看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

 

「看護師の転職サイトはいっぱいありすぎて、どこがいいのか分からない」と思いませんか?

 

私もそう思っていました。

 

育休中、今後のキャリアプランについて悩んでいたときのことです。子育てをしながら働き続ける方法を模索したかった私は、「転職サイトに登録して相談してみよう」と思いました。ですが、転職サイトに登録しようと思っても、種類がたくさんありすぎて、どのサイトに登録すれば良いのかさっぱり分からなかったのです。

 

管理人の転職サイト失敗談

 

当時の私は、転職サイトについて全く知識がありませんでした。そのため、どのサイトを選べば良いか分からず、適当に見つけた会社に登録してしまいました。

 

その結果、「自分がしたい仕事を扱っていない会社だった」という大失敗をしてしまったのです。

 

私は保育園看護師に興味があったのですが、その会社は保育園看護師の求人を扱っていない会社でした。そのため転職サイトの担当者が勧めてくるのはクリニックの求人案件ばかりであった上、「まずは子どもの預け先を自分で確保してください。そうしないと、そもそも就職なんてできません」と言われてしまいました。

 

今は転職に関する知識をもっているため、「託児所付きの求人はいくらでもある」「クリニック以外にも、選択肢は山ほどある」ということは知っています。ですが、転職の知識がなかった当時の私にとっては、「もうしばらく働けないんだ」という結論にしかなりませんでした。

 

その後、友人の勧めで別の転職サイトに登録すると、そこでは前回と真逆だったのです。保育園求人を紹介してらもらうことができた上に、「保育園以外に小児科経験を生かすにはどうしたらよいのか」「そもそも今転職をすることは得策か」「一回退職するのでもよいかもしれない」ということまで一緒に考えてもらうことができました。

 

私はこの体験から、「一口に転職サイトと言っても、サイトによってこんなに違うものなのか」と、とても驚きました。

 

それと時を同じくして、当サイトの運営を始めていた私は、周りの友人看護師から「一番おすすめの転職サイトってどこなの?」と聞かれることが増えてきました。そこで私は、「大切な友人に自信を持っておすすめできる転職サイトを見つけよう」と決意し、それ以来転職サイトの徹底リサーチを続けています。

 

自分に合った転職サイトを見つける2つのポイント

 

「どのサイトが自分に合っているか」というのは、人それぞれ違います。まずは、自分に合った転職サイトを見つけるポイントについてお伝えします。

 

住んでいる都道府県に合った転職サイトを利用する

 

実は転職サイトによって、「どの都道府県を得意としているか」が異なります。

 

一般的に、東京・大阪などの大都市圏は、ほとんどのサイトである程度の求人数をもっています。一方地方の場合には、サイトによって求人数に大きな差が出てきます。

 

例えば島根県の求人を例にみてみると、Aサイトでは求人数が7件しかなかったのにもかかわらず、Bサイトでは133件もありました。この場合、どう考えてもBサイトの方が自分に合った求人を見つけやすいです。

 

そのため、「自分はどこに住んでいるのか」「どの都道府県で就職したいのか」をはっきり意識し、自分の都道府県に合った転職サイトを利用するようにしましょう。

 

担当者との相性も重要

 

看護師転職サイトに登録すると、あなた専属の担当者が付きます。担当者は、各サイトによって「キャリアアドバイザー」「キャリアパートナー」「コンサルタント」など様々な名称で呼ばれています。

 

基本的には最初の担当者が、最初のキャリアカウンセリングから就職まで担当することになります。しかし、担当者よってサポートの質に大きな差が出てしまうのも事実なのです。

 

私が2度目に利用した転職サイトの担当者は、幸運なことに経験豊富で非常に頼りになる方でした。私が当時働いていた病院について私よりも詳しく知っていたため、「キャリアの専門家はすごいな」と感心したほどです。

 

ですが、友人が利用した別の転職サイトの担当者は、残念なことに看護の内情についてあまり理解していないようでした。友人は担当者の意見に従い、条件だけで職場を選びました。ですがそこは、働いてみたらとんでもないブラック病院だったのです。結局彼女は2か月で退職せざるを得なくなりました。

 

このように、使うサイトも重要ですが、担当者との相性も重要です。そのため、転職活動をするときには2、3社のサイトに登録することをお勧めしています。これは、複数の担当者からアドバイスをもらうことで、偏りをなくすためです。

 

実際に私も、3社に登録して3名の担当者と話した経験がありますが、いろいろな担当者と話すことで情報の偏りをなくすことができました。また、それぞれの担当者の様子を比較した上で「本当に頼りになる人はこの人だな」と信頼できる担当者を見つけることができました。

 

保健師・助産師として転職するときの注意点

 

保健師・助産師資格を持っている人が就職・転職する場合、当然「保健師・助産師資格を生かせる就職先はないものか」と考えます。

 

看護師転職サイトには、もちろん保健師や助産師の求人も用意されています。ですが、保健師や助産師の求人を探すときには注意点があります。それは、保健師・助産師求人は看護師に比べて圧倒的に少ないという点です。

 

例えば、あるサイトを調べたところ、東京都における看護師求人は3,935件ありますが、保健師の求人は114件、助産師求人は71件でした。東京都だから、まだ保健師・助産師求人もたくさんありますが、これが地方になってくるとさらに保健師・助産師求人数は減っていきます。

 

これを補うためには、2、3社のサイトに登録することが必要です。そうすることで、情報の少なさを補う必要があるのです。

 

初めて看護師転職サイトを利用する人へ

 

看護師の転職サイトは、すべて無料でサービスを受けることができます。登録から就職するまで一切費用は発生しないため、ご安心ください。

 

転職サイトを運営する人材紹介会社は、看護師を紹介することで紹介先の事業所(病院、診療所など)からお金をもらい、利益を得る仕組みになっているのです。そのため、看護師には金銭的な負担が発生しません。

 

また、当サイトで紹介させていただいている看護師転職サイトでは、全てのサイトで以下の資格・就職先情報を取り扱っているのでご安心ください。

 

看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

 

また、受けられるサービスは各社によって異なりますが、登録から就職までの流れはほとんど一緒です。基本的には、以下のようになります。

 

看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

 

看護師が人材紹介会社に登録するときに抱きやすい疑問

 

それでは最後に、はじめて転職サイトを活用する人が抱きやすい不安や疑問についてお答えしていきます。

 

転職するか決めていないので、コンサルタントと話をするのがめんどくさい

 

これは、以前の私が実際に思っていたことでした。育児休業中に、今後のキャリアの選択肢の一つとして「転職」を考えましたが、実際に転職するかはわからなかったからです。

 

とりあえず目についた会社に登録すると、しばらくしてコンサルタントから電話がかかってきました。正直「めんどくさいな」と思ったのですが、実際に電話してみると自分の気持ちは180°変わっていました。

 

キャリアコンサルタントと話すときは、「今の現状」「これまでの経歴」「希望する年収」「勤務地」などについて詳しく話をします。

 

そもそも「転職するべきなのか」という段階で悩んでいた私は、ありのままを伝えました。「いまは転職したいのか自分でもわからない。転職するとしても、子どもがいるから難しいのではないか」と話したのです。

 

するとコンサルタントは、私の気持ちに寄り添いながらたくさんのアドバイスをくれました。「子どものいる看護師のキャリアについて」「病院・診療所の選び方」「今の病院を退職するべきか残るべきか」など、どのアドバイスも心に響きました。

 

このように、キャリアコンサルタントへの相談は、「転職する意思が固まっている」人だけでなく、「転職に興味があるが今すぐしたいのか自分でもわからない」という人にとっても非常に有益です。

 

自分のキャリアに悩んでいる人は、まずはコンサルタントと話してみましょう。きっと、問題解決の糸口が見つかります。

 

「強引な勧誘をされそう」「メールが大量に来たらどうしよう」という不安

 

誠実な「人材紹介会社」「キャリアコンサルタント」であれば、強引な加入や大量のメールなどの不安は無用です。

 

もちろん、中には質の悪い人材紹介会社が存在するのも事実です。そこで、そうした会社へ間違って登録しないために、当サイトではそれぞれの転職サイトの特徴を記載したうえで、優良な転職サイトだけを厳選して紹介します。

 

もし転職先が決まったら、「転職先が決まったからメールは送らないでほしい」と一言送れば問題ありません。このとき、決して嫌な顔はされません。

 

しっかりヒアリングしてくれた場合、キャリアコンサルタントからは、有益な、厳選された情報のみが送られてきます。これらの情報を目にするだけでも、自分の視野は広くなります。

 

「お金がかかったらどうしよう」という不安

 

この不安に対してお答えするには、まずは転職サイト(人材紹介会社)の仕組みについて理解する必要があります。

 

私たちが登録しようとしている「人材紹介会社」は、看護師と病院・診療所・その他職場を結びつけるための会社です。

 

私たちが、自分で求人を見つけようとすると非常に大変です。近所の病院に書いてある「看護師募集」のポスターをひたすら探すか、興味のある診療所に手当たり次第電話して「求人を募集していませんか」などと聞くしかありません。

 

そこで多くの看護師は、転職サイト(人材紹介会社)を活用します。

 

人材紹介会社は、看護師の求人情報を大量に持っています。その中から、私たち一人一人に合った就職先を紹介してくれるのです。

 

ただ、人材紹介会社は、看護師一人を紹介するごとに「紹介料」として、紹介先の職場(病院、診療所など)からお金をもらっているのです。

 

あくまでお金をもらうのは「就職先の職場から」ので、登録した私たち看護師に金銭的な負担が生じることは一切ありません。看護師は売り手市場です。私たちは堂々と、自分の希望する職場の条件を伝えればよいのです。

 

このように、転職サイトのキャリアコンサルタントは、無料で相談できるうえに、医療界・看護界の事情に精通した「看護師キャリア支援のスペシャリストたち」なのです。

 

今のキャリアに悩んでいる人は、転職する・しないに関わらず、転職サイトのキャリアコンサルタントに相談してみましょう。

 

自分の理想とするライフスタイルを手に入れるため、次に転職サイトごとの特徴や違いを学んでいきます。これを理解することによって、より自分にとって最適な求人を探せるようになります。

 

看護師転職サイト比較おすすめランキング:サイトの特徴と違い


サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト