看護師が結婚する年齢は? 看護師の婚期について

看護師が結婚する年齢は? 看護師の婚期について

 

看護師として働いている方も、これから働くという方も、一度は抱く疑問があります。それが、「看護師って何歳くらいで結婚する人が多いのだろう」という疑問です。

 

そこで今回は、看護師は何歳くらいで結婚するのかというテーマについて、私自身や看護師仲間の実例を元にお話していこうと思います。

 

日本人の平均初婚年齢は、年々遅くなっている

 

看護師が結婚する年齢についてお話しする前に、まずは日本人の平均初婚年齢についてみていきましょう。

 

日本人の平均初婚年齢は、厚生労働省が出している「人口動態統計」という調査結果から知ることができます。それによると、平成27年度の平均初婚年齢は、男性31.1歳、女性29.4歳という結果になっています。

 

10年前の平成17年のデータでは、男性29.8歳、女性28歳であることから、日本人が結婚する年齢はどんどん遅くなっているということができます。

 

では、看護師の世界はどうなっているのでしょうか。

 

看護師の婚期は二極化している

 

看護師の婚期についてまとめた調査はありません。ですが、私が今まで出会ってきた百人近い看護師の様子を見ると、看護師の婚期というのは二極化しているということができます。「早くに結婚する人」と、「ある程度のキャリアを積んだ後に結婚する人」に分かれるのです。

 

それでは、それぞれ詳しくみていきましょう。

 

早くに結婚する人の場合

 

「早くに結婚する人」の具体的な年齢としては、およそ20代中盤のことを指していこうと思います。

 

早くに結婚する看護師は、看護師としてのキャリア5年目くらいまでに結婚することが多いです。そして意外に思われるかもしれませんが、その中でも看護師歴1、2年目で結婚する人はたくさんいるのです。

 

看護師歴1、2年目で結婚する看護師たち

 

看護師歴1、2年目で結婚する理由はいろいろあります。

 

よくあるのは、付き合っている彼氏との間に子どもができたからなどのいわゆる「できちゃった結婚」の場合です。

 

また、このほかにも「キャリア的には1年目だけれども、社会人経験があり今が結婚のタイミングだった」「研修医の彼氏が2年目で移動になり、そのタイミングで結婚することになった」などがあります。

 

看護師歴1、2年目で結婚することになった人は、結婚することに不安を感じることも多いようです。なぜなら、「まだまだ看護師として半人前なのに結婚して良いのか」「職場の上司に言いにくい」などの気持ちになるからです。

 

ですが、看護師歴1、2年目であっても、結婚することは全く問題ありません。

 

私の後輩看護師でも、看護師歴1年目で結婚した人がいました。最初彼女は「怖くて先輩に報告できない」「今後どのようなキャリアを歩めば良いのか」と悩んでいました。ですが、旦那さんも看護師の仕事を理解してくれていたために、彼女は結婚しながらも同じ職場で働き続けることができていました。

 

また、私の友人で看護師歴2年目のときに結婚した人は、できちゃった結婚でした。できちゃった結婚の場合、結婚と同時に妊娠している状態になっているため、その分悩みは大きくなる傾向があります。

 

彼女も、「まだ2年目なのに、職場に迷惑をかけてしまったらどうしよう」「産休後はどのような働き方をしたらよいのだろう」と悩んでいましたが、最終的には無事出産し、育休後は部署異動して外来で働き始めていました。

 

結婚するには、タイミングが重要です。自分自身のキャリアを追求していくことも重要ですが、「いつでも好きなときにキャリアを築いていける」という看護師の特性上、結婚のタイミングを優先させてもよいのかもしれません。

 

看護師歴4、5年で結婚する看護師

 

一方、早くに結婚する看護師の中でも、ある程度看護師としてのまとまったキャリアを積んだ「看護師歴4、5年目」に結婚する人もいます。

 

看護師歴4、5年目では、所属する部署で一人前に働くことができたり、中堅看護師として職場の中心的な役割を担っていることも多いです。そのため、結婚のタイミングとしてこのときを選ぶ人もいます。

 

ある程度のキャリアを積んだ後に結婚する看護師

 

私自身の感覚としては、ある程度のキャリアを積んだ後に結婚する看護師の方が多いような印象を受けます。

 

その理由については、以下のような事情が考えられます。

 

看護師は好きなようにキャリアを追求していけるから

 

看護師の仕事は、非常に奥深いです。

 

働く領域一つ取っても、「外科」「内科」「小児科」「緩和ケア」「精神科」……などとたくさんの種類があります。

 

また、例えば同じ小児科であったとしても、「小児がん看護」「術前術後の看護」「人工呼吸器装着中の患者さんの看護」「発達障害」など非常にたくさんの専門領域があります。自分さえやる気になれば、どこまでも深く専門性を高めていくことができます。

 

そのため看護師は、やればやるほどその面白さを実感していくことのできる仕事なのです。

 

看護師を4、5年続けていれば、「中堅」と呼ばれるようになり、だいたいの業務がこなせるようになります。ですが、もしも今働いている場所が自分の興味のある領域だった場合には、仕事が本当に楽しくなってくるのは4、5年目からなのです。

 

「結婚もいいけれど、もう少し自由に看護師として働いていたい」という気持ちから、キャリアを優先させる看護師はたくさんいます。

 

高収入を得られるため、生活に困らないから

 

また、看護師の仕事は、同年代の人に比べると年収が高いという特徴があります。

 

例えば30代前半の看護師の平均年収は、450.4万円です。一方、30代女性の平均年収は、385万円です。このデータから、看護師の平均年収が高いことがわかります。

 

年収が高いと、それだけ自由な生活を謳歌することができます。

 

長期休暇は、旅行に行ったり、ショッピングや友人と食事をしたり……といった自由な生活を楽しむことができるのです。高収入を得られるために、自立して充実した日々を手に入れることができるのが看護師の特徴です。

 

看護師は「タイミング」が合えばいつでも結婚できる

 

ここまで見てきたように、看護師の仕事は「好きなときに復職できる」「キャリアを追求しやすい」「高収入を得られる」という特徴があります。

 

そのため、看護師のあなたは、自分の生活に合わせて、自由にライフスタイルを描いていくことができるのです。

 

付き合っている彼氏が早く結婚したがっているのであれば、彼の結婚のタイミングに合わせて早く結婚してもよいでしょう。妊娠・出産などで一度はキャリアが途切れてしまうかもしれませんが、子育てが落ち着けばまたいつでも復職できます。

 

また、「今は仕事を優先させたい」「時間がかかっても、運命の人はしっかりと見極めたい」という人は、自分の心の赴くままに、自由にキャリアを描いていくことが可能です。専門・認定看護師資格の取得や、大学院進学、その他資格の取得など自由にたくさん勉強した後で、「この人だ!」と感じた人と結婚するのは素晴らしいことです。

 

実際に私の先輩でも、「大学院卒業」「看護師長就任」「海外での論文発表」「看護大学助教授」など素晴らしいキャリアを積んだ後に結婚し、子育てしている人もたくさんいます。

 

「その気になればいつでも自由に働ける」という最強の資格である看護師資格を生かし、自由に人生設計していきましょう。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、自分が住んでいる都道府県に強い転職サイトを選ぶ必要があります。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

看護師が結婚する年齢は? 看護師の婚期について

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

看護師が結婚する年齢は? 看護師の婚期について

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

看護師が結婚する年齢は? 看護師の婚期について

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


看護師が結婚する年齢は? 看護師の婚期について 関連ページ

看護師における3交代制、2交代制のメリットとデメリット
【看護師体験談】3交代制と2交代制、どちらで働きますか?
看護師:夜勤をすることが「健康」「生活」「安全」に与える影響
病棟看護師が知っておくべき「夜勤」のルール
病棟看護師が夜勤をするうえで知っておきたい「72時間ルール」とは
夜勤時に「仮眠」が必要な4つの理由
夜勤専従看護師の給料や雇用形態・求人について
体験談から学ぶ夜勤専従のメリット・デメリット
看護師が行うべき夜勤前、夜勤後の過ごし方
看護師が知っておきたい夜勤中の食事とダイエット
夜勤看護師が勤務中に適切な休憩を取る方法
看護師における「夜勤」と「当直」「待機」の違いとは
看護師が知りたい! 理想の結婚相手の見つけ方
「医師」と「看護師」が結婚することのリアルが知りたい!
看護師が結婚した後の働き方:同じ職場? それとも転職・退職?
看護師が結婚した後の働き方:クリニック看護師という選択肢
看護師が結婚した後の働き方:美容クリニック看護師
結婚した看護師が知っておきたい「派遣看護師」という働き方
結婚した看護師必見! 「扶養内パートタイマー」という働き方
ナースマンが知りたい! 男性看護師の恋愛・結婚事情
妊娠中の看護師が知っておきたい産前・産後休暇について
法律的には免除されていない「妊娠中の夜勤」
妊娠初期の看護師が働くときに注意すること:つわりや夜勤対策
妊娠中期の看護師が働くときに注意すること
妊娠後期の看護師が働くときに注意すること
看護師がスムーズに産休に入るためにやっておくこと
妊娠中の看護師が働く上で「大変なこと」と「対応法」
産休・育休後どうする? 育休後看護師の選択肢と働き方
「時短」を取った看護師の働き方、手取り給料は?

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト