看護師が行うべき夜勤前、夜勤後の過ごし方

 

日中の勤務と異なり、「夜勤」は本来寝ている時間帯である夜間に起きて働く勤務です。そのため、看護師の心身に大きな影響を与えます。また、夜勤中(特に朝方)は集中力も低下しやすく、医療事故を引き起こしやすいという特徴もあります。

 

夜勤に従事する看護師にとって、患者さん、そして自分自身を守っていくためには、勤務していない時間でいかに効果的な休養を取るかが非常に重要になります。

 

ここでは、夜勤前と夜勤後にどのような過ごし方をすれば適切な疲労回復を図ることができるか考えていきましょう。

 

夜勤前の過ごし方

 

夜勤前、「何時から」「どのくらいの時間」睡眠をとればよいかについては、個人差があります。はじめから心地よい睡眠リズムを見つけるのは難しいかもしれませんが、自分で試行錯誤しているうちにちょうどよい睡眠リズムが見つかります。

 

ちなみに管理人(2交代制勤務)の場合は、夜勤前は以下の睡眠リズムでした。

 

(前日夜)

 

AM 2:00〜3:00 就寝

 

(夜勤当日)

 

AM 11:00〜12:00 起床

 

PM 13:30 昼食

 

PM 14:00 入浴・準備

 

PM 15:00 出勤

 

このような睡眠リズムだと、出勤するぎりぎりまで眠っていられますし、まとまった睡眠がとれていたため身体が楽でした。また、夕食が何時に食べられるかわからなかったため(朝の3時まで食べられないこともありました)、昼食はなるべく遅めの時間に食べてから出勤していました。

 

いろいろ試してみながら自分に合った睡眠リズムを探していきましょう。

 

また、夜勤前に睡眠をとる際にはいくつか押さえておきたい点があります。どれも効果的な疲労回復を図るために重要ですので、意識して行うようにしてください。

 

<寝室の環境を整える>

 

夜勤前の睡眠は、本来ならば起きている時間帯にも眠っていることになるので、寝室の環境を整えておくことは非常に重要です。

 

まず、カーテンは遮光カーテンである必要があります。

 

朝になると、窓から朝日が入ってきます。人間は、朝日を浴びると体内時計がリセットされて目が覚めるようにできています。そのため、夜勤前の睡眠で「できるだけ長く眠りたい」と思っているときに朝日を浴びてしまうと、そこで体が覚醒して寝付けなくなってしまう場合があります。カーテンは必ず遮光にしましょう。

 

また、日中に睡眠をとる際は外の騒音が気になる場合もあります。夜間は静かでも、日中は車の音や工事の音が大きいために眠りにくいこともあります。そのため、「窓はしっかりと閉める」「目覚ましアラーム以外の電源はオフにしておく」「耳栓をする」など工夫し、なるべく静かな環境を作っていく必要があります。

 

さらに、疲労回復には、ソファや床の上ではなく、きちんとベッドや布団で眠ることが効果的です。

 

このように、日中睡眠をとる場合には、夜間の睡眠以上に寝室の環境に気を配る必要があります。

 

<リラックスする>

 

翌日の勤務のことを考え、なかなか寝付けない場合もあります。

 

そのような時には、「アロマオイルをたく」「ストレッチする」「好きな音楽を聴く」など、自分なりのリフレッシュ方法を見つけておくことが効果的です。

 

また、「眠らなくてはいけない」と思い過ぎるのもかえってストレスとなってしまう場合があります。夜勤前に仮眠しようと思って眠れない場合でも、静かに目を閉じて横たわっているだけでも体の疲れは取れるので、そのような時には無理に眠ろうとするのは避けましょう。

 

このように、夜勤前には、睡眠環境を整え、なるべくリラックスした空間を意識して作り出すことが必要となります。

 

夜勤明けの過ごし方

夜勤明けは、心身ともに疲れ果てている状態です。それに加え、長時間の緊張状態から解放されて緊張感がゆるんでいるために、事故にあいやすい時間帯でもあります。通勤の際は、十分に気をつけましょう。

 

それでは、夜勤明けの効果的な疲労回復方法について順番に見ていきましょう。

 

<家に帰ったらまず睡眠をとる>

 

家に帰ってから眠り始めるまでに時間があくと、興奮状態になってしまい入眠しにくくなることがあります。そのため、家に帰ったらまず眠りましょう。

 

非常に疲れているため、一度眠ったらぐっすりと深く眠り込んでしまうこともあります。しかし、半端な時間に目覚めるとそのあと夜眠れなくなってしまい、昼夜のリズムが崩れてしまいます。そのため、可能であればこのときの睡眠は3時間程度に抑えておきましょう。

 

<日中はなるべく普通に活動する>

 

3時間程度の睡眠をとった後は、なるべく起きて活動するようにしましょう。そうすることで、普通のリズムに近づけることができ、夜間も眠れるようになります。

 

なお、仮眠を取らずに夜勤明けでそのまま買い物などに行くと、判断力が鈍っており衝動買いをしやすいので注意しましょう。
夜勤明けで意識する点は、「なるべく普通のリズムで生活する」ことです。こうすることで、昼夜逆転せずに夜間しっかり眠れるため、効果的な疲労回復がしやすくなります。

 

夜勤は、特殊な勤務形態です。上述したような疲労回復方法を実践しながら、自分に合ったやり方で体を休めることができるようにいろいろと試してみてください。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、自分が住んでいる都道府県に強い転職サイトを選ぶ必要があります。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

看護師が行うべき夜勤前、夜勤後の過ごし方

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

看護師が行うべき夜勤前、夜勤後の過ごし方

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

看護師が行うべき夜勤前、夜勤後の過ごし方

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方

看護師が行うべき夜勤前、夜勤後の過ごし方 関連ページ

看護師における3交代制、2交代制のメリットとデメリット
【看護師体験談】3交代制と2交代制、どちらで働きますか?
看護師:夜勤をすることが「健康」「生活」「安全」に与える影響
病棟看護師が知っておくべき「夜勤」のルール
病棟看護師が夜勤をするうえで知っておきたい「72時間ルール」とは
夜勤時に「仮眠」が必要な4つの理由
夜勤専従看護師の給料や雇用形態・求人について
体験談から学ぶ夜勤専従のメリット・デメリット
看護師が知っておきたい夜勤中の食事とダイエット
夜勤看護師が勤務中に適切な休憩を取る方法
看護師における「夜勤」と「当直」「待機」の違いとは
看護師が知りたい! 理想の結婚相手の見つけ方
看護師が結婚する年齢は? 看護師の婚期について
「医師」と「看護師」が結婚することのリアルが知りたい!
看護師が結婚した後の働き方:同じ職場? それとも転職・退職?
看護師が結婚した後の働き方:クリニック看護師という選択肢
看護師が結婚した後の働き方:美容クリニック看護師
結婚した看護師が知っておきたい「派遣看護師」という働き方
結婚した看護師必見! 「扶養内パートタイマー」という働き方
ナースマンが知りたい! 男性看護師の恋愛・結婚事情
妊娠中の看護師が知っておきたい産前・産後休暇について
法律的には免除されていない「妊娠中の夜勤」
妊娠初期の看護師が働くときに注意すること:つわりや夜勤対策
妊娠中期の看護師が働くときに注意すること
妊娠後期の看護師が働くときに注意すること
看護師がスムーズに産休に入るためにやっておくこと
妊娠中の看護師が働く上で「大変なこと」と「対応法」
産休・育休後どうする? 育休後看護師の選択肢と働き方
「時短」を取った看護師の働き方、手取り給料は?

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト