酸塩基平衡と血液ガス:用語集

 

 

ここでは、酸塩基平衡、血液ガスでよく出てくる用語の解説を行います。その前に、知っておくとかなり得する豆知識です。

 

知っておくと得する豆知識

 

血液ガスには、よくPO2やSpO2....などなど「P」や「S」が使われますよね。これらが何を指しているのか知るだけでも、理解がずいぶん楽になりますよ。順番にみていきましょう。

 

頭文字

 

頭文字は、記号が表している数値が「根本的に何を指しているのか」を示しています。圧力なの?飽和度なの?それとも割合?そもそもこの数値、何の数値なわけ!?といったところです。

 

・ P : Pressure (圧力)

 

*頭文字につく「P」は、「圧力」という意味です。体の中には様々な気体が混在しているため、血液ガスにおいて圧力は「分圧」と言い換えられます。

 

・ S : saturation (飽和度)

 

*頭文字につく「S」は、「飽和度」という意味です。

 

・ F : Fraction (分画、濃度)

 

*頭文字につく「F」は「分画、濃度」という意味です。

 

2番目の文字

 

2番目の文字は、記号があらわしている数値が「どこで取られた検体のものか」示しています。

 

・ A : Alveolus (肺胞)

 

*「A」は、肺胞でとられた検体です。たとえば「PAO2」の場合は、「肺胞における酸素の圧力(分圧)」という意味になります。

 

・ a : arterial blood (動脈血)

 

*「a」は、動脈血でとられた検体です。たとえば「PaO2」の場合は、「動脈血における酸素の圧力(分圧)」という意味になります。

 

・ I : Inspiratory (吸気ガス)

 

*「I」は、吸気時における数値です。

 

3番目の文字

 

3番目の文字は、記号があらわしている数値が「何の物質のものなのか」示しています。

 

・ O2 : 酸素

 

・ CO2 : 二酸化炭素

 

 

 

 

 

用語の解説

PCO2:二酸化炭素分圧*二酸化炭素の圧力(分圧)のこと。簡単に言うと、二酸化炭素の量のこと。

 

酸塩基平衡と血液ガス:用語集 関連ページ

1. 「酸塩基平衡と血液ガス」に苦手意識をもつあなたへ
2. 酸塩基平衡の基礎:「酸」「塩基」の定義とは
3. 酸塩基平衡:体の中では常に「酸」が作られている
4. 酸塩基平衡を保つための「塩基」とは、重炭酸イオンのことである
5. 酸塩基平衡はどこで調節しているの?
6. 「血液・体液」にておこなわれている酸塩基平衡の調整
7. 酸塩基平衡における「重炭酸緩衝系」とは何か
8. 「肺」でおこなわれている酸塩基平衡の調整
9. 「腎臓」でおこなわれている酸塩基平衡の調整
10. アシドーシスとアルカローシス
11. 呼吸性アシドーシス
12. 呼吸性アルカローシス
13. 代謝性アシドーシスとその原因:重炭酸イオンが失なわれすぎる場合
14. 代謝性アシドーシスとその原因:水素イオンが溜まりすぎる場合
15. 代謝性アルカローシス
16. 混合性アシドーシス
17. 混合性アルカローシス
18. 「血液ガス」とは何か:血液ガスの基礎知識
19. 血液ガスの単位はなぜ「分圧」なの?
20. 血液ガスは、どこで採る
21. なんで血液ガスを採るの?
22. 血液ガスの読み方〜2つの目的〜
23. 血液ガスの読み方:「ガス交換の評価目的」の場合
24. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合@
25. 血液ガスにおける「BE」とは何か
26. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合A
27. 酸塩基平衡における代償反応とは?
28. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合B

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト