8. 酸塩基平衡 in 肺

 

 

それでは、肺における酸塩基平衡の調整についてわかりやすく説明していきます。

 

肺は、どんなタイプの「酸」の排出を担当しているのか

 

体の中では常に酸がつくられており、私たちはそれを排出しなければpH7.35-7.45という狭ーい範囲を保つことはできません。

 

体の中で常につくられている酸でも説明されている通り、酸には大きく分けて「揮発性(蒸発しやすい)の酸」と「不揮発性(蒸発しにくい)の酸」があります。

 

具体的に挙げますと、揮発性の酸には二酸化炭素(CO2)、不揮発性の酸には硫酸(H2SO4)、リン酸(H3PO4)などがあります。

 

ここで肺が排出を担当しているのは、「揮発性の酸」になります。

 

肺における酸塩基平衡の調整

 

肺による酸塩基平衡の調整を「呼吸性調節」ともいいます。では、呼吸性調節はどのように行われるのかみていきましょう。

 

私たちが栄養素を摂取し、それが代謝されると、血液中にいらなくなった二酸化炭素CO2が排出されます。排出された二酸化炭素CO2のうち、約90%は赤血球にとりこまれ、約10%は血漿中にとりこまれて、肺から排出されます。

 

ちなみに、赤血球に取り込まれた二酸化炭素CO2は、赤血球の内部で炭酸H2CO3に変身します。その後炭酸H2CO3は、水素イオンH+と重炭酸イオンHCO3−に分かれます。

 

 

8. 「肺」でおこなわれている酸塩基平衡の調整 関連ページ

1. 「酸塩基平衡と血液ガス」に苦手意識をもつあなたへ
2. 酸塩基平衡の基礎:「酸」「塩基」の定義とは
3. 酸塩基平衡:体の中では常に「酸」が作られている
4. 酸塩基平衡を保つための「塩基」とは、重炭酸イオンのことである
5. 酸塩基平衡はどこで調節しているの?
6. 「血液・体液」にておこなわれている酸塩基平衡の調整
7. 酸塩基平衡における「重炭酸緩衝系」とは何か
9. 「腎臓」でおこなわれている酸塩基平衡の調整
10. アシドーシスとアルカローシス
11. 呼吸性アシドーシス
12. 呼吸性アルカローシス
13. 代謝性アシドーシスとその原因:重炭酸イオンが失なわれすぎる場合
14. 代謝性アシドーシスとその原因:水素イオンが溜まりすぎる場合
15. 代謝性アルカローシス
16. 混合性アシドーシス
17. 混合性アルカローシス
18. 「血液ガス」とは何か:血液ガスの基礎知識
19. 血液ガスの単位はなぜ「分圧」なの?
20. 血液ガスは、どこで採る
21. なんで血液ガスを採るの?
22. 血液ガスの読み方〜2つの目的〜
23. 血液ガスの読み方:「ガス交換の評価目的」の場合
24. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合@
25. 血液ガスにおける「BE」とは何か
26. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合A
27. 酸塩基平衡における代償反応とは?
28. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合B
酸塩基平衡と血液ガス:用語集

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト