「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動

「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動

 

今の職場を「辞めたい」と考えて師長に相談したにも関わらず、なかなか辞めさせてもらえないケースは多々あります。

 

病院側は、優秀な人材を逃したくないため必死の引き留めをしてくるのです。その引き留めに心動かされ、「やっぱりもう少し頑張ってみよう」と考える人もいます。

 

その結果、「もう一度頑張ってみよう」と思えたならばよいです。

 

ですが、辞めようと考えるようになった原因が何も改善されておらず、苦しい日々が続くのであれば、それはとても辛いことです。その場合、どうにか辞められるように病院側に働きかけていく必要があります。これは少し勇気が必要なことかもしれませんが、あなたの人生をあなたらしく生きていくためには必要なことなのです。

 

今回は、退職したいにも関わらず辞めさせてもらえない場合に取るべき行動をお伝えしていきます。

 

まずは「辞めたい」という意思をしっかり固める

 

人それぞれ、今の職場を辞めたいと考えるきっかけは異なります。

 

「いじめ」「職場の雰囲気が悪すぎる」などの人間関係が原因のこともあれば、「業務量が多すぎる」「人手不足」などの職場の体制自体に問題がある場合もあります。

 

いずれの原因でも、今の職場を「辞めよう」と考えるに至るまでには、様々な葛藤があったはずです。

 

「自分が辞めたら迷惑を掛けるのではないか」「新しい職場になじむのもそれはそれでエネルギーがいる」など、たくさんの悩みを経てたどり着いた答えが「やはり退職しよう」なのです。

 

勇気を出して、病院側に「辞めたい」ということを伝えた際、すんなりと辞めさせてもらえたならばその決心は揺るぎません。ですが、ほとんどの職場ではあの手この手であなたを引き留めようとしてきます。

 

代表的な引き留め文句は以下の通りです。

 

・悩みがあるならば、それを改善するように努力するからもう1年だけ残ってみないか

 

・ここまで一緒に頑張ってきた仲間なのだから、もう少しだけ一緒に頑張ろう

 

・ここまで育てたのに、ようやく育ったと思ったら「辞める」というのは恩知らずではないのか

 

・来年度はあなたの臨むポジションで頑張ってもらおうと思っていたところだった

 

・あなたよりも大変な状況で頑張っている人もたくさんいる。だから、あなたにもできるはずだ

 

これらは、実際に私自身や友人が辞めるときに病院側から言われたことです。

 

正直、このようなことを言われると心が揺らぎます。そして、「もう少し病院を信じてみよう」「自分は礼儀知らずだったのかもしれない」などと考え結局今の職場に居座り続けることになってしまうのです。

 

そのため、あなたがしっかり前を向いて自分の道を進んでいくためには、まずは自分自身がしっかりと退職の意思を固めることが必要です。そうすることで、引き留めに負けず、自分自身に正直な選択をしていくことができます。

 

引き留め工作に負けず、退職させてもらうためにやるべきこと

 

それでは、病院側からの引き留め工作に負けず、退職への道筋を作っていくにはどうしたらよいのかについて考えていきましょう。

 

「今の職場を離れるんだ」という強い意志を持つ

 

上述したとおり、まずは今の職場を絶対に辞めるという強い意志を持つことが必要です。

 

ですが、辞めるか続けるかというのは、大きな決断です。そのため、すぐに決心がつく人は少ないです。

 

自分自身納得がいくまで何度も考えながら、自分自身の心と向き合っていくようにしましょう。

 

上司には早い時期から相談しておく

 

また、辞めようと思ったら早い段階で上司に相談しておくことも必要です。

 

病院側としても、年度末間際になって急に「辞めたい」と言われるよりも、早めに退職したい旨を伝えられる方が、あなたの意思を尊重しやすいです。

 

繰り返し「それでも退職したい」と伝える

 

退職する際は、師長にその旨を伝える場合がほとんどです。

 

あなたが退職したいと申し出たら、ほとんどの場合面接や面談が行なわれます。このとき上司があなたの話をしっかりと聞いてくれ、スムーズに退職が了承されたならば問題ないです。

 

ですが、もしも1回の面談ではお互いの合意が得られなかった場合には、繰り返しの面談に応じる必要があります。

 

何度も面談し、そのたびに引き留められることで「もうめんどくさいから今の職場に残ろうか」と考えてしまう人もいます。ですが、そこで意思を強くもって「辞めたい」ということを繰り返し伝えていく勇気が必要になります。

 

今よりも条件の良い次の職場を探す

 

退職時に自分自身のモチベーションを上げる方法として、転職サイトなどで条件の良い職場探しをするということもあります。これは、実際私も経験しました。

 

私自身、当時働いていた職場を「辞めたい」と考えたことがありました。ですが、実際いろいろ考えると、「辞める」という意思を固めきれずにいました。

 

そこで、退職後の生活をリアルに想像するために、転職サイトに登録して求人案件をパラパラと眺めてみました。

 

その結果、思いがけなく自分が興味のある領域を見つけたり、条件の良い職場を見つけたりできました。何よりも、「職場はここだけではないんだ」と思えたことが、退職の意思を固める大きなきっかけとなりました。

 

このように、退職を考えている人はさまざまな職場についてのリサーチをすることで、視野を広く持つ必要があります。

 

「今さら辞めたいと言われても、今の時期ではもう間に合わないよ」と言われたら

 

ここまで病院側から引き留めをされたときに取るべき行動について見てきましたが、最後に意外とよくあるトラブルについてお伝えします。

 

それは、「今辞めたいと言われても、もう時期的に辞められないよ」と言われることです。

 

時期的な理由により辞められないというのは、実際に私の友人で言われたことのある人が2人もいます。「時期的に辞められない」というのは、法律的に許されることなのでしょうか。

 

結論から言うと、時期によっては本当に辞められない場合があります。

 

民法では、退職するためには14日前までに申し出なくてはいけないという決まりがあります。つまり、「明日退職します」ということは基本的にできないのです。最低でも、辞める予定日の2週間前までには言わなくてはいけません。これはどんな職場でも守らなくてはいけないことです。

 

また、職場には「就業規則」という働くためのルール集のようなものがあります。就業規則の中には「1か月前」「3か月前」などと退職時期に関しても明記されていることがほとんどであるため、確認するようにしましょう。

 

ですが、就業規則は、基本的にルールを書いているのであって強制力は強くありません。もちろん病院側としては、辞める分の人員を補充しなくてはいけないなどの理由により、就業規則に書いてある通りにしてほしいと考えます。ですが、守らなくていけないのは「辞める2週間前までに言う」という民法上のルールだけであるため、就業規則に関しては多少の前後はやむを得ない場合もあります。

 

中には、就業規則に書いてある期間よりも前であるにも関わらず、「今の時期は間に合わない」と言ってくる上司がいます。そのような人には、就業規則を見せてあなたが正当であることを確認しましょう。

 

その際「あなたが今辞めると人手不足になる」と言われる場合もあるかもしれません。確かに小さい病院やクリニックではそのようなことがあるかもしれませんが、大きい病院の場合は、急に辞めてしまうことも想定して多めに人を雇っている場合がほとんどです。そのため、特に大きい病院に勤務する人は、「自分のせいで人手不足になる」などと考えなくても大丈夫です。

 

退職し、自分らしい生活を手に入れるためには、自分自身の意思を定めることと、新生活へのイメージをしておくことが必要です。

 

周りに流されず、あなたらしく働くことができるよう、勇気を持って「辞めます」と伝えましょう。

 


看護師が自らのキャリアを考えるとき、「同じ職場に留まって頑張る」または「自分に合う他の職場を探す」ことを考えます。子育てが終わり、仕事復帰を考える人もいます。


こうしたとき、ほとんどの人は看護師の転職サイトを活用します。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所など少ない求人の中から探すケースがほとんどですが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社もあれば、看護師との面談を重視することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、首都圏に強みを発揮する会社もあれば、地方求人を多く保有している会社もあります。


これらの違いを理解しなければ、よい転職・復職を実現させることはできません。そのため、まずは各転職サイトで何が異なるのかを理解するようにしてください。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動

看護師であれば、「派遣看護師」として働く方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと
「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方
あなたの苦手な看護師長との関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
ブランクのある看護師が自分に合った職場を見つける方法
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
うつ病で退職した看護師の転職方法
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法
「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト