24. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合@

 

 

血液ガスの評価には大きく分けて2つの目的があります。一つはガス交換の評価、そしてもう一つは酸塩基平衡の評価です。このページでは、酸塩基平衡の評価について説明していきます。

 

酸塩基平衡の評価・・・だなんて考えただけでうんざりしてしまうあなた。

 

大丈夫です!見るべき3つの項目を順番に追っていくだけで、誰でも簡単に酸塩基平衡の評価ができます。見るべき項目はたったの3つしかありません。

 

見るべきは、以下の3つの項目です。

 

@PaCO2(動脈血二酸化炭素分圧)

 

ApH

 

BHCO3−(重炭酸イオン) または BE(Base Excess 塩基余剰)

 

この3つだけです。

 

PCO2、pH、HCO3− に関しては、ここまでの「酸塩基平衡と血液ガス」を順に読んでくださってる方にとってはもうおなじみの3項目だと思います。すべて、酸塩基平衡に欠かせない項目ですね。ざっくりいうと、PaCO2は体の中の二酸化炭素(つまり酸)の量、pHは体の中の酸性度、HCO3−は体の中をアルカリ性にしてくれる物質のことです。

 

それでは、BEって一体全体何なのでしょう?

 

次のページで丁寧にわかりやすく解説します。

 

 

24. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合@ 関連ページ

1. 「酸塩基平衡と血液ガス」に苦手意識をもつあなたへ
2. 酸塩基平衡の基礎:「酸」「塩基」の定義とは
3. 酸塩基平衡:体の中では常に「酸」が作られている
4. 酸塩基平衡:「塩基」とは、重炭酸イオンのことである
5. 酸塩基平衡は体のどこで調節されているのか
6. 「血液・体液」における酸塩基平衡の調整:緩衝系
7. 酸塩基平衡における「重炭酸緩衝系」とは何か
8. 「肺」でおこなわれている酸塩基平衡の調整
9. 「腎臓」でおこなわれている酸塩基平衡の調整
10. アシドーシスとアルカローシス
11. 呼吸性アシドーシス
12. 呼吸性アルカローシス
13. 代謝性アシドーシスとその原因:重炭酸イオンが失なわれすぎる場合
14. 代謝性アシドーシスとその原因:水素イオンが溜まりすぎる場合
15. 代謝性アルカローシス
16. 混合性アシドーシス
17. 混合性アルカローシス
18. 「血液ガス」とは何か:血液ガスの基礎知識
19. 血液ガスの単位はなぜ「分圧」なの?
20. 血液ガスは、どこで採る
21. なんで血液ガスを採るの?
22. 血液ガスの読み方〜2つの目的〜
23. 血液ガスの読み方:「ガス交換の評価目的」の場合
25. 血液ガスにおける「BE」とは何か
26. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合A
27. 酸塩基平衡における代償反応とは?
28. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合B
酸塩基平衡と血液ガス:用語集

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト