1. 「酸塩基平衡と血液ガス」に苦手意識をもつあなたへ

 

 

「酸塩基平衡」「血液ガス」

 

この言葉は、どれほど多くのナースに苦手意識をもたれていることでしょうか。

 

「大事なのはよくわかる。でも、正直よくわからないから避けて通りたい」これが、多くのナースの本音ではないでしょうか?

 

実際に、酸塩基平衡というのは正しく理解しようとすると非常に難解なものです。それにも関わらず看護学校ではさらっとしか習わない場合がほとんどのため、多くの看護師は酸塩基平衡について必要な知識を持ち合わせていないまま臨床に出ることになります。

 

実は、私自身もそうでした。

 

学生時代は、「とりあえず試験を突破するため」「国家試験に合格するため」になんとなく酸塩基平衡を暗記し、やり過ごしていました。ですが、酸塩基平衡についてきちんと理解していなかったため、臨床に出てから非常に苦労することになります。

 

働き始めて最初の方は軽症な患者さんを多く受け持っていたため、酸塩基平衡が分からなくてもそこまで苦労しませんでした。ですが、経験を積んで重症な患者さんをみることになったときに、「酸塩基平衡」「血液ガス」を理解していなくては、患者さんを受け持つことができないという壁に直面したのです。

 

「このままではいけない」と思った私は、本屋さんに行って酸塩基平衡の本を読み漁りました。ですが、基本的な知識が不足していたために酸塩基平衡がさっぱり理解できませんでした。そこで休みの日は全て酸塩基平衡の勉強に費やし、ようやく酸塩基平衡と血液ガスについて系統立てて理解できるようになったのです。

 

このような苦労をしていたのは、私だけではありませんでした。学生時代の同期も、就職先の同僚も、皆酸塩基平衡と血液ガスについては苦手意識を持っており、酸塩基平衡の勉強に莫大な時間を費やしていたのです。

 

看護師は、臨床に出てから学ぶことがたくさんあります。それにも関わらず、小難しい酸塩基平衡の勉強を独学でやるのはとても大変なことです。

 

そこで、本サイトでは私と同じように酸塩基平衡と血液ガスが分からず悩んでいる皆さんに対して、少しでもお役に立つよう、私が学んだ酸塩基平衡と血液ガスの基礎的な内容について系統立てて記しています。

 

なお、本サイトでは酸塩基平衡と血液ガスについて、あくまで初心者向けに書いています。小難しい方程式などはすべて排除して話し言葉で書いていますので、もうすでに酸塩基平衡を理解している方にとっては物足りない内容になるかもしれません。

 

あくまで本サイトは酸塩基平衡を学ぶための「きっかけ」と捉えていただけたら幸いです。

 

多くの人が苦手に感じている「酸塩基平衡」「血液ガス」について、本サイトをきっかけにこれから学んでいっていただけたらと思っています。

 

 

1. 「酸塩基平衡と血液ガス」に苦手意識をもつあなたへ 関連ページ

2. 酸塩基平衡の基礎:「酸」「塩基」の定義とは
3. 酸塩基平衡:体の中では常に「酸」が作られている
4. 酸塩基平衡を保つための「塩基」とは、重炭酸イオンのことである
5. 酸塩基平衡はどこで調節しているの?
6. 「血液・体液」にておこなわれている酸塩基平衡の調整
7. 酸塩基平衡における「重炭酸緩衝系」とは何か
8. 「肺」でおこなわれている酸塩基平衡の調整
9. 「腎臓」でおこなわれている酸塩基平衡の調整
10. アシドーシスとアルカローシス
11. 呼吸性アシドーシス
12. 呼吸性アルカローシス
13. 代謝性アシドーシスとその原因:重炭酸イオンが失なわれすぎる場合
14. 代謝性アシドーシスとその原因:水素イオンが溜まりすぎる場合
15. 代謝性アルカローシス
16. 混合性アシドーシス
17. 混合性アルカローシス
18. 「血液ガス」とは何か:血液ガスの基礎知識
19. 血液ガスの単位はなぜ「分圧」なの?
20. 血液ガスは、どこで採る
21. なんで血液ガスを採るの?
22. 血液ガスの読み方〜2つの目的〜
23. 血液ガスの読み方:「ガス交換の評価目的」の場合
24. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合@
25. 血液ガスにおける「BE」とは何か
26. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合A
27. 酸塩基平衡における代償反応とは?
28. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合B
酸塩基平衡と血液ガス:用語集

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト