ナースマンが知りたい! 男性看護師の恋愛・結婚事情

ナースマンが知りたい! 男性看護師の恋愛・結婚事情

 

看護師は「日勤」「夜勤」などの多様な勤務形態の中で働くことが多い仕事です。そのため、看護師として働く人が恋愛や結婚をしようと思ったときには、勤務形態やキャリアプランについてパートナーに知っておいてもらう必要があります。

 

また、看護師は働き方の選択肢も広いです。そのため、結婚後には奥さんとのライフスタイルをすりあわせながら、働き方を自由に考えていくことができます。

 

今回は、看護師として働く男性の恋愛・結婚事情について、私が看護師時代に出会ったたくさんのナースマン達からの生の声を元に、お話していこうと思います。

 

男性看護師が恋愛するときに苦労すること

 

男性看護師が恋愛するとき、以下のような悩みを持つことが多いそうです。

 

土日休みの彼女とすれ違ってしまう

 

特に総合病院に勤務している看護師の場合、夜勤などの交替制勤務で働くことになります。そのため、休みは不定期になります。

 

その結果、もしも彼女が土日休みだった場合、休みが重ならずにすれ違ってしまう可能性があります。

 

彼女が土日休みだった場合には、「土日に休み希望を出す」「長期の連休で休みを合わせる」など、2人の時間を確保していくための工夫が必要です。

 

交替制勤務への理解が得られない

 

また、夜勤などの交替制勤務への理解が得られにくいことも看護師の辛いところです。

 

実際に私の友人の男性看護師は、当時付き合っていた彼女から「夜勤中に連絡が取れなくなるのが辛い」と言われてしまったそうです。夜勤勤務について伝えてもなかなか理解されず、最終的には別れてしまったとのことでした。

 

逆に、彼女が交替制勤務に理解を示してくれた場合には、二人の関係もうまくいく場合が多いそうです。

 

別の男性看護師は土日休みの彼女と付き合っていましたが、「仮眠はとても大事だから、メールの返信は気にしなくていいからね」と、夜勤勤務に理解を示してくれていたと話していました。2人は今では結婚しています。

 

交替制勤務の中働く男性看護師が彼女とうまく付き合っていくには、特殊な勤務形態を理解してもらうことが欠かせません。

 

「女性が多い職場」ということへの不安を抱かれる

 

看護師は、女性が多い職場です。職場によっては、「男性看護師は自分一人だけ」という場合もあります。

 

そのため、「女性が多いから浮気されてしまうのではないか」と心配されたり、「飲み会には極力行かないで欲しい」などと嫉妬されたりする場合も多いそうです。

 

また、直接的にこのようなことを言わない彼女でも、内心は「大丈夫かな」心配していることもあります。

 

看護師として働く以上、女性が多い環境というのは変えられないです。そのため、看護師として働きながら彼女といい関係を築いていくためには、なるべく彼女を不安にさせないような心配りが必要になります。

 

もちろん、「職場の関係だから」と理解を示してくれ、そのような心配を全くしない女性もいます。ですが、不安になってしまいがちな女性に対しては、「なるべくこまめに連絡を取る」「あなたが一番大切ということを言葉で伝える」などの工夫をするとよいでしょう。

 

時には、仲の良い同僚を彼女に紹介することも効果的です。

 

男性看護師の結婚事情:結婚後のキャリアプランや働き方

 

たくさんの苦労を乗り越え結婚すると、その後には「これからどうやって働いていこうか」という問題が出てきます。

 

看護師は、ライフステージに合わせて自由に働き方を選択できます。そのため、結婚した後には、家庭と仕事を両立させることができるような働き方をすることも可能なのです。

 

それでは、私の知っている男性看護師の、結婚後の働き方の実例を紹介していこうと思います。

 

夜勤専従看護師として働く

 

総合病院で働くAさんは、もともと外科病棟で働いていました。夜勤もこなし、交替制勤務をバリバリとこなしていたのです。

 

ですが、結婚後、Aさんは「このままの働き方でよいのだろうか」と悩むことになります。なぜなら今までの働き方では、土日休みの奥さんと二人の時間を過ごすことができなくなってしまうからです。実際に二人の休みが重なるのは1か月のうちで1、2回しかありませんでした。

 

そこでAさんは、今までと同じ病棟で夜勤専従をメインとした勤務をすることにしました。

 

夜勤専従は、1回の勤務で2回分の勤務をすることになります。そのため休日の数は増え、奥さんと一緒に過ごす時間も増やすことができました。

 

「子どもができたらまた働き方を考えるけど、しばらくは夜勤専従でいこうかな」とAさんは話していました。

 

産業保健師に転職したBさん

 

Bさんは、もともと総合病院の内科病棟に勤務していました。Bさんは内科病棟での勤務にやりがいを感じていましたが、「持病の腰痛が悪化した」「結婚することになった」という2つの理由により、転職を考えるようになります。

 

悩んだ末にBさんが選んだのは、一般企業に勤務する産業保健師の仕事でした。

 

産業保健師は、今まで内科病棟で培ってきた知識やスキルを生かすことができる上に、「日勤のみ」「土日休み」「給料が良い」という3拍子が揃っていたからです。

 

今でもBさんは、同じ企業で産業保健師として働いています。

 

結婚というのは大きなイベントです。そのため、結婚を機に今までの生き方や働き方を見直す人はたくさんいるでしょう。

 

ですが、看護師は自由に働き方を選べる仕事なのです。結婚した後の働き方も、ぜひ自由に思い描いてみてください。

 

看護師が、自分のキャリアを追求しながら家庭とのバランスを取っていく方法はいくつもあるのです。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、自分が住んでいる都道府県に強い転職サイトを選ぶ必要があります。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

ナースマンが知りたい! 男性看護師の恋愛・結婚事情

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

ナースマンが知りたい! 男性看護師の恋愛・結婚事情

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

ナースマンが知りたい! 男性看護師の恋愛・結婚事情

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


ナースマンが知りたい! 男性看護師の恋愛・結婚事情 関連ページ

看護師における3交代制、2交代制のメリットとデメリット
【看護師体験談】3交代制と2交代制、どちらで働きますか?
看護師:夜勤をすることが「健康」「生活」「安全」に与える影響
病棟看護師が知っておくべき「夜勤」のルール
病棟看護師が夜勤をするうえで知っておきたい「72時間ルール」とは
夜勤時に「仮眠」が必要な4つの理由
夜勤専従看護師の給料や雇用形態・求人について
体験談から学ぶ夜勤専従のメリット・デメリット
看護師が行うべき夜勤前、夜勤後の過ごし方
看護師が知っておきたい夜勤中の食事とダイエット
夜勤看護師が勤務中に適切な休憩を取る方法
看護師における「夜勤」と「当直」「待機」の違いとは
看護師が知りたい! 理想の結婚相手の見つけ方
看護師が結婚する年齢は? 看護師の婚期について
「医師」と「看護師」が結婚することのリアルが知りたい!
看護師が結婚した後の働き方:同じ職場? それとも転職・退職?
看護師が結婚した後の働き方:クリニック看護師という選択肢
看護師が結婚した後の働き方:美容クリニック看護師
結婚した看護師が知っておきたい「派遣看護師」という働き方
結婚した看護師必見! 「扶養内パートタイマー」という働き方
妊娠中の看護師が知っておきたい産前・産後休暇について
法律的には免除されていない「妊娠中の夜勤」
妊娠初期の看護師が働くときに注意すること:つわりや夜勤対策
妊娠中期の看護師が働くときに注意すること
妊娠後期の看護師が働くときに注意すること
看護師がスムーズに産休に入るためにやっておくこと
妊娠中の看護師が働く上で「大変なこと」と「対応法」
産休・育休後どうする? 育休後看護師の選択肢と働き方
「時短」を取った看護師の働き方、手取り給料は?

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト