看護師における3交代制、2交代制のメリットとデメリット

 

病院で働く看護師は、基本的には交代勤務となります。特に病棟勤務の看護師の場合には夜勤を含めた勤務形態となるため、病院で勤務するうえでは交代勤務についての知識をもつことが不可欠となります。

 

病棟における交代勤務ですが、基本的には3交代制2交代制の2種類があります。病院によって、または病棟によって、どちらを採用しているかが異なります。

 

どちらがよいかについては、一概には言えません。自分に合うのはどのような交代制なのか、3交代制と2交代制のメリット・デメリットを認識した上で就職先を考えていく必要があります。

 

それぞれの特徴について、順番にみていきましょう。

 

3交代制の特徴

 

3交代制勤務とは、基本的には「日勤」「準夜勤」「深夜勤」の3通りの勤務形態で働くことです。

 

3交代制勤務では、24時間を3等分にして考えます。つまり、1回のシフトでの勤務時間は8時間が基本です。

 

ある3交代制の病棟における勤務時間を例に出します。

日勤:8:00〜16:30
準夜勤:16:00〜0:30
深夜勤:0:00〜8:30

 

それぞれの勤務終了時間が「30分」となっているのは、次のシフト担当者との引き継ぎ時間が入っているからです。

 

なお、基本的には「日勤」「準夜勤」「深夜勤」の3種類の勤務形態ではありますが、部署によっては人手が不足する朝や夕方の時間に合わせて「早番」「遅番」などの勤務形態を取り入れているところもあります。そのため、実際には5種類かそれ以上の種類の勤務形態をこなすことになります。

 

<3交代制のメリット>

 

3交代制のメリットは、1回の勤務時間が8時間と短いことです。そのため、勤務中は集中力を持続させることができます。特に高い集中力を要求されるICUなどの集中治療領域においては、これ以上の勤務時間だと医療事故を起こす可能性が高くなってしまいます。

 

<3交代制のデメリット>

 

3交代制のデメリットは、連休が少ない点です。

 

例えば3交代制では、「休み」→「深夜勤」のようなシフトがあります。この場合「休み」というシフトになってはいるものの、翌日が深夜0:00から働かなくてはいけないため、実際には夕方から仮眠をとるなどして次の勤務に備えなくてはいけません。その結果、シフト上は「休み」だけれども、丸一日プライベートに費やすことは困難になります。

 

また、病院によっては「日勤」→「深夜勤」や「準夜勤」→「日勤」といったシフトがある場合があります。

 

これらのシフトは一見、次の勤務まで8時間空いているので休めるように思いますが、実際にはそうはいきません。時間外労働や通勤などに時間がとられる上、ご飯を食べたり入浴をしたりしていると仮眠時間はほとんどなくなってしまう場合があります。

 

その結果、ほとんど寝ないまま次のシフトに突入しなくてはいけなくなります。このことは看護師の健康を大きく害しますし、集中力が低下して医療事故のリスクも高まるため大変危険です。

 

<3交代制の病院(病棟)を選ぶうえでの注意点>

 

日本看護協会では、「夜勤・交代勤務に関するガイドライン」の中で、「勤務と勤務の間は11時間以上あける」ことを推奨しています。

 

しかし、これは推奨しているだけであって、法的拘束力はありません。そのため、病院によっては人手不足などにより、次の勤務まで8時間しか空かないようなシフトの組み方をしているところもあります。

 

次の勤務までが8時間未満だと、先述したように看護師の健康を害する上に医療事故のリスクも高まります。

 

そのため、3交代制の病院を選ぶときには、勤務と勤務の間を11時間以上空けているシフトを作成しているか確認する必要があります。

 

2交代制の特徴

 

3交代制では、基本的には「日勤」「準夜勤」「深夜勤」という3種類の勤務形態でした。

 

2交代制の場合は、「準夜勤」と「深夜勤」が合体して16時間の「夜勤」となります。つまり、8時間の「日勤」と16時間の「夜勤」の2通りの勤務形態をとるという点が、2交代制の特徴です。

 

ちなみに、2交代制の場合も、病院(病棟)によっては「早番」「遅番」があったり、16時間の「夜勤」もするけれども「準夜勤」や「深夜勤」の時もあったりというように、実際の勤務形態にはさまざまな種類がある場合が多いです。

 

ある2交代制の病棟における勤務時間を例に出します。

日勤:8:00〜16:30
夜勤:16:00〜8:30

 

3交代制の場合と同じく、勤務終了が「30分」となっているのは、次のシフト担当者への引き継ぎが必要なためです。

 

<2交代制のメリット>

 

2交代制勤務のメリットは、連休が取りやすいためプライベートを充実させやすいという点です。

 

16時間「夜勤」は、1度の出勤で2日分働くことになります。また、3交代制と違って「休日のあとの深夜勤」といった勤務はほとんどないため、休日は丸一日プライベートの時間を確保できます。

 

<2交代制のデメリット>

 

一方、デメリットは夜勤の拘束時間が長すぎるという点です。

 

先進諸国の中で看護師の16時間勤務を行っているのは日本だけです。長すぎる夜勤は、判断力や作業能力をかなり低下させます。十分な休養をとらないまま夜勤をすると、真夜中から朝方にかけて作業能力が低下し、酒気帯び状態で同じ作業をさせた場合よりも作業能力が落ちてしまうという報告があります。

 

また、医療事故の発生するリスクも増加します。看護師の健康を害するのはもちろん、夜勤明けに極度の疲労状態のなか運転して帰宅することで、交通事故も増えるともいわれています。

 

看護師のプライベート面を考慮するならば魅力的な2交代制ですが、長時間労働に伴うデメリットも知っておかなくてはいけません。

 

12時間シフトについて

 

先述したように、先進諸国では12時間を超える労働を課している国は日本以外ありません。16時間勤務というのは、人員不足という現実の中、少しでも看護師のプライベートな時間を生み出そうとして開発された苦肉の策です。しかし、看護師の健康面や医療安全面を考慮すると必ずしも適切とはいえません。

 

そのため、最近では12時間シフトのトライアルを開始している病院もあります。

 

12時間シフトとは、「日勤」「夜勤」の2通りの勤務をそれぞれ12時間従事する勤務形態です。

 

12時間シフトを導入すると、長時間労働を避けることができます。しかしその代り、例えば日勤が8:00〜20:00になってしまいます。患者さんの朝から晩まですべてみなくてはいけなくなってしまうため、業務量が増えてしまうのではないかと危惧する声もあります。

 

そのため、12時間シフトに関しては、「早番」「遅番」などの勤務形態をうまく取り入れながら、業務量が偏りすぎないように調節していくことが必要です。

 

このように、交代制勤務にはまだまだ改善すべき点が多くあります。日本看護協会も、看護師がより働きやすい勤務形態を実現できるよう努力してはいますが、まだまだ現場に浸透していないのが現状です。

 

勤務形態を含めた看護師の労働環境は、病院によって大きく異なります。そのため、就職・転職の際には、「どのような勤務形態か」「勤務と勤務の間は11時間以上あいているか」「残業時間はどのくらいか」などを注意してみていく必要があります。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、自分が住んでいる都道府県に強い転職サイトを選ぶ必要があります。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

看護師における3交代制、2交代制のメリットとデメリット

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

看護師における3交代制、2交代制のメリットとデメリット

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

看護師における3交代制、2交代制のメリットとデメリット

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方

看護師における3交代制、2交代制のメリットとデメリット 関連ページ

【看護師体験談】3交代制と2交代制、どちらで働きますか?
看護師:夜勤をすることが「健康」「生活」「安全」に与える影響
病棟看護師が知っておくべき「夜勤」のルール
病棟看護師が夜勤をするうえで知っておきたい「72時間ルール」とは
夜勤時に「仮眠」が必要な4つの理由
夜勤専従看護師の給料や雇用形態・求人について
体験談から学ぶ夜勤専従のメリット・デメリット
看護師が行うべき夜勤前、夜勤後の過ごし方
看護師が知っておきたい夜勤中の食事とダイエット
夜勤看護師が勤務中に適切な休憩を取る方法
看護師における「夜勤」と「当直」「待機」の違いとは
看護師が知りたい! 理想の結婚相手の見つけ方
看護師が結婚する年齢は? 看護師の婚期について
「医師」と「看護師」が結婚することのリアルが知りたい!
看護師が結婚した後の働き方:同じ職場? それとも転職・退職?
看護師が結婚した後の働き方:クリニック看護師という選択肢
看護師が結婚した後の働き方:美容クリニック看護師
結婚した看護師が知っておきたい「派遣看護師」という働き方
結婚した看護師必見! 「扶養内パートタイマー」という働き方
ナースマンが知りたい! 男性看護師の恋愛・結婚事情
妊娠中の看護師が知っておきたい産前・産後休暇について
法律的には免除されていない「妊娠中の夜勤」
妊娠初期の看護師が働くときに注意すること:つわりや夜勤対策
妊娠中期の看護師が働くときに注意すること
妊娠後期の看護師が働くときに注意すること
看護師がスムーズに産休に入るためにやっておくこと
妊娠中の看護師が働く上で「大変なこと」と「対応法」
産休・育休後どうする? 育休後看護師の選択肢と働き方
「時短」を取った看護師の働き方、手取り給料は?

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト