うつ病で退職した看護師の転職方法

うつ病で退職した看護師の転職方法

 

一生のうちでうつ病にかかる人は、15人に1人と言われています。それほどうつ病は身近な病気であり、いつ誰がなってもおかしくないのです。

 

もしもうつ病になってしまったときにどのように治療が行なわれるかは、うつ病の程度によって異なります。ですが、うつ病を治すためには心と体の充電期間をもつことが必須です。そのため、うつ病になったことをきっかけに休職や退職をする人も少なくありません。

 

そこで今回は、うつ病をきっかけに退職した看護師が、退職後どのように転職していけばよいのかについてお話ししていきます。

 

うつ病になっても、看護師として働ける

 

うつ病になって退職したことのある看護師は、「もう看護師として働けなくなったらどうしよう」という不安を多く抱えています。

 

実際に、私の友人看護師Aさんもうつ病で退職したことがあります。彼女は今は元気にクリニック勤務をしていますが、当時のことを振り返ると「もう働くことができないと思ったのが一番辛かった」と話していました。

 

ですが、Aさんは今では元気にクリニックで勤務できています。看護師の資格を持っていれば、「うつ病になったらもう働けない」なんてことはありません。

 

今までの職場でなぜうつ病になってしまったのかを分析し、自分の体調に合わせて働くことができる職場を選べばよいのです。

 

今までの職場で「なぜうつ病になってしまったのか」を分析する

 

うつ病の発症には、ストレスが大きく関わっていると言われています。つまり、前の職場には、うつ病を引き起こさせる何かしらの原因があったと考えられます。

 

うつ病は、例えば以下のようなストレスが原因で引き起こされると考えられます。

 

・師長や先輩とそりが合わずに、不当な扱いを受け続けた

 

・残業続きの日々で、心も体も消耗しきってしまった

 

・有給を消費できないなど、労働環境が悪かった

 

・夜勤が多く、心身のバランスを崩してしまった

 

少しでも心当たりがあったならば、それがうつ病を引き起こすきっかけであったのかもしれません。

 

新しい職場を選ぶときには、自分の体調に合わせた職場を選んでいく必要があります。看護師が活躍できる職場は、病院の他にもクリニック、一般企業、介護保険施設、保育園などたくさんあります。焦らずに体調を回復させた後で、自分に合う職場をじっくりと選んでいけばよいのです。

 

まずは体調を整える

 

先述したように、例えうつ病になったとしても、元気になればまた看護師として働くことができるのです。そのためには、まずはしっかりと体調を回復させましょう。

 

主治医と相談しながら、薬物療法などをしていきます。いくつかの薬を組み合わせ、症状の緩和を図っていきます。もちろん薬は一生飲み続けるものではなく、症状に合わせて調節していきます。

 

また、人によっては、薬物療法の他に認知行動療法を勧められることもあるかもしれません。うつ病の発症には「完璧主義」「自己評価が低い」など、自分自身の考え方も大きく関わっています。自分の考え方の「クセ」に気づき、少しずつ修正することで、うつ病の再発を防ぐこともできます。

 

うつ病はすぐによくなるものではありません。主治医と相談し、「二歩進んでは一歩下がる」を繰り返しながら日々過ごしていくことで、徐々に回復していくのです。

 

決して焦らないでください。しっかりと体調を整え、主治医と相談して「そろそろ働いてみようか」と思えたときに、職場探しを始めるとよいでしょう。

 

自分の体調に合わせた職場を選ぶ方法

 

先述した通り、うつ病の発症にはストレスが関係しています。つまり、次に働く職場を選ぶときには、自分の体調に合わせて働ける職場を選ばなくてはいけません。

 

自分の体調に合わせて働くためには、例えば以下のような職場を選ぶとよいでしょう。

 

短時間勤務可能な職場

 

看護師は、常勤でなくても働けます。非常勤や単発アルバイト、そして派遣など、看護師の働き方には様々な種類があるのです。

 

非常勤看護師としてパートタイムで働けば、例えば「週に3回、4時間のみ」といった働き方が可能になる場合もあります。このような働きかたは時間に余裕があるため、常勤看護師に比べると心身への負担が少ないです。

 

まずは少しずつ仕事を始め、徐々に回数を増やしていくということで、無理なく看護師の仕事を再開ことができます。

 

人間関係がよい職場

 

また、人間関係が良い職場というのも、復帰する上では重要です。

 

どんなにやりがいのある仕事でも、人間関係が悪ければ働き続けることは困難です。ストレスが溜まり、心身に悪影響を及ぼしかねません。

 

ですが、実際には働いてみたことのない職場の人間関係を、自分一人の力で知るのは難しいと思います。

 

そこで役に立つのが、転職サイトに所属しているキャリアコンサルタントの力です。キャリアコンサルタントは、転職先の職場について、かなり詳細な情報を把握していることが多いです。そのため、「師長のキャラクター」「働く看護師の年齢層」「離職率」など、職場の雰囲気把握につながる情報を教えてもらうことができるのです。

 

転職時には自分の体について正直に伝えておく

 

それでは最後に、「転職時にうつ病のことを話すべきか」についてお伝えしていきます。

 

結論から言うと、うつ病の既往については伝えた方がよいです。なぜなら、あらかじめ自分の体のことを伝えておくことで無理のない働き方をさせてもらえる上に、万が一調子を崩したときなどに対応してもらいやすいからです。

 

そうはいっても、「正直に話すことで採用に不利になったらどうしよう」と考える人もいるでしょう。

 

確かに、「私はうつ病になったことがあります」という事実だけを伝えたならば、病院側としては心配になることもあるでしょう。ですが、例えば以下のように話せば、自分の体について正直に伝えつつ相手にも安心感を与えることができます。

 

私は3年前、総合病院外科病棟に勤務していましたが、うつ病と診断された後に退職しました。

 

その後心療内科にて薬物療法と認知行動療法を行ない、今では発症前と同じように生活することができています。

 

うつ病になってしまっていた要因としては、「自分の限界に気がつかずに無理をしすぎてしまった」「自分なりのリフレッシュ方法を持っていなかった」という2点が大きいと思います。そのため、療養中は自分自身と向き合い、考え方を変えたりリラックス方法を導入したりなどして、心身をベストな状態に持って行けるように調整していました。

 

今では主治医からも、働いて大丈夫と言われています。

 

一度大変な状況を味わったからこそ、辛い状況にいる患者さんの気持ちは前よりも分かるようになりました。この経験を自身の看護で生かしていきたいです。

 

このように伝えれば、相手は「この人は自分なりの対応法を持っているんだな」「大変な経験をバネに、成長したんだな」と前向きに感じてもらうことができます。

 

ですが、実際に面接の場でこのような状況を説明しようとしても、緊張のためうまく話せないことが多いです。言いたいことはたくさんあるのにうまく伝わらず、歯がゆい思いをするかもしれません。

 

そこで力になってもらえるのが、転職サイトのキャリアコンサルタントです。転職サイトには、「面接同行サービス」というものもあるのです。

 

面接同行サービスでは、面接の場にあなたの担当キャリアコンサルタントが同席し、あなたの今の状況や、あなたのよさについてアピールしてもらえます。もしあなたがうまく話せなくてもフォローしてもらえるため、非常に心強い存在です。

 

キャリアコンサルタントはこのほかにも、あなたの条件に合わせた職場探しをしてくれることはもちろん、転職する際の不安な気持ちの相談に乗ってもらえたり、転職後のフォローもしてもらうことができます。

 

私は次回転職する際キャリアコンサルタントに相談しようと思っています。また、私の友人でも実際にキャリアコンサルタントに相談に乗ってもらって転職した人が3人います。

 

特にその中の一人はうつ病で退職し、その後キャリアコンサルタントに相談に乗ってもらって転職したのですが、「退職の理由や現在の状況などを上手に説明してもらえてとても助かった」と言っていました。就職してからのフォローもあり、彼女は今も同じクリニックで働いています。

 

心身共に回復し、「再び看護師として働きたいという」気持ちになったならば、ぜひキャリアコンサルタントに相談してみてください。安心して看護師の仕事を再開することができます。

 


看護師が自らのキャリアを考えるとき、「同じ職場に留まって頑張る」または「自分に合う他の職場を探す」ことを考えます。子育てが終わり、仕事復帰を考える人もいます。


こうしたとき、ほとんどの人は看護師の転職サイトを活用します。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所など少ない求人の中から探すケースがほとんどですが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社もあれば、看護師との面談を重視することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、首都圏に強みを発揮する会社もあれば、地方求人を多く保有している会社もあります。


これらの違いを理解しなければ、よい転職・復職を実現させることはできません。そのため、まずは各転職サイトで何が異なるのかを理解するようにしてください。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

うつ病で退職した看護師の転職方法

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

うつ病で退職した看護師の転職方法

看護師であれば、「派遣看護師」として働く方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

うつ病で退職した看護師の転職方法

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


うつ病で退職した看護師の転職方法 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと
「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方
あなたの苦手な看護師長との関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
ブランクのある看護師が自分に合った職場を見つける方法
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法
「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト