス供給アラームは、完全に呼吸器側の問題で作動します。
考えられる原因についてみていきましょう。

 

・人工呼吸器からのホースと配管端末機(アウトレット)の接続不良によるガス漏れ
・配管端末機の破損
・耐圧ホースの踏みつぶし
・医療ガス供給圧の低下(病院のガス供給そのものの問題)
・圧縮酸素の配管がなく、コンプレッサーを使用している場合には、その不具合

 

人工呼吸器が吸気を送り込む力は、何でできていると思いますか?
「電気!」・・・と思われる方も多いと思います。確かに人工呼吸器は電気の力で動いている場面が多いのですが吸気を送りこむ力自体は配管された圧縮空気や酸素によるものなのです。

 

そのため、ガス供給が低下した状態というのはそもそも人工呼吸器が作動しない危険な状態である、ということがわかります。

 

ガス供給アラームへの対応

ガス供給アラームは、人工呼吸器が作動していない状態であるため、まず速やかにバッグ換気に切り替えます。

 

そのあとは、以下のように対応していきましょう。

 


引用:羊土社 「人工呼吸管理に強くなる」 編集 讃井將満、大庭祐二 

 

 

ガス供給アラーム 関連ページ

人工呼吸器って難しいの?
人工呼吸器の仕組み
人工呼吸器の基本設定@ 空気をどのくらいの「時間」で送るか
人工呼吸器の基本設定A 空気をどのくらいの「量」送るか:VC
人工呼吸器の基本設定B 空気をどのくらいの「圧」で送るか:PC
人工呼吸器の基本設定C 空気をどのくらいの「速度」で送るか
人工呼吸器の基本設定D どのくらいの「濃度」の空気を送るか
人工呼吸器の基本設定E 患者さんの肺を守る工夫〜PEEP〜
人工呼吸器3つのモード:CMV、SIMV、CSV
人工呼吸器CMV : A/C 「アシストコントロール」
CSV  〜PSV〜
CSV 〜CPAP〜
SIMV
吸気を成りたたせるもの@トリガー
吸気を成りたたせるものAリミット
吸気を成り立たせるものBサイクル
最高気道内圧について
人工呼吸管理の適応基準
人工呼吸器の「加温・加湿」について
ウィーニングについて
なぜ人工呼吸器使用中に鎮痛・鎮静が必要か
鎮痛・鎮静中の原則
代表的な鎮静薬
代表的な鎮痛薬
鎮静薬、鎮痛薬の使用法まとめ
非侵襲的陽圧換気(NPPV)とは
NPPVの適応
NPPVのメリット、デメリット
NPPVを行うにあたって 患者さんへの説明
NPPV2つのモードと呼吸器の設定
NPPV使用中の患者さんへの看護
人工呼吸器使用中の患者さんの急変!まずは落ち着こう
DOPEの「D」 Displacement
DOPEの「O」 Obstructive
DOPEの「P」 Pneumothorax
DOPEの「E」 Equipment failure
人工呼吸器のアラームについて
無呼吸アラーム
気道内圧低下アラーム
気道内圧上昇アラーム
換気量上限アラーム
換気量低下アラーム
換気回数増加(呼吸数増加)アラーム
電源異常アラーム
その他のアラーム
ファイティングとバッキング
自己抜管・事故抜管
用語集

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト