手足口病の治療

 

 

手足口病の特効薬はありません。そのため、基本的には対処療法となります。高熱が続いてつらい場合には解熱剤が、下痢症状がみられる場合には整腸剤が処方される場合もあります。

 

高熱がでていても、活気が保たれており、水分を取ることができていれば心配いりません。しかし水分を取ることができず、尿が出なくなってきたときには脱水が疑われるので、補液等の治療が必要になることがあります。

 

 

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト