あなたの苦手な看護師長との関わり方

あなたの苦手な看護師長との関わり方

 

看護師として働く上で、看護師長との関わりは避けて通れません。

 

看護師長が人格者であったり人望がある人の場合は、とても働きやすいです。そのような師長がいる職場は雰囲気が明るくなるため、人間関係などのトラブルもあまりありません。

 

ですが、看護師長との関係がうまくいかない場合には、「もう仕事に行きたくない」と考えるほど悩んでしまうこともあります。

 

このように仕事への姿勢をも変えてしまうことがあるほど、師長という存在は大きいのです。

 

そこで今回は、「嫌いな」「苦手な」師長が上司になったときにどのように対応していけばよいのかについてお話していきます。

 

看護師が「嫌い」「苦手」に感じる師長の特徴

 

まずは、どのような看護師長が「嫌い」「苦手」と思われやすいのかについてみていきましょう。

 

独裁的な師長

 

職場のすべてを自分の思うとおりに動かしたがる看護師長は、「苦手だな」と思われやすいです。

 

私の友人が勤めていた病棟の師長は、すべてを自分で判断して自分で決めたいタイプの人でした。少しでも師長と意見が違うことがあると、「それは違うよね!」とお説教が始まるため、周りのスタッフは怖くて誰も意見できなくなっていきました。

 

すべての物事が師長の意見で決まると、他のスタッフは息苦しくなります。

 

結果的にその病棟ではスタッフのほとんどが不満を抱えており、常にイライラとした雰囲気の悪い病棟になっていました。毎年の離職者も多く、新人教育もままならないような状況に陥ってしまいました。

 

えこひいきする師長

 

自分のかわいがっている看護師ばかりに目を掛け、そうでない看護師には冷たい態度を取る看護師長も、スタッフの不満を招きやすいです。

 

私の先輩が以前勤めていた病棟では、「病棟の雰囲気になじむ子」だけが優遇されていたそうです。明るく、きゃきゃぴとした要領のよい看護師はかわいがられる一方、物静かで生真面目なタイプの看護師は冷遇されて、あまり評価されていないとのことでした。

 

人事の評価は、師長によって決まります。

 

そのためその病棟では、師長のお気に入りの看護師がよい評価を得ており、そうでない看護師は例え仕事ができていても評価されませんでした。

 

人間誰でも「好き」「嫌い」という感情があるため、多少のえこひいきは仕方がない部分があります。ですが、明らかに平等性を欠いた評価ばかりしている師長は、周りからの評価をどんどん落としてしまいます。

 

やる気がない師長

 

また、やる気がなさすぎる師長も、スタッフからの不満が出やすいです。

 

私の友人が以前働いていた外来の師長は、他のスタッフが残業をしていても自分は真っ先に帰宅していました。
そして、「相談があるのですが……」と持ちかけても「私にしないで副師長に相談してください」などとすぐに仕事を他の人に振ってしまい、なかなか動いてもらえないとのことでした。

 

もちろん、効率的に働くためには、他の人に仕事を振ることも必要です。また、師長自身のライフワークバランスを考えれば定時に帰ることは悪いことではありません。

 

ですが、あまりにこのようなエピソードが続くと、「師長はやる気がないのかな」と思われてしまいます。そして「師長が相談に乗ってくれない」という失望感から、職場全体のモチベーションが低下していく可能性もあります。

 

大声で怒鳴る師長

 

ナースステーションなど人目のあるところで、小さな問題について大声で怒るような師長も、苦手だと思われやすいです。

 

医療現場は、患者さんの命を預かるシビアな現場です。そのため、患者さんに危険が及びかねないような行為があった場合には、時に厳しく叱ることは必要です。これは、看護師として働く上で必要な指導です。

 

ですが、あまり重要な問題でない時にまで人前で大きな声で怒鳴るのは、怒られた看護師の尊厳を傷つけてしまう場合があります。

 

場合によっては「パワハラ」に該当するかもしれません。

 

このような師長が上司であるときには、スタッフは自分自身を守ることを第一に考える必要があります。怒鳴られ続けたり、ひどい言葉を浴びせ続けられることで、自分の精神状態が乱れてしまうこともあるからです。

 

苦手な師長との関わり方

 

ここまで4つのタイプの師長についてお話してきました。看護師の職場では、素晴らしい看護師長がいる一方、このように困ったタイプの師長がいることも事実なのです。

 

ですが、働いていく上ではどうにか師長と折り合いを付けていかなくてはいけません。

 

今苦手な師長の元で働いている人は、以下のような方法を試してみましょう。

 

業務連絡はきちんとし、それ以外にはなるべく接触しない

 

「患者さんについてのレポート」「業務についての相談」など、看護師長と話をしなくてはいけない場面は多くあります。このように業務上必要な連絡事項については、例え苦手な師長であってもきちんと欠かさないようにしましょう。

 

「自分が苦手だから」という理由で必要な会話もしないようではいけません。最悪の場合、患者さんの命に関わってきてしまう場合もあります。最低限必要な会話はきちんとする勇気をもちましょう。

 

ですが、プライベートな会話などは、無理にしなくてもよいです。

 

師長とは、あくまで仕事上の付き合いです。苦手な師長は、「仕事上の付き合い」と割り切り、無理に関わろうとしなくてよいのです。

 

自分自身の仕事に集中する

 

また、苦手な師長にとらわれすぎず、目の前の仕事に集中するという手段も必要です。

 

苦手な人が職場に居ると、どうしてもその人のことに意識が集中してしまいます。「この人は何を思っているんだろう」「レポートの時に怒られたらどうしよう」などと、苦手な師長と関わることばかりを考えてしまうかもしれません。

 

ですが、あなたが仕事で一番意識すべきなのは患者さんのことです。

 

「師長が苦手で嫌だ」という気持ちは一度置いておいて、「この患者さんに何かできることはあるか」というように意識を変えてみましょう。

 

非常に忙しい看護師の仕事の中で、このような考え方にすぐにシフトとするのは難しいでしょう。

 

ですが、このような考え方ができれば、あなたは看護師として一段成長することができます。

 

看護部長に相談する

 

これはある意味では最終手段かもしれませんが、看護師長の上の職位である「看護部長」に相談するという方法もあります。

 

病院によって看護師の役職名は異なります。そのため、看護師長の上には別の役職の看護師がいる場合もあります。ですが、どんな名称であれ、総合病院では看護師長よりも上の立場の看護師は必ずいます。

 

今の師長の体制に限界を感じたならば、何人かのスタッフで看護部長に相談するという方法も残されています。そうすることで、「師長を変えてもらう」「師長に直接指導してもらう」などの根本的な解決に近づく可能性があります。

 

ここまで苦手な看護師長との関わり方をいくつか見てきました。

 

今回挙げた例はほんの一部です。実際にはもっといろいろな「困った」看護師長がおり、頭を悩ませている人も多いと思います。

 

ですが、もしほんの少し余裕が持てそうであれば、看護師長の立場についても想像してみてください。

 

もしかしたらあなたの看護師長は就任したてで、誰にも頼れずいっぱいいっぱいになっているのかもしれません。「しっかり病棟運営しなくては」と考えすぎるあまり、厳しくなりすぎている可能性もあります。

 

もしも少しだけ師長の立場を考えることができたならば、師長への見方が少し変わりませんか?

 

もちろん、師長が「困った人」である場合、直接影響を受けるのは働く看護師です。困った師長の元で働く看護師は、とても辛いです。

 

しかし、「師長も必死なのかな」「いっぱいいっぱいなのかな」という視点を持つだけで、病棟全体を冷静に見渡し視野を手に入れることができる場合もあるのです。

 

苦手な師長とは無理に関わらないスタンスでいながら、「師長はどういう立場で何を考えているんだろう」ということを少し想像することにしましょう。そうすることで、今の状況を冷静に考えることができ、自分自身の気持ちも少し楽にすることができます。

 


看護師が自らのキャリアを考えるとき、「同じ職場に留まって頑張る」または「自分に合う他の職場を探す」ことを考えます。子育てが終わり、仕事復帰を考える人もいます。


こうしたとき、ほとんどの人は看護師の転職サイトを活用します。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所など少ない求人の中から探すケースがほとんどですが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社もあれば、看護師との面談を重視することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、首都圏に強みを発揮する会社もあれば、地方求人を多く保有している会社もあります。


これらの違いを理解しなければ、よい転職・復職を実現させることはできません。そのため、まずは各転職サイトで何が異なるのかを理解するようにしてください。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

あなたの苦手な看護師長との関わり方

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

あなたの苦手な看護師長との関わり方

看護師であれば、「派遣看護師」として働く方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


あなたの苦手な看護師長との関わり方 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと
「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
ブランクのある看護師が自分に合った職場を見つける方法
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
うつ病で退職した看護師の転職方法
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法
「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト