妊娠初期の看護師が働くときに注意すること:つわりや夜勤対策

妊娠初期の看護師が働くときに注意すること:つわりや夜勤対策

 

妊娠初期は、「妊娠したことへの不安や喜び」「日に日に変化していく体」など、向き合っていかなくてはいけないことがたくさんあります。妊娠期間全体を通しても、心身共に不安定になりやすい時期が妊娠初期なのです。

 

そんな中、妊娠初期の看護師を一番悩ませる問題は、「看護師の仕事とどのように向き合っていこうか」ということではないでしょうか。

 

看護師は、心身共にハードな仕事です。そのため、「妊娠してからどのように働いたら良いのか分からない」と悩む人はたくさんいます。

 

今回は、妊娠初期の看護師が働くときに注意すべきことをお伝えしていきます。私自身の経験も踏まえて書いていますので、参考にしてみてください。

 

まずは、妊娠初期の特徴について見ていきましょう。

 

妊娠初期の特徴

 

妊娠初期は、0週〜15週目のことをいいます。この時期は、受精卵がすごい勢いで細胞分裂を繰り返している時期です。たった1つの受精卵に過ぎなかった胎児(胎芽)は、すさまじいはやさで「心臓」「手足」などの重要なパーツを作っていきます。

 

この時期はまだ、妊婦に見かけ上の変化はありません。お腹も大きくなっていないので、ぱっと見ただけでは妊娠していると気づかれないほどです。

 

しかし、体の中では劇的な変化が起きているのです。この劇的な変化により、妊婦の体内では「心臓の負荷が増える」「ホルモンの分泌が変わることによる体調の変化」などが起こります。

 

その結果、「つわり」「息切れ」「動悸」「貧血」「便秘」などさまざまな症状が出現します。もちろん症状の出方は個人差がありますが、多かれ少なかれ妊娠初期の妊婦はさまざまなマイナートラブルを抱えながら生活しているのです。

 

つわりが重い看護師が働くうえでの工夫

 

妊娠初期に出現するさまざまな症状は、どれも日常生活に大きな影響が出ます。その中でも「つわり」は、多くの妊婦が経験する辛い症状の一つです。

 

つわりの症状が出ると、24時間二日酔いのような状態になってしまいます。ひどい場合には水すらも嘔吐してしまうような状態が続きます。においにも敏感になり、「米の炊いたにおいが苦手」「香辛料のにおいが無理」などの症状も出ます。

 

しかし病棟で働く看護師には、「配膳」「食事介助」「経管栄養」などの、患者さんの食事に関わる業務があります。

 

これらの業務は元気なときには何も問題がありませんが、つわりのときには大きな負担となります。「食品を見ること」「食事のにおい」が耐えられないのです。

 

経管栄養を用意するときであっても、温めた経管栄養剤のにおいだけで吐き気を催してしまう場合もあります。

 

対応法としては、まずはなるべく食事に関わる業務を代わってもらうということが挙げられますが、人手不足などの理由により現実的には難しい場合が多いです。

 

そのため、食事に関わる業務をするときにはマスクを2重にするなどの対策をとりましょう。私も実際にこの方法をしていましたが、においが軽減される分少しは楽になりました。

 

また、少量ずつ頻回に食べるという方法も、つわり中の看護師が働く上で工夫したいことの一つです。

 

特に食べづわりの人は、空腹感を感じると吐き気が強くなります。そのため、「小さなおにぎり」「パックタイプのゼリー」「クッキー」など、口にできそうなものをあらかじめ用意しておき、業務の間に少しずつ食べることにしましょう。

 

つわりの際、一度にたくさん食べようと思うと難しいかもしれませんが、少量ずつ頻回であれば食べられることもあります。

 

妊娠初期に辛い「動悸」「貧血」への対応法

 

妊娠すると、循環血液量が急激に増えます。妊娠30週頃には循環血液量が非妊娠時の40〜50%にも及ぶほどです。

 

特に妊娠初期の循環血液量の増加はめざましいため、人によっては動機や貧血などの症状がひどくなる場合があります。立ち仕事の看護師にとって、これらの症状は非常に辛いものです。

 

私の妊娠中は、動悸の症状がひどく出ました。一方、同じ時期に妊娠した同僚は貧血の症状がひどく、立ちっぱなしが続いて倒れてしまったこともありました。

 

人それぞれ、症状の出方は異なります。大事なのは、自分の症状を把握し、無理せずに業務にあたるということです。

 

動悸や貧血症状が辛い人は、なるべく座って仕事ができるように調整していく必要があります。

 

例えば、「申し送りの時は座る」「タイミングを見て休憩室に入り、2,3分でも良いので座る」「記録は座りながら」などを心がけていきましょう。

 

妊娠初期に夜勤をするということ

 

妊娠が分かったとき、「夜勤をどうしよう」と悩む看護師は多いです。これは、夜勤をすることで赤ちゃんに影響がでることを懸念するためです。

 

妊娠中に最も避けたいことに、流産が挙げられます。

 

しかし妊娠初期の流産は、受精卵の遺伝子異常など、赤ちゃん側に原因があることがほとんどです。そのため、夜勤をしてもしていなくても、流産のリスクに変わりは無いとされています。

 

このような理由により、もしも夜勤を継続したいと思う人がいれば、体調と相談しながら夜勤を継続することは可能です。

 

ですが、「体調が悪くて夜勤に耐えられない」「夜勤をすることへの不安が強い」といった場合には、無理せずに上司と相談してみましょう。

 

実際に私の場合も、妊娠初期は「心拍の確認」がとれるまで夜勤を免除してもらいました。お腹が張っており、「切迫流産疑い」という診断名がつけられたのがきっかけです。

 

心拍確認前の妊娠超初期であったため、本当に「切迫流産疑い」であったのかはわかりません。今になって思えば、かかりつけの医師が「看護師という仕事のハードさ」を分かった上で、少しでも休ませようと「切迫流産」という診断をくれたのだとも考えられます。

 

この医師の診断書があったおかげで、私はスムーズに夜勤を免除してもらうことができました。夜勤が無いことで心理的なストレスが軽くなり、「赤ちゃんのためにやれることはやった」と思えたため、今では医師にとても感謝しています。

 

このように、頭では「今の時期の夜勤は赤ちゃんに影響が無い」と分かっていても、心情的に夜勤をすることに抵抗を感じる人も多いです。

 

お腹の赤ちゃんを守るために、悔いの無い選択をしていく勇気を持ちましょう。

 

これまで見てきたように、妊娠初期は体調が激変する時期です。また、人によって症状の出方は全然違うため、「妊娠中の○○さんは出来ているから私もやらなくてはいけない」などと考える必要はありません。妊娠の経過は一人一人全然違うのです。

 

大切なことは、まず自分の症状をきちんと把握することです。

 

そのうえで症状・体調に合わせた対応法を考え、実践していきましょう。

 

なお、職場に対する妊娠報告をどのタイミングでするかについては、個人により意見が分かれるところだと思います。

 

私は、「師長への報告は妊娠が発覚してから」「他のスタッフへの報告は心拍の確認が出来たら」をお勧めします。

 

このタイミングは、人によっては「早い」と感じるかもしれません。確かに、妊娠初期は流産の可能性も高く、安定期に入るまでは公表しないでおきたいという気持ちも分かります。

 

しかし、妊娠初期は体調が最も優れない時期です。そのため、真っ青な顔で「大丈夫です」と言いながら働くのであれば、はじめから公表してしまった方が周りの援助を得られるのではないかと思います。

 

自分と赤ちゃんを守っていけるように、自分が働きやすい環境を作るよう心がけていきましょう。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、自分が住んでいる都道府県に強い転職サイトを選ぶ必要があります。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

妊娠初期の看護師が働くときに注意すること:つわりや夜勤対策

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

妊娠初期の看護師が働くときに注意すること:つわりや夜勤対策

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

妊娠初期の看護師が働くときに注意すること:つわりや夜勤対策

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


妊娠初期の看護師が働くときに注意すること:つわりや夜勤対策 関連ページ

看護師における3交代制、2交代制のメリットとデメリット
【看護師体験談】3交代制と2交代制、どちらで働きますか?
看護師:夜勤をすることが「健康」「生活」「安全」に与える影響
病棟看護師が知っておくべき「夜勤」のルール
病棟看護師が夜勤をするうえで知っておきたい「72時間ルール」とは
夜勤時に「仮眠」が必要な4つの理由
夜勤専従看護師の給料や雇用形態・求人について
体験談から学ぶ夜勤専従のメリット・デメリット
看護師が行うべき夜勤前、夜勤後の過ごし方
看護師が知っておきたい夜勤中の食事とダイエット
夜勤看護師が勤務中に適切な休憩を取る方法
看護師における「夜勤」と「当直」「待機」の違いとは
看護師が知りたい! 理想の結婚相手の見つけ方
看護師が結婚する年齢は? 看護師の婚期について
「医師」と「看護師」が結婚することのリアルが知りたい!
看護師が結婚した後の働き方:同じ職場? それとも転職・退職?
看護師が結婚した後の働き方:クリニック看護師という選択肢
看護師が結婚した後の働き方:美容クリニック看護師
結婚した看護師が知っておきたい「派遣看護師」という働き方
結婚した看護師必見! 「扶養内パートタイマー」という働き方
ナースマンが知りたい! 男性看護師の恋愛・結婚事情
妊娠中の看護師が知っておきたい産前・産後休暇について
法律的には免除されていない「妊娠中の夜勤」
妊娠中期の看護師が働くときに注意すること
妊娠後期の看護師が働くときに注意すること
看護師がスムーズに産休に入るためにやっておくこと
妊娠中の看護師が働く上で「大変なこと」と「対応法」
産休・育休後どうする? 育休後看護師の選択肢と働き方
「時短」を取った看護師の働き方、手取り給料は?

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト