看護師受験資格を得る3年課程と4年課程の違い

 

看護師は、看護師国家試験を受けて合格した人にだけ与えられる「国家資格」です。

 

看護師国家試験は、誰でも受験できるわけではありません。決められた教育機関で看護師になるための勉強をしたうえで、はじめて看護師国家試験を受けることができるのです。

 

それでは、看護師になるためには、どこでどのような勉強をする必要があるのか。看護師になるためのルートは複数あり、3年課程と4年課程という大きく2つに分けられます。

 

看護師になるための進路

看護師になるには、4年制大学または3年以上の教育を受けて、看護師国家試験に合格する必要があります。

 

看護師になるための進路コースについては、以下の図を確認してください。

この図から分かるように、看護師になるためには、高校を卒業した後で「看護大学(4年)」「看護短期大学(3年)」「看護師養成所(看護専門学校など:3年)」に通って勉強や実習などを行いながら、看護師国家試験を受けるために必要な単位をとる必要があります。

 

中学校を卒業した後で「5年一貫看護師養成課程校」に通うという方法もありますが、5年一貫看護師養成課程校の学校数は少ないため、このコースを取る人はあまりいません。

 

また、近年は医療の高度化・複雑化が進んでいます。看護師もそれに対応すべく、より高い専門性や高度な知識、技術が求められるようになってきました。そのため、看護大学の数は昭和50年には10校しかなかったにも関わらず、平成26年度には228大学になるなど、右肩上がりで増えてきています。

 

3年課程と4年課程の違い

 

「看護短期大学」「看護師養成所(看護専門学校)」の3年課程と「看護大学」の4年課程のどちらで学んでも、看護師国家試験を受けるための資格を得ることはできます。

 

それでは3年課程と4年課程の違いは何かというと、保健師の資格が取得できるかどうかです。

 

保健師になるためには、1年以上保健師になるための教育を受けたうえで保健師国家試験に合格する必要があります。そのため、看護大学では、4年間の間に保健師国家試験を受けるための単位も取ることができるのです。

 

大学によっては助産師、養護教諭1種の資格を得るための単位も取ることができます。ただし、助産師は専門性が高い職種であるため、4年間で取ろうとすると朝から晩まで講義でびっしりになります。そのため、最近では助産師の資格は大学院進学後に取得する道もできました。

 

3年課程と4年課程のどちらでも看護師資格は取得することができるため、自分の状況に合わせて進路を選択してよいと思います。

 

ただ、もしどちらにでも行ける状況なのであれば、私個人的には看護大学(4年課程)をお勧めします。

 

例えば、より高度な医療を学ぶために看護師の資格をキャリアアップさせ、専門看護師の資格を取ろうと考えたとします。このとき、大学院に進学する必要も出てきます。大学院に進むには大学卒業の要件が必須であるため、将来のステップアップを考えるのであればはじめから看護大学に進学したほうが良いでしょう。

 

社会人経験者の看護師

 

なお、看護師の特徴として社会人経験者が多いということがあります。

 

看護とは全く関係のない分野の大学、職業についていたけれども、社会人経験を経た後で看護学校に入学する人は多いです。看護学校には、「社会人枠」を備えているところも多いため、他の大学に比べるとさまざまな年齢層の人がいるのも看護学校の特徴であると思います。

 

そのため、看護学校は年齢差にはあまりとらわれずに和気あいあいとした雰囲気のところが多いです。

 

実習中や新人看護師の頃には、社会人経験者の方は自分より年下の看護師から指導されることに複雑な思いを持つこともあるかもしれません。

 

しかし、社会人を経験したことで得た豊富な経験は必ず看護業務に活きてきます。看護師は、さまざまな状況に置かれた患者さんや家族を相手にする仕事です。そのため、豊かな人生経験から生まれた「相手に対する深い共感や寄り添う心」はとても大きな武器になります。

 

このように、一見遠回りのようにも見える社会人経験ですが、看護師として働く上ではすべてが意味のあるものになります

 

社会人経験者で看護師を目指す方は、ぜひ自分の社会人経験を生かして、自分にしかできない看護をしていただけたらと思います。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、「対応エリア」「扱っている仕事内容」に注意して探さなくてはいけません。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

看護師受験資格を得る3年課程と4年課程の違い

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

看護師受験資格を得る3年課程と4年課程の違い

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

看護師受験資格を得る3年課程と4年課程の違い

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト