21. なんで血液ガスを採るの?

 

 

血液ガスを採ると、そもそもどんなことがわかるのでしょうか。

 

主要4項目(PO2、PCO2、pH、HCO3−)を頭に思い浮かべるだけでも、なんだかその答えが見えてきそうですね。酸素が体にちゃんといきわたっているか、二酸化炭素はちゃんと捌けているか、酸塩基平衡は保たれていか・・・・つまり、体が元気に活動できる状態になっているか、がわかる非常に重要な検査なのです。

 

血液ガスを採る場合というのは、大きく分けて2通りあります。

 

1つは、緊急時。そしてもう1つは、状態が安定しているときの評価目的です。

 

緊急時の血液ガス

 

救急外来に搬送されたときや、病棟で急変が起きた時などに行われます。この場合は一刻を争うので、準備ができ次第すぐに検査が行われます。

 

まずは酸素化が保たれているか(体の中に酸素がいきわたっているか)、酸塩基平衡が狂っていないか、などを確認します。

 

評価目的の血液ガス

 

酸素投与が行われている患者さんや、人工呼吸器を使っている患者さんなどの評価目的に血液ガスが採取されることもあります。この場合は、状態が安定しているときに採血をしないと正しい情報を得ることができません。そのため、例えば体位変換をした直後や吸引をした直後などは避けるべきです。

 

「肺や循環、代謝機能がどのような状態で保たれているのか」を確認します。

 

 

21. なんで血液ガスを採るの? 関連ページ

1. 「酸塩基平衡と血液ガス」に苦手意識をもつあなたへ
2. 酸塩基平衡の基礎:「酸」「塩基」の定義とは
3. 酸塩基平衡:体の中では常に「酸」が作られている
4. 酸塩基平衡:「塩基」とは、重炭酸イオンのことである
5. 酸塩基平衡は体のどこで調節されているのか
6. 「血液・体液」における酸塩基平衡の調整:緩衝系
7. 酸塩基平衡における「重炭酸緩衝系」とは何か
8. 「肺」でおこなわれている酸塩基平衡の調整
9. 「腎臓」でおこなわれている酸塩基平衡の調整
10. アシドーシスとアルカローシス
11. 呼吸性アシドーシス
12. 呼吸性アルカローシス
13. 代謝性アシドーシスとその原因:重炭酸イオンが失なわれすぎる場合
14. 代謝性アシドーシスとその原因:水素イオンが溜まりすぎる場合
15. 代謝性アルカローシス
16. 混合性アシドーシス
17. 混合性アルカローシス
18. 「血液ガス」とは何か:血液ガスの基礎知識
19. 血液ガスの単位はなぜ「分圧」なの?
20. 血液ガスは、どこで採る
22. 血液ガスの読み方〜2つの目的〜
23. 血液ガスの読み方:「ガス交換の評価目的」の場合
24. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合@
25. 血液ガスにおける「BE」とは何か
26. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合A
27. 酸塩基平衡における代償反応とは?
28. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合B
酸塩基平衡と血液ガス:用語集

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト