看護師が知りたい「ハローワーク」と「転職サイト」の違い

看護師が知りたい「ハローワーク」と「転職サイト」の違い

 

看護師が仕事を探そうと思ったときに、真っ先に悩むのは「どうやって仕事を探そうか」ということです。

 

一昔前であれば、看護師が仕事を探そうと思っても、その方法は限られていました。「看護師募集の看板を見る」「新聞広告」「知人の紹介」などにより、ごく限られた選択肢の中から仕事を見つけるしかなかったのです。

 

しかし、今は仕事探しの幅もたいぶ広がりました。「看護師を募集している病院」の情報と「働きたい看護師」の情報を一つに集め、管理するシステムが発達したからです。

 

このシステムにより、私たち看護師は求人を探しやすくなりました。もう昔のように、近所の病院へ出向いて「求人を募集していませんか」などと聞いて回らなくてよいのです。携帯やパソコンから「看護師求人」と検索をかければ、すぐに看護師を募集している病院情報が手に入るようになっています。

 

このシステムを公的に取り扱っているのが「ハローワーク」であり、民間で取り扱っているのが「人材紹介会社」です。つまり、ハローワークと人材紹介会社は、「公的な機関か」「民間か」の違いだけであって、「病院と看護師をマッチングさせる」という業務は一緒なのです。

 

それでは違う点はどこなのか、詳しく見ていきましょう。

 

「ハローワーク」と「人材紹介会社」の違う点

 

ハローワークと人材紹介会社は、いずれも「看護師を募集している病院」と「働きたい看護師」をマッチングさせる業務を行っています。違う点は、ハローワークが「公的機関」であり、人材紹介会社が「民間」であるというだけです。

 

ハローワークは公的機関であるため、病院側も看護師側も、双方が無料で利用することができます。そこにお金の動きが発生することはありません。

 

一方人材紹介会社の場合、看護師側にお金の負担が発生することはありませんが、実は病院側にお金が発生しているのです。

 

どのタイミングでお金が発生するかは人材紹介会社により異なりますが、例えば「看護師を紹介して無事内定したとき」などに、「紹介料」として看護師1人あたり100万円単位のお金が発生するのです。これが、民間の人材紹介会社が行っているビジネスの仕組みです。

 

もしもあなたが採用する病院側の立場だった場合、「無料で人材を確保できるハローワーク」と「高い紹介料を支払わなくてはいけない人材紹介会社」のどちらを利用したいでしょうか。「もちろん無料のハローワーク!」と思うかもしれません。

 

しかし現実的には、人材会社のほうがよい人材を早く確保できます。そのため本気でよい人材と出会いたかったら、人材紹介会社を利用すべきなのです。

 

なぜよい人材が人材紹介会社に集まるのかというと、「人材紹介会社のほうが利用する看護師が多いから」ということが挙げられます。

 

看護師の人材紹介会社(転職サイト)はたくさんの種類があり、各社で特徴的なサポートが行われています。「看護業界に精通したキャリアコンサルタントによるカウンセリング」を受けられることはもちろんですが、「応募書類の添削」「事業所(病院・診療所)の内部情報」「面接練習」「面接動向」など、不安な就職活動を全面的にサポートしてもらえるのです。

 

これらの手厚いサポートは、公的機関であるハローワークでは受けることができません。そのため、就職活動のサポーターとして人材紹介会社を選ぶ看護師が増えているのです。

 

病院側もこれらの事情を分かっているため、「本気でよい人材と出会いたい」と考えている病院は人材紹介会社に依頼します。結果として、人材紹介会社のほうが多くの病院情報を持っているということになります。

 

看護師側から見ても、ハローワークよりも人材紹介会社のほうが求人数も多くサポートも充実しているため、満足のいく転職活動をすることができます。人材紹介会社は、病院と看護師双方にメリットがあるのです。

 

ここまでの説明で、「それでは人材紹介会社だけを利用しよう」と考える人もいるかもしれませんが、一概にはそうも言いきれない部分があります。その理由として、ハローワークでは官公庁のレア求人が出やすいということが挙げられます。

 

「厚生労働省」「消防庁」「公立学校」などの公的機関求人は、通常人材紹介会社では扱っていません。そのため公的機関で働いてみたい人は、ハローワークを利用してこれらの求人案件が出るのを待つのが最善の道であるといえます。

 

このように、ハローワークと人材紹介会社は、「病院と看護師をマッチングさせる」という業務が共通しているものの、特徴が異なります。「人材会社のほうがサポートが手厚く、求人数も多い」「ハローワークは公的機関の求人を扱っている」など、強みはそれぞれ違うのです。

 

これらの特徴を認識したうえで、ハローワークと人材紹介会社を自分に合わせて活用していきましょう。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、「対応エリア」「扱っている仕事内容」に注意して探さなくてはいけません。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

看護師が知りたい「ハローワーク」と「転職サイト」の違い

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

看護師が知りたい「ハローワーク」と「転職サイト」の違い

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

看護師が知りたい「ハローワーク」と「転職サイト」の違い

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方

 

 

 



サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト