クリニックで働く助産師のやりがいや給料、求人の探し方

クリニックで働く助産師のやりがいや給料、求人の探し方

 

助産師としてどこで働いていこうか……と悩んでいるあなた、「クリニック助産師」に興味を持ったことはありませんか?

 

クリニックには、病院や助産所とはまた異なる魅力や特徴があります。今回はクリニック助産師の特徴や給料・求人についてまとめているので、ぜひあなたのキャリア選択の参考にしてみてください。

 

助産師がクリニック勤務をするメリット

 

それではまず、クリニック勤務には、どのようなメリットがあるのかみていきましょう。

 

正常分娩をたくさん経験できる

 

ハイリスク出産や異常分娩も多く扱う総合病院に比べて、クリニックで扱うのは基本的に正常分娩です。

 

正常分娩の場合は、陣痛の開始から出産まで助産師主導のお産となります。そのためクリニックで正常分娩について多く経験することで、今後他のクリニックや助産院で働こうと思ったときにも、即戦力となることができるのです。

 

助産師の人数が限られている分、実力が付く

 

クリニックは、総合病院と比べるとスタッフの数が限られています。そのため必然的に、一人一人に求められるものは大きくなります。

 

例えば総合病院であれば、「3年目で外来デビュー」「5年目で母乳外来デビュー」などと教育プランが決まっているところも多いですが、クリニックではそういうわけにはいきません。仕事ができるようになったら、「助産師外来」「リーダー業務」など、どんどん新しい仕事を担当させてもらえます。

 

実力が不十分なうちは「仕事を覚えなくては」と必死になりますが、早くから様々な業務を経験できる分、実力が付くのも早くなります。

 

クリニック独自の「クラス・教室」を開催している場合もある

 

さらに、産婦人科クリニックでは、マタニティクラスや母親学級・産後のクラスなどを独自に開催しているところも多いです。その内容はクリニックによって異なりますが、中には「アロママッサージ」「マタニティヨガ」「ベビーマッサージ」「ベビーサイン」など、特色のあるクラスを開催しているクリニックもあります。

 

このようなクラス・教室を経験することにより、助産師としての知識や経験を深めることができるのです。

 

では、クリニックで働くデメリットは何でしょうか。

 

助産師がクリニック勤務をするデメリット

 

総合病院と比べると、教育が不十分

 

先述した通り、総合病院と比べると、クリニック勤務の方がスタッフ数が限られています。そのため、初期教育は総合病院の方が丁寧であることが多いです。

 

もちろんクリニックにもよりますが、クリニック勤務は即戦力を求められることも多いため、基本的には「経験者優遇」となります。

 

そのため、新卒で「プリセプターシップがきちんとした病院がいい」「きっちりカリキュラムの決まった教育を受けたい」「先輩に丁寧にみてほしい」という人ははじめに総合病院勤務を経験し、その後クリニック勤務をした方がよいです。

 

「NICU」「手術室」などがない不安

 

また、産婦人科クリニックは基本的に正常分娩しか扱えません。つまり、出産中に「緊急帝王切開」等が必要になったときには、産婦さんを提携先(もしくは近隣)の総合病院に緊急搬送する必要が出てくるのです。

 

そのためクリニック助産師は、産婦さんや赤ちゃんの異常にいち早く気づく知識や経験が必要となります。

 

これはどこで働く場合でも同じことが言えますが、周りの助産師や医師とのコミュニケーションを欠かさず、常に情報共有していく姿勢が求められるのです。

 

では次に、クリニック助産師の給料や待遇についてみていきましょう。

 

クリニック助産師の給料・福利厚生

 

東京都にある23件のクリニックの給料を調査したところ、以下のようになりました。

 

<東京都の場合>

 

・外来 22万円程度〜

 

・病棟 30万円程度〜

 

・平均給料 32.2万円

 

ちなみに、総合病院助産師の平均給料は、29.3万円となっています。これを見ていただけると分かるように、総合病院と比較すると、平均給料が高いのがクリニック助産師の特徴です。中には40万円越えの求人もあるため、そのようなクリニックに勤務すると年収500万円〜600万円も夢ではありません。

 

もちろんクリニックによりますが、福利厚生についても総合病院と比べて見劣りしません。むしろ、「残業時間が月に5時間以内」「日曜祝日固定休み」など、総合病院ではなかなか見られない労働条件を特徴としているクリニックも多いため、自分の生活に合った働き方を選択できます。

 

クリニック助産師求人の探し方

 

クリニック助産師の求人を自力で探そうとすると、とても大変です。例えばあなたは、自分が通える範囲にある産婦人科クリニックの名前をすべて挙げることができますでしょうか。

 

これが総合病院であれば、自分の通える範囲にある大病院の名前を挙げることは容易です。また、大きな病院のHPには大抵「看護師募集」という項目もあるため、給料などの情報も手に入れやすいでしょう。

 

しかしクリニックの場合の場合は、数が多くてどのようなクリニックがあるのかも分かりません。さらに、HPを見てもほとんどが患者さん向けであるため、求人や給料・福利厚生などの情報を自力で見つけるのは非常に困難です。

 

このとき役に立つのが、求人サイトです。

 

求人サイトには、看護師・助産師を募集している病院・クリニックの情報が地域別に細かく掲載されています。さらに、登録すれば担当のキャリアカウンセラーから、あなたの希望する「給料」「待遇」「勤務日数」などに合わせた求人を紹介してもらうことができます。

 

履歴書の添削や、面接のアドバイス、さらに就職後のフォローなどのサービスもすべて無料で受けることができるため、助産師として職場を探している人はぜひ活用した方がよいです。

 

ただし、助産師が求人サイトを活用するときには注意点があります。それは、助産師の求人は看護師と比べると少ないという点です。

 

求人サイトに載っている助産師の求人は、東京都でも多くて30〜40件程度です。看護師の場合、東京都であれば1000件以上の求人が掲載されているサイトも多いため、助産師の求人がいかに少ないかということが分かっていただけると思います。

 

情報を少しでも多く手に入れるため、求人サイトは3社程度登録しておきましょう。各サイトにより掲載している病院・クリニックは異なるため、複数社に登録することでより多くの情報を手に入れることができるのです。

 

クリニック助産師が向いている人

 

それでは最後に、クリニック勤務が向いている人はどのような人なのか、まとめました。

 

・経験者

 

・高収入を得たい人

 

・正常分娩を多く経験したい人

 

クリニック勤務は、総合病院と比べると高収入を得られる場合が多いです。一方で、スタッフの人数が限られる分、「即戦力が求められる」「教育が手薄になりがち」という特徴もあります。

 

これらの特徴を踏まえ、クリニック助産師として働くことについて選択肢に入れてみましょう。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、自分が住んでいる都道府県に強い転職サイトを選ぶ必要があります。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

クリニックで働く助産師のやりがいや給料、求人の探し方

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

クリニックで働く助産師のやりがいや給料、求人の探し方

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

クリニックで働く助産師のやりがいや給料、求人の探し方

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方



サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト