看護師が失業保険の「就職活動実績」をつくる方法

看護師が失業保険の「就職活動実績」をつくる方法

 

失業保険は、「今すぐ働く意思があり、働ける環境にある人」のための保険です。そのため、失業保険を受け取るためには4週間に1回の「認定日」にハローワークに行き、「この4週間で就職活動を行いました」という証明をしなくてはいけません。

 

きちんと就職活動をしていることが認められれば、「失業の認定」を受けることができます。そして失業の認定を受けることができれば、失業保険を受け取ることができるのです。ちなみに就職活動は、4週間に2回以上行うことが定められています。

 

しかし「就職活動実績をつくる」とはいっても、具体的に何をしたらよいのかわからない人も多いと思います。

 

そのため今回は、看護師である管理人(=私)が失業保険受給中に実際に行った就職活動をもとに、「どのような就職活動をすればよいのか」についてお伝えしたいと思います。

 

なお、具体的にどのような活動が「就職活動」に該当するのかは各自治体により異なるので、ハローワークに確認してみてください。

 

例えば、ハローワークのパソコンで仕事を検索しただけで就職活動と認定される自治体もあれば、仕事を検索したうえで窓口の人に相談しないと就職活動と認定されないところもあります。

 

では、私が行った就職活動をご覧ください。

 

合同就職説明会への参加

 

私が最も多く行った就職活動の一つに、「合同就職説明会への参加」があります。

 

合同就職説明会を開催しているのは、「人材紹介会社」「各自治体」など、さまざまです。

 

人材紹介会社が開催している合同就職説明会は、大病院がメインです。誰もが耳にしたことのある大病院がこぞって参加し、各ブースをひらいています。参加する病院数はそのときによって異なりますが、多いところで100以上もの病院が参加する場合もあります。

 

これだけたくさんの病院が参加するので、自分の興味がある病院の話を聞き放題です。

 

各ブースでは、実際にその病院で働いている看護師の話を聞くことができます。実際に働いている人の生の声を聞くことができるため、「どのような働き方になるのか」のイメージがしやすいです。

 

一方、各自治体が開催している合同就職説明会は、大病院だけでなく診療所も扱っている場合があります。診療所スタッフの話を直接聞ける機会は貴重であるため、興味のある人はぜひ参加してみるとよいでしょう。

 

人材紹介会社が開催している合同就職説明会については、「合同就職説明会 〇〇(都道府県名) 看護」と検索をかければたくさん出てきます。時期的には、4〜6月に多く開催されているのが特徴です。

 

各自治体が開催している合同就職説明会は、ネット検索ではヒットしにくいです。ハローワークや、各都道府県のナースプラザに出向いて直接情報を仕入れましょう。

 

セミナーへの参加

 

ハローワークやそれに関連する機関では、就職活動をサポートするための各種セミナーが開催されています。セミナーの名称はその機関によりまちまちですが、「就職支援セミナー」などと呼ばれていることが多いです。

 

セミナーが取り扱っている内容は、さまざまな種類があります。「自己理解」「応募書類の書き方」「面接対策」などが代表的なものですが、場所によっては「メイク講座」「メンタルヘルス講座」なども開催しているところもあります。

 

私は実際に「自己理解」や「応募書類の書き方」などの講座に参加しました。

 

正直参加する前は「ハローワークが開催する講座だからきっと面白くないんだろうな」などと失礼なことを考えていましたが、実際に参加してみるとその考えは180°変わりました。

 

私が参加したセミナーは外部の講師を招いて行われたものだったのですが、その先生の話が非常にわかりやすく、面白かったのです。今まで「就職活動」「キャリア」などにはあまり興味のなかった私ですが、セミナーをきっかけに自分の仕事観に大きな変化が起こるのを感じました。

 

「就職セミナー」という言葉を聞くと、「一般企業向けで看護師には関係ない」と思う人もいるかもしれません。実際に私もそうでした。

 

しかし、看護師だからこそ、これらの外部セミナーに参加してほしいと思います。

 

看護師は専門性が高い仕事であるということは素晴らしいです。しかし専門性が高いということは、裏を返せば視野が狭くなりがちです。

 

この機会にぜひ外部セミナーに参加して、今まで「聞いたこともない」「考えたこともない」ことに触れてみてください。さまざまな世界を知り、視野を広くすることは、自分のキャリアを考えるうえで重要なポイントになります。

 

ちなみに、参加費は無料です。無料で自分の将来に役立つ情報を手に入れられるので、参加しない手はありません。

 

人材紹介会社への登録

 

最後にお勧めしたい「就職活動実績のつくり方」は、人材紹介会社への登録です。

 

人材紹介会社とは、いわゆる「転職サイト」を運営している会社のことです。人材紹介会社は「人材がほしい事業所(病院・診療所など)」と「就職したい人」をマッチングさせる業務を行っています。

 

人材紹介会社に登録して、キャリアコンサルタントに今の現状や希望の条件を伝えるだけでも、「キャリアカウンセリングを受けた」ということになり、就職活動実績になります。

 

実際に私も失業保険を受給するにあたり、数社の人材紹介会社に登録して電話でキャリアカウンセリングを受けました。

 

正直に言うと、キャリアカウンセリングを受ける前、私は「どの領域にしようか」「週に何回働こうか」「どこで働こうか」など何も決まっていませんでした。「とりあえず就職活動実績をつくらなくては」というよこしまな考えからキャリアカウンセリングを受けたのですが、キャリアカウンセリングを受け終わるとなぜか気持ちが晴れやかになっていました。

 

その理由は、「今までの自分のキャリア」を聞いてもらった上で、自分の強みを教えてもらうことができ、なおかつ自分一人だけでは思いつかなかったキャリアの選択肢を提示してもらえたからです。

 

私は小児科しか経験がなかったので、次に就職するならば「小児クリニックかな」などと漠然と考えていました。しかしキャリアカウンセリングを受けると、「保育園」「障害児保育」「病児保育」など、自分では思いつかなかったさまざまな選択肢を提示してもらうことができたのです。

 

また、私は子どもがいるため預け先等の不安もあったのですが、子どもを預けながら働く方法についても具体的に教えてもらうことができました。「託児所付きの病院の場合、質のよい託児所もあればそうでない託児所もあるので見極めなくてはいけない」など、なるほどと思うような情報も得ることができました。

 

「就職活動実績をつくるため」に行ったキャリアカウンセリングでしたが、実際に受けてみると今後のキャリアプランを考えるうえで非常に有益でした。

 

ちなみにしつこい勧誘は全くなく、「まだ勤務する領域を考えている段階なので、メール等は不要です」と伝えたところしつこい連絡は全く来ませんでした。ある1社にだけ「保育園情報が出たら送ってほしい」と伝えると、その通りに送ってくれました。

 

就職活動実績も作ることができ、自分の将来のキャリアプランも考えることができる「人材紹介会社」は、ぜひ活用したほうがよいでしょう。

 

ちなみに人材紹介会社のサービスはすべて無料で利用することが可能です。実際利用するときには「書類の書き方」「面接対策」などのサポートを受けられるうえに、会社によっては面接同行もしてもらえるため、非常に心強いです。

 

このように、看護師が就職活動実績をつくる方法はいくつもあります。

 

仕事をしているときは、日々忙しく自分のキャリアについてゆっくり考える時間はありません。失業保険給付中の今がチャンスです。

 

この機会を生かして、ぜひ将来の選択に役立ててください。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、自分が住んでいる都道府県に強い転職サイトを選ぶ必要があります。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

看護師が失業保険の「就職活動実績」をつくる方法

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

看護師が失業保険の「就職活動実績」をつくる方法

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

看護師が失業保険の「就職活動実績」をつくる方法

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方



サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト