23. 血液ガスの読み方:「ガス交換の評価目的」の場合

 

 

ガス交換の指標・・・つまり、体がちゃんと酸素と二酸化炭素を交換できているかどうかを把握するためには、以下の項目を見ましょう。

 

主要4項目の中からはPO2PCO2が見るべき項目となっており、それとは別にSaO2というものもチェックすべき項目となっています。

 

PaO2(PO2)

 

PaO2・・・P=分圧 a=動脈血 O2=酸素 : 動脈血酸素分圧

 

血液ガス分析の検査結果の項目では、「PO2」と表記されていると思います。これは、血液ガス分析の機械は、採取された血液を調べるときにそれが動脈血によるものか静脈血によるものかわからないためです。

 

動脈血酸素分圧PaO2とは、動脈血中にある酸素の量を示しています。次に出てくる動脈血酸素飽和度SaO2と似ていますが、SaO2は動脈血の中のヘモグロビンと酸素が結合している割合を示しているので、単純に動脈血中の酸素量を示している動脈血酸素分圧PaO2とは似ているけど違うものです。

 

PaO2の正常値は80〜100 Torrです。

 

SaO2

 

 

SaO2とは・・・S=飽和度 a=動脈血 O2=酸素 : 動脈血酸素飽和度

 

「動脈血酸素飽和度」とは、動脈血の酸素飽和度のことです。酸素飽和度は、簡単に言うと酸素と結合しているヘモグロビンの割合のことです。

 

動脈血酸素飽和度(SaO2)は、動脈血中で酸素と結合しているヘモグロビンの割合が何%であるかを示しています。

 

SaO2の正常値は95〜98%です。

 

先に挙げた動脈血酸素分圧PaO2と、動脈血酸素飽和度SaO2は、実は深い関係があります。

 

それもそのはず、動脈血中にそもそも酸素がないと、ヘモグロビンは酸素と結合し、酸素を運ぶことができないからです。(PaO2が低いと、SaO2も低くなる)

 

PaO2とSaO2の関係を示した有名なグラフが「酸素解離曲線」です。

 

このグラフによると、「PaO2 50 Torr で SaO2 85%」「PaO2 60 Torr で SaO2 90%」「PaO2 100 Torr で SaO2 98%」となっています。

 

また、SaO2とよく似た言葉にSpO2があります。これは何かというと、「SpO2(S=飽和度 p=脈 O2=酸素)」つまり、脈で測定する酸素飽和度のことです。SaO2は動脈血で検査するのに対し、SpO2はパルスオキシメーターを用いて指先で簡易的にできる検査で、両者はほとんど同じものです。

 

PaCO2

 

PaCO2とは・・・P=分圧 a=動脈血 CO2=二酸化炭素 : 動脈血二酸化炭素分圧

 

PaCO2は、動脈血中に二酸化炭素がどれくらいあるかを示しています。

 

PaCO2が高い、すなわち動脈血中に二酸化炭素がたくさんありすぎると、肺胞換気量が不十分(肺胞でうまく換気ができていない)状態を示しています。

 

PaCO2が低い、すなわち動脈血中に二酸化炭素が少なすぎると、過換気状態により二酸化炭素がはけ過ぎている状態であることを示しています。

 

 

23. 血液ガスの読み方:「ガス交換の評価目的」の場合 関連ページ

1. 「酸塩基平衡と血液ガス」に苦手意識をもつあなたへ
2. 酸塩基平衡の基礎:「酸」「塩基」の定義とは
3. 酸塩基平衡:体の中では常に「酸」が作られている
4. 酸塩基平衡:「塩基」とは、重炭酸イオンのことである
5. 酸塩基平衡は体のどこで調節されているのか
6. 「血液・体液」における酸塩基平衡の調整:緩衝系
7. 酸塩基平衡における「重炭酸緩衝系」とは何か
8. 「肺」でおこなわれている酸塩基平衡の調整
9. 「腎臓」でおこなわれている酸塩基平衡の調整
10. アシドーシスとアルカローシス
11. 呼吸性アシドーシス
12. 呼吸性アルカローシス
13. 代謝性アシドーシスとその原因:重炭酸イオンが失なわれすぎる場合
14. 代謝性アシドーシスとその原因:水素イオンが溜まりすぎる場合
15. 代謝性アルカローシス
16. 混合性アシドーシス
17. 混合性アルカローシス
18. 「血液ガス」とは何か:血液ガスの基礎知識
19. 血液ガスの単位はなぜ「分圧」なの?
20. 血液ガスは、どこで採る
21. なんで血液ガスを採るの?
22. 血液ガスの読み方〜2つの目的〜
24. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合@
25. 血液ガスにおける「BE」とは何か
26. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合A
27. 酸塩基平衡における代償反応とは?
28. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合B
酸塩基平衡と血液ガス:用語集

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト