総合病院で働く助産師のやりがいや給料、求人の探し方

総合病院で働く助産師のやりがいや給料、求人の探し方

 

助産師の活躍場所で代表的なものとして、「総合病院」「クリニック」「助産院」の3つが挙げられます。もちろんこのほかにも、保健所や、市町村の新生児訪問助産師として勤務することも可能です。

 

しかし、特に臨床経験の浅い人にとって、「総合病院」「クリニック」「助産所」のいずれかで働くことは、とてもおすすめです。なぜなら、これらの施設で勤務すれば、助産師としての基本的な知識・技術を網羅できるからです。

 

今回は、この中でも特に「総合病院で働く助産師の仕事」にスポットを当てて、お話してきます。

 

助産師が総合病院で働くことのメリット

 

助産師が総合病院で働くことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

設備が整っているため安心

 

総合病院勤務のメリットの一つは、充実した設備です。

 

もちろん病院にもよりますが、「小児科」「NICU」「GCU」などを備えている病院であれば、何かあったときの対応が非常にスムーズです。小児科医が常にいる病院であれば、小児科医とも連携しながら新生児の治療を行なうことも可能です。

 

また、手術室があり、麻酔科医が在籍している病院であれば、緊急帝王切開等の対応も容易です。クリニックや助産院であれば、緊急帝王切開の時には緊急搬送で大きな病院に搬送するしかありません。一刻を争うお産の現場において、スムーズに対応できるというのは、働く助産師にとって大きな安心感につながります。

 

助産師の知識・技術を網羅できる

 

総合病院の場合、そこで助産師として経験を積めば、助産師としての基本的な知識・技術を網羅できるというメリットもあります。

 

例えば私の友人助産師が働いていた総合病院では、「陣痛室」「分娩室」「入院病棟」「新生児室」での勤務はもちろんのこと、経験年数が上がるにつれて「助産師外来」「母親学級」「母乳外来」などの勤務もしていました。これだけの経験を積んだならば、将来他の場所で助産師として働こうと考えたときでも、十分にそのキャリアを生かして働くことができます。

 

助産師としての基礎を、すべて身につけられるのが総合病院なのです。

 

ハイリスク、重症例なども学ぶことができる

 

さらに総合病院ではその特性上、一般のクリニックや助産院では対応できないようなハイリスク、重症なケースを受け入れています。

 

例えば双子などの場合は、ハイリスクに該当します。基本的には帝王切開になることが多いため、基本的には総合病院でのお産になります。このように、一般のクリニックや助産院では経験できないようなお産を学べるのが、総合病院の特徴でもあるのです。

 

「日勤のみ」勤務がしやすい

 

助産師として臨床で働き続けようとすると、どうしても直面するのが夜勤です。お産は昼夜問わずあるため、看護師と比べると「日勤のみ希望」という案件は少ないです。

 

特にクリニックや助産院勤務など、スタッフ数が限られてしまう施設では、勤務条件に夜勤が入ることが多いです。もちろん「日勤のみ可」の案件もありますが、数は限られてしまいます。

 

ですが総合病院では、「日勤のみ」の働き方も可能である場合が多いです。なぜなら、クリニックと比べるとスタッフ数にゆとりがあるため、「産婦人科外来勤務のみ」「病棟日勤のみ」という選択肢ができるからです。

 

そのため、結婚や出産などライフステージの変化があったときに、長く続けやすいのは、実は総合病院なのです。

 

それでは、次に総合病院勤務のデメリットについてみていきましょう。

 

助産師が総合病院で働くことのデメリット

 

そもそも産婦人科に配属されないことがある

 

総合病院の人事は、助産師の希望通りにならないこともあります。そのため信じられないことですが、助産師資格を持っていたとしても、産婦人科配属にならない場合があるのです。

 

助産師資格を持っており、産婦人科を希望したにもかかわらず他科に配属されてしまう原因としては、「産婦人科のスタッフ数が多くなってしまった」「他科で人手不足のところがある」などです。実際に私の友人でも、産婦人科希望にも関わらず他科に配属されてしまった人がいました。

 

ただし、他科に配属になるといっても、そこまでかけ離れた部署になることは少ないようです。たいていは、「NICU」「小児科」など、産婦人科と比較的関連のある部署に配属になります。

 

そうはいっても、産婦人科希望の助産師が他科の配属になるのはとても心苦しいものです。万が一他科に配属になってしまった場合には、「その科でしか学べないことを学ぶ」と割り切るか、「翌年産婦人科への異動希望を出す」「助産師として働ける病院、クリニックへ転職する」という方法を取る必要があります。

 

総合病院助産師の給料、福利厚生

 

それでは次に、総合病院の給料や福利厚生についてみていきましょう。

 

総合病院の場合、病棟勤務のみか、外来勤務のみかによっても給料は異なります。また、どの地方で勤務するかによっても給料は異なります。一般的に、東京都などの大都市圏のほうが給料が高く、地方のほうが給料が低くなりがちです。

 

東京都にある30件の総合病院の給料を調査したところ、以下のようになりました。

 

<東京都の場合>

 

・外来勤務 22万円程度〜

 

・病棟勤務 30万円程度〜

 

・平均給料 29.3万円

 

総合病院における助産師の給料を調査して気がついたことは、病院によって全く待遇が異なるということです。実際に給料も、転職したての初任給が22万円〜37万円と、同じ都内にも関わらずかなりの差がありました。

 

また、給料だけでなく、福利厚生にもかなりの差があります。「託児所あり」「育休3年」「有給消化率8割以上」などのよい条件の求人もある一方で、残念ながらそうではないところもありました。

 

そのため総合病院で助産師として働こうと考えている人は「その病院で何が学べるのか」を調べることはもちろんのこと、「給料」「福利厚生」などの労働環境についても確認していく必要があります。

 

ちなみに、クリニック勤務の助産師の平均給料は、32.2万円となっています。もちろん勤務する病院・クリニックにもよりますが、一般的にはクリニック勤務の助産師の方が給料は高いようです。

 

総合病院助産師の求人の探し方

 

総合病院助産師求人の探し方については、以下の方法が代表的です。

 

@ 自分の勤務したい病院に直接応募

 

A 求人サイトを活用

 

働きたい病院があらかじめ決まっている人は、その病院のホームページや求人広告などを確認し、応募するのが一番良いです。大学病院などの大きな病院は夏頃から採用試験が始まることが一般的なので、予定をしっかり確認し、応募のタイミングを逃さないようにしましょう。

 

大学病院の場合、就職試験には論文や面接などが必須の場合もあります。そのため、ある程度の試験対策も必要となります。

 

一方、「心に決めている病院がない」「いくつかの病院を比較してから決めたい」「年度途中で入職したい」という人は、求人サイトを活用することがおすすめです。

 

求人サイトには、看護師専門のキャリアアドバイザーが在籍しています。担当のキャリアアドバイザーと相談しながら、「希望する勤務条件」「病院の雰囲気」「働きやすさ」などの情報を聞き、あなたに合った条件の病院を紹介してもらいましょう。

 

キャリアアドバイザーからは、履歴書の添削や面接のアドバイス等を受けることも可能となっています。

 

ただし、転職サイトを活用するときに、注意すべきことがあります。それは、複数社に登録した方が良いということです。

 

看護師と比較すると、助産師の求人案件は少ないです。例えばある求人サイトでは、東京都の看護師求人が約1,700件あるにも関わらず、助産師求人は約30件しかありませんでした。そのため複数のサイトに登録することで、なるべく多くの情報を手に入れる必要があるのです。

 

総合病院助産師が向いている人

 

それでは最後に、総合病院勤務にはどのような人が向いているのかまとめました。

 

・新卒、もしくは経験が浅い人

 

・丁寧な教育を受けたい人

 

・ライフステージの変化に合わせて、助産師の仕事を長く続けたい人

 

総合病院助産師には、「産婦人科以外の配属になってしまうかもしれない」というリスクがあります。しかし、「長く続けやすい」「教育が丁寧」など、クリニックや助産所にはないメリットも多くあります。

 

助産師としてこれからキャリアを積んでいきたい人、また助産師として長く続けていきたい人は、ぜひ総合病院勤務を検討してみてください。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、自分が住んでいる都道府県に強い転職サイトを選ぶ必要があります。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

総合病院で働く助産師のやりがいや給料、求人の探し方

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

総合病院で働く助産師のやりがいや給料、求人の探し方

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

総合病院で働く助産師のやりがいや給料、求人の探し方

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方



サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト