結婚した看護師が知っておきたい「派遣看護師」という働き方について

結婚した看護師が知っておきたい「派遣看護師」という働き方

 

独身の時は何にも縛られず、自由な働き方をしていた人も多いでしょう。

 

ですが、結婚するとそうもいきません。同居する家族がいる以上、家族の生活に合わせた働き方を余儀なくされる場合もあります。実際に、結婚したことによって、「ずっと同じところで働くことが難しい」という状況に置かれてしまった人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、看護師はさまざまな働き方ができる資格なのです。例えば「派遣看護師」という働き方であれば、以下のような状況の人でも働くことができるのです。

 

夫が転勤族で、いつ引っ越しになるか分からない

 

家族の時間を大切にしたいけれども、ある程度の収入も必要

 

いつもは専業主婦だけれど、旅行のためにお小遣いが欲しい

 

結婚して退職したけれども、看護師として復帰したい。でもブランクがあるから不安

 

このように、「ずっとは働けないけれど短期間だけ働きたい」「復職に不安がある」という人におすすめできるのが、派遣看護師という働き方です。

 

「派遣看護師」は期間限定で働ける

 

派遣看護師における特徴の一つは、「期間限定で働ける」ということです。

 

派遣には「2、3か月の短期派遣」と「紹介予定派遣」の2種類があります。

 

短期派遣の場合は、あらかじめ「○年○月まで」と契約期間が決まっています。時には契約延長ありの案件もありますが、期間が決まっている場合が多いです。

 

そのため短期派遣は、「2か月だけ働いてお金を貯めたい」「旦那さんの仕事の関係で3か月だけなら働ける」という人にはぴったりの働き方です。

 

もう一方の「紹介予定派遣」とは、6か月までは派遣看護師として働き、働きやすければそのまま派遣先の職場へ直接雇用もできるという働き方です。

 

これは、「直接雇用になる前にまずは働いてみたい」「ブランクがあるから不安」と言う人におすすめできます。

 

「週3日」という働き方も可能

 

派遣看護師の勤務形態は、「週5日フルタイム勤務」だけではありません。「週2日、3日」といったパートのような働き方もできるのです。

 

「それならパートと一緒ではないか」と思われた方もいるかもしれませんが、派遣看護師の場合には、通常のパートやアルバイトと違って契約期間が決まっているのです。

 

通常のパートやアルバイトは、基本的に契約期間は決まっていません。定年制度などが設定されているところがほとんどですが、定年を迎えない限りはずっと働くことができます。

 

一方、派遣看護師の場合は「2か月間」など期間が決まっています。案件によっては「契約延長あり」というところもありますが、基本的には期間限定となります。

 

期間が決まっていることで、「3か月しか働けない」というような制限がある場合に、安心して働くことができます。

 

派遣看護師の雇用主は「人材派遣会社」

 

「期間限定で働ける」というメリットがある派遣看護師ですが、派遣看護師として働くためには、必ず知っておかなくてはいけないことがあります。それは、雇用主が「人材派遣会社」となることです。

 

通常の正職員やパート・アルバイト勤務の場合は、雇用主は自分が働いている病院や施設になります。そのため、給料の支払いや福利厚生などもすべて病院からになります。

 

結婚した看護師が知っておきたい「派遣看護師」という働き方

 

一方派遣看護師の場合、勤め先は病院や施設になりますが、雇用主は人材派遣会社です。そのため、派遣看護師の給料は病院から支払われるのでなく、派遣会社から支払われます。福利厚生も人材派遣会社の規定通りとなります。

 

結婚した看護師が知っておきたい「派遣看護師」という働き方

 

つまり、派遣看護師として働こうと考えた場合に、最も重要なのは優良な人材派遣会社を見つけることです。

 

派遣看護師として働くためには、人材派遣会社に登録したあと、仕事の紹介から給料の支払いまで全てその人材派遣会社にお世話になることになります。そのため、質の悪い人材派遣会社に登録してしまうと、「自分に合っていない職場ばかり紹介された」「福利厚生がよくなかった」などの大失敗をすることになります。

 

そのような状況を避けるためにも、派遣看護師として働きたい人は、まず安心して利用できる人材派遣会社を見つけるところからはじめましょう。

 

なお、当サイトでは数ある人材派遣会社の中から、信頼できる看護師向けの人材派遣会社を2社ピックアップしています。どちらも実績のある会社なので、ぜひ参考にしてみてください。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


看護師にはたくさんの働き方・雇用形態がありますが、その中でも「派遣看護師」は最近注目されている働き方です。


「期間限定で働きたい」「正規雇用される前に、お試しで働いてみてみたい」「人間関係に悩みたくない」「ブランク明けで不安」という人は、派遣看護師という働き方を候補に入れてみましょう。


派遣看護師として働く方法


注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

結婚した看護師が知っておきたい「派遣看護師」という働き方

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・看護師単発バイトの探し方

結婚した看護師が知っておきたい「派遣看護師」という働き方

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


結婚した看護師が知っておきたい「派遣看護師」という働き方 関連ページ

看護師における3交代制、2交代制のメリットとデメリット
【看護師体験談】3交代制と2交代制、どちらで働きますか?
看護師:夜勤をすることが「健康」「生活」「安全」に与える影響
病棟看護師が知っておくべき「夜勤」のルール
病棟看護師が夜勤をするうえで知っておきたい「72時間ルール」とは
夜勤時に「仮眠」が必要な4つの理由
夜勤専従看護師の給料や雇用形態・求人について
体験談から学ぶ夜勤専従のメリット・デメリット
看護師が行うべき夜勤前、夜勤後の過ごし方
看護師が知っておきたい夜勤中の食事とダイエット
夜勤看護師が勤務中に適切な休憩を取る方法
看護師における「夜勤」と「当直」「待機」の違いとは
看護師が知りたい! 理想の結婚相手の見つけ方
看護師が結婚する年齢は? 看護師の婚期について
「医師」と「看護師」が結婚することのリアルが知りたい!
看護師が結婚した後の働き方:同じ職場? それとも転職・退職?
看護師が結婚した後の働き方:クリニック看護師という選択肢
看護師が結婚した後の働き方:美容クリニック看護師
結婚した看護師必見! 「扶養内パートタイマー」という働き方
ナースマンが知りたい! 男性看護師の恋愛・結婚事情
妊娠中の看護師が知っておきたい産前・産後休暇について
法律的には免除されていない「妊娠中の夜勤」
妊娠初期の看護師が働くときに注意すること:つわりや夜勤対策
妊娠中期の看護師が働くときに注意すること
妊娠後期の看護師が働くときに注意すること
看護師がスムーズに産休に入るためにやっておくこと
妊娠中の看護師が働く上で「大変なこと」と「対応法」
産休・育休後どうする? 育休後看護師の選択肢と働き方
「時短」を取った看護師の働き方、手取り給料は?

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト