10. アシドーシスとアルカローシス

 

 

私たちの体は、一生懸命頑張ってpH7.35-7.45という狭ーい範囲を保っています。
それでも、時に、pH7.35-7.45という範囲を外れてしまうことがあります。

 

pHが酸性に傾きすぎてしまい、アシデミア(酸血症)になってしまう病態をアシドーシスといいます。

 

一方、pHがアルカリ性に傾きすぎてしまい、アルカレミア(アルカリ血症)になってしまう病態をアルカローシスといいます。

 

「アシドーシス」と「アルカローシス」。

 

このような病態が起こってしまう原因は大きく分けて2つあります。

 

それは、「呼吸性調節が障害された場合」と「代謝性調節が障害された場合」です。

 

「呼吸性調節が障害された場合」とは、言葉の通り、呼吸がうまくいかなくなってpHのバランスが 崩れてしまったことを指します。

 

そして「代謝性調節が障害された場合」は、呼吸以外の原因でpHのバランスが崩れてしまったことを指します。ここでポイントなのは、「呼吸以外の原因で」pHのバランスが崩れてしまったケースはすべて「代謝性調節が障害された場合」に該当するということです。

 

アシドーシスとアルカローシスの時の血液ガスの変化は、苦手な人が多いと思います。しかし、わからなくなったら例の化学反応式を思い出してください。

 

CO2(二酸化炭素) + H2O(水) ⇔ H2CO3(炭酸) ⇔ HCO3−(重炭酸イオン) + H+(水素イオン)

 

この式を書いてみて、それぞれ矢印がどういう方向に変化していくのかな・・・と考えれば、血液ガスデータの変化について丸暗記しなくても、一目瞭然でわかります。

 

次のページから、それぞれ具体的に見ていきましょう。

 

 

10. アシドーシスとアルカローシス 関連ページ

1. 「酸塩基平衡と血液ガス」に苦手意識をもつあなたへ
2. 酸塩基平衡の基礎:「酸」「塩基」の定義とは
3. 酸塩基平衡:体の中では常に「酸」が作られている
4. 酸塩基平衡を保つための「塩基」とは、重炭酸イオンのことである
5. 酸塩基平衡はどこで調節しているの?
6. 「血液・体液」にておこなわれている酸塩基平衡の調整
7. 酸塩基平衡における「重炭酸緩衝系」とは何か
8. 「肺」でおこなわれている酸塩基平衡の調整
9. 「腎臓」でおこなわれている酸塩基平衡の調整
11. 呼吸性アシドーシス
12. 呼吸性アルカローシス
13. 代謝性アシドーシスとその原因:重炭酸イオンが失なわれすぎる場合
14. 代謝性アシドーシスとその原因:水素イオンが溜まりすぎる場合
15. 代謝性アルカローシス
16. 混合性アシドーシス
17. 混合性アルカローシス
18. 「血液ガス」とは何か:血液ガスの基礎知識
19. 血液ガスの単位はなぜ「分圧」なの?
20. 血液ガスは、どこで採る
21. なんで血液ガスを採るの?
22. 血液ガスの読み方〜2つの目的〜
23. 血液ガスの読み方:「ガス交換の評価目的」の場合
24. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合@
25. 血液ガスにおける「BE」とは何か
26. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合A
27. 酸塩基平衡における代償反応とは?
28. 血液ガスの読み方:「酸塩基平衡の評価目的」の場合B
酸塩基平衡と血液ガス:用語集

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト