4. 酸塩基平衡を保つための「塩基」とは、重炭酸イオン(HCO3−)のことである

 

 

酸塩基平衡とは、体の中の酸と塩基のバランスのことです。人間は、酸と塩基のバランスがとれていないと生きていくことはできません。

 

酸と塩基のバランスが崩れる原因として、「体の中では常に酸がつくられている」ということが挙げられます。このページでは、体の中で作られた酸が、塩基によってどのように中和されているのかについてみていきましょう。

 

酸と塩基のバランスを見ていく上で、知っていると役立つ化学式があります。「化学式は苦手だから嫌い」という人も多いかと思いますが、この化学式だけは一読してみましょう。

 

CO2(二酸化炭素) + H2O(水) ⇔ H2CO3(炭酸) ⇔ HCO3− (重炭酸イオン) + H+(水素イオン)

 

この式を簡単に説明すると、「二酸化炭素が水に溶けると「炭酸」になる。そして、炭酸は重炭酸イオンと水素イオンに分解される。この反対も起こりうる」ということを表しています。では、この反応の中で「酸」に該当するのはどれでしょうか。

 

先ほどのページ体の中で常につくられている酸を読んでいただけた方はわかると思いますが、酸は、水素イオンH+と二酸化炭素CO2です。

 

では、酸と対をなすもの、「塩基」はどれですか?

 

ここでもう一度酸と塩基の定義を思い出しましょう。

 

酸 : 水素イオンH+を放出する物質のこと

 

塩基 : 水素イオンH+を受け取る物質のこと

 

でしたね。

 

体の中にある塩基の代表は、水素イオンH+を受け取って炭酸H2CO3を作り出す重炭酸イオンHCO3−です。

 

それでは、ここまでのまとめです。酸塩基平衡を保つための代表的な酸、塩基はこちらです。

 

酸  : 二酸化炭素CO2、水素イオンH+

 

塩基 : 重炭酸イオンHCO3−

 

この先の理解を簡単にするため、まずは「酸」と「塩基」の正体についてついておさえましょう。

 

 

4. 酸塩基平衡を保つための「塩基」とは、重炭酸イオンのことである 関連ページ

1. 「酸塩基平衡と血液ガス」に苦手意識をもつあなたへ
2. 酸塩基平衡の基礎:「酸」「塩基」の定義とは
3. 酸塩基平衡:体の中では常に「酸」が作られている
5. 酸塩基平衡はどこで調節しているの?
6. 「血液・体液」にておこなわれている酸塩基平衡の調整
7. 酸塩基平衡における「重炭酸緩衝系」とは何か
8. 「肺」でおこなわれている酸塩基平衡の調整
9. 「腎臓」でおこなわれている酸塩基平衡の調整
10. アシドーシスとアルカローシス
11. 呼吸性アシドーシス
12. 呼吸性アルカローシス
13. 代謝性アシドーシスとその原因:重炭酸イオンが失なわれすぎる場合
14. 代謝性アシドーシスとその原因:水素イオンが溜まりすぎる場合
15. 代謝性アルカローシス
16. 混合性アシドーシス
17. 混合性アルカローシス
18. 「血液ガス」とは何か:血液ガスの基礎知識
19. 血液ガスの単位はなぜ「分圧」なの?
20. 血液ガスは、どこで採る
21. なんで血液ガスを採るの?
22. 血液ガスの読み方〜2つの目的〜
23. 血液ガスの読み方:「ガス交換の評価目的」の場合
24. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合@
25. 血液ガスにおける「BE」とは何か
26. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合A
27. 酸塩基平衡における代償反応とは?
28. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合B
酸塩基平衡と血液ガス:用語集

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト