東京・大阪など都会の「病院」の中から看護師求人を探すには

東京・大阪など都会の「病院」の中から看護師求人を探すには

 

これから看護師になる人、またはすでに看護師として働いている人のなかには、「東京・大阪などの大都市圏で働いてみたい」と思う人もいると思います。

 

大都市圏にある病院は特徴的な病院が多く、働いているスタッフのモチベーションが高いことも多いです。最先端の医療・看護にも触れやすいため、自分のキャリアプランを考えるうえで非常に良い影響があります。

 

しかし、大都市圏には病院がたくさんあるため、「そもそもどの病院を選べばいいのかわからない」という悩みを持つ人も多いと思います。

 

そのため今回は、病院がたくさんある大都市圏で「病院」の看護師求人を探すためにはどうしたらよいか説明していきます。

 

いろいろな「病院」の情報がほしければ、合同就職説明会に参加する

 

まずはじめに、「合同就職説明会」に参加するという方法があります。

 

合同就職説明会は、民間の人材紹介会社が主催している場合がほとんどです。就職・転職を考えている看護学生・看護師の参加は無料で、「QUOカード」「図書券」「参考書」「文房具」などがもらえる場合もあります。

 

合同就職説明会に参加する病院の数は、各イベントの規模により異なります。東京の場合は、通常で約50病院、多い時には180以上の病院が参加します。

 

病院の設置主体もさまざまです。私立病院の参加が多数あるのはもちろん、時には「国立病院機構」「東京都立病院」などの参加もあります。

 

合同就職説明会では多数の病院が参加しているため、いろいろな病院の情報を幅広く集めることができます。「東京などの大都市圏で働きたいけれどもどんな病院があるのかさっぱりわからない」といった場合には、まずは合同就職説明会に参加することをおすすめします。

 

管理人(=私)も実際に参加したことがありますが、大きなトランクを持った地方からの参加者が多数いました。地方から上京してきた人であっても、安心して合同就職説明会に参加してください。

 

合同就職説明会は、春〜夏にかけて多く開催されています。

 

狙っている病院があればその病院の「説明会」「インターンシップ」に参加する

 

「合同就職説明会」「先輩からの口コミ」「インターネットからの情報」などにより興味のある病院を見つけたら、その病院の「説明会」「インターンシップ」に参加することをお勧めします。

 

「説明会」「インターンシップ」に参加すれば、興味を持った病院の雰囲気についてより詳しく知ることができます。また、病院によっては「説明会」もしくは「インターンシップ」に参加しなくては採用の際に不利になる場合もあるので、就職したい病院があればできるだけ参加したほうがよいです。

 

「インターンシップ」は1日で終わる場合もありますが、1週間程度カリキュラムが組まれている場合もあります。地方出身者の場合、「交通費」「滞在費」などがかかる上に、慣れない土地にある程度の期間滞在しなくてはならず大変です。

 

しかし見方を変えれば、ある程度の期間まとまって「自分の興味のある病院」の周辺環境等を知ることのできる機会はこのときくらいしかありません。

 

「説明会」「インターンシップ」に参加しながら、病院の「寮の雰囲気」「周辺の雰囲気・治安」「暮らしやすさ」についてもリサーチできる機会はとても貴重です。ぜひ積極的に参加しましょう。

 

人材紹介会社に登録しキャリアコンサルタントに相談する

 

病院の内情というのは、実際に働いてみなくてはわかりません。ホームページなどで「働きやすい」とは書いてあっても、実際にはどうかについては、働いている人にしかわからないものです。

 

実際に先輩や同僚で働いている人がいれば、その病院に関する情報を得ることが可能です。しかし、特に知り合いがいない場合は実際の情報を得ることができません。こんな時に心強いのが人材紹介会社のキャリアコンサルタントの存在です。

 

人材紹介会社のキャリアコンサルタント、転職・就職支援のプロフェッショナルです。私自身も転職を考えた際に人材紹介会社に登録し、キャリアコンサルタントに相談したことがあります。そのとき、キャリアコンサルタントが私以上に今まで勤めてい病院のことを知っていたので、驚きました。

 

看護師教育に力を入れている「学校法人の私立病院」「国立病院機構」「都道府県立病院」などの大きな病院に正社員として就職する場合、「面接」「筆記」「論文」などの試験をクリアしなくてはいけません。キャリアコンサルタントに相談するだけでなく自分の力で試験を突破することも必要なのです。しかし、「どこの病院にするか」を悩む段階であれば、キャリアコンサルタントに相談することでさまざまな情報を得ることができます。

 

不慣れな土地というのは、情報が入ってきにくいものです。地方出身者が大都市圏で求人を探すときには、今回お伝えしたように「合同就職説明会」「説明会」「インターンシップ」「人材紹介会社」などを駆使しながら自分に合った職場を選びましょう。

 


看護師が自らのキャリアを考えるとき、「同じ職場に留まって頑張る」または「自分に合う他の職場を探す」ことを考えます。子育てが終わり、仕事復帰を考える人もいます。


こうしたとき、ほとんどの人は看護師の転職サイトを活用します。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所など少ない求人の中から探すケースがほとんどですが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社もあれば、看護師との面談を重視することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、首都圏に強みを発揮する会社もあれば、地方求人を多く保有している会社もあります。


これらの違いを理解しなければ、よい転職・復職を実現させることはできません。そのため、まずは各転職サイトで何が異なるのかを理解するようにしてください。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

東京・大阪など都会の「病院」の中から看護師求人を探すには

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

東京・大阪など都会の「病院」の中から看護師求人を探すには

看護師であれば、「派遣看護師」として働く方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法



サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト