助産師資格と業務内容

 

看護師に関連した資格はいくつかあります。例えば、保健師助産師准看護師などがそれにあたります。今回はこのページでは助産師の資格とその役割についてみていきましょう。

 

助産師は「妊娠・出産を行う女性」「産後の女性」「新生児の健康を守るスペシャリスト」です。助産師が存在することで、女性にとって重要な出産という一大イベントを安心して迎えることができるようになるのです。

 

助産師資格の法的位置づけと業務内容

 

助産師の資格は、看護師と同じく国家資格です。国家資格であるため、助産師になるためには「助産師国家試験」を受けなければいけません。また、注意しなくてはいけない点として、助産師になるためには看護師国家試験にも合格していることが大前提となります。助産師国家試験に合格しても、看護師国家試験が不合格であると助産師にはなれないのです。

 

「助産師」という仕事で真っ先に思い浮かぶのは、出産中の女性をサポートしている助産師の姿ではないでしょうか。これは、助産師の業務内容の中で「助産」と呼ばれるものです。

 

助産とは、その言葉通りお産を助けることを意味しています。分娩が始まってから終わるまでの間に、産婦さんに対して諸々の処置を行って出産をサポートするのが助産師の大きな役割の一つなのです。

 

他の業務内容としては妊婦、褥婦(産後の女性)や新生児の保健指導が挙げられます。「保健指導」というと少しわかりづらいですが、具体的には順調に妊娠が経過しているか、産後の体が戻ってきているかどうか、新生児に何か異常がないか、正常に発育できているかを観察していくのが仕事であるといえます。

 

また、育児指導や思春期・更年期の性に関する相談、不妊治療を行っている夫婦の相談など、女性の生涯にわたる健康問題についても関わります。

 

助産師資格については保健師助産師看護師法(保助看法)と呼ばれる法律の第3条に規定されています。

 

【助産師の定義】

 

この法律(保健師助産師看護師法)において「助産師」とは「厚生労働大臣の免許を受けて、助産又は妊婦、褥婦若しくは新生児の保健指導を行うことを業とする者」と定義されています。

 

なお、保助看法において、助産師は女性しかなることができないという決まりになっています。(ちなみに産婦人科医は男性でもなることができます)

 

助産所について

助産師という資格の特徴としては、助産所を開業できるということがあります。助産所とは、助産院のことです。

 

助産院以外でお産を行うことのできる施設には、病院、診療所の産科、産婦人科などがあります。これらの施設には産婦人科医がいて医療行為(帝王切開、会陰切開など)を行うことができるのが特徴です。

 

それに対して助産所は医師がいないので、医療行為を行うことができません。そのため、正常な妊娠・分娩の場合は助産所での出産が可能ですが、医療行為が必要になった場合には連携している医療機関に行くことが必要になります。

 

助産院の特徴としては、妊娠初期から出産まで同じ助産師が担当するため安心感があることや、アットホームな雰囲気の助産院が多いところ、そして自由な出産ができる(水中出産など)という特色のある施設が多いことが挙げられます。

 

このように、助産師は妊娠・出産のスペシャリストとして医師と同等の資格を有することができるのです。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、自分が住んでいる都道府県に強い転職サイトを選ぶ必要があります。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

助産師資格と業務内容

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

助産師資格と業務内容

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

助産師資格と業務内容

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト