看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら

看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら

 

「なんとなくだるさが取れない」「頭が痛い」「下痢や便秘がひどい」などの症状はありませんか?

 

これらの症状は、もしかすると自律神経の乱れが原因かもしれません。

 

看護師は、「夜勤などの不規則勤務」「ストレスが大きい仕事」などの理由により、自律神経が乱れやすい傾向にあります。その結果、自律神経失調症になってしまうこともあります。

 

自律神経失調症になると心身が様々な不調に見舞われてしまいます。仕事にもプライベートにも大きな影響が出る、非常に辛い問題なのです。

 

今回は自律神経失調症についての基本的な知識や、看護師が自律神経失調症になってしまったときの対応法についてお話していきます。

 

自律神経失調症とは

 

自律神経とは、交感神経と副交感神経からなる、体の調子を整える神経のことです。「緊張するとどきどきする」「リラックスすると呼吸がゆっくりになる」などは、すべて自律神経の働きにより起きているのです。

 

自律神経が正常に働いているときには、体の調子は問題ありません。ですが、何かしらの理由により自律神経の調子が狂うと、体にさまざまな不具合が生じてしまう場合があります。

 

ちなみに、「自律神経失調症」には明確な診断基準がありません。「この症状が現れたから、自律神経失調症だ!」という定義はないのです。つまり、自律神経失調症は病名ではなく、さまざまな症状が現れている「状態」であるということができます。

 

実際には、様々な症状が現れているにも関わらず器質的な疾患がないと診断された場合に、自律神経失調症と呼ばれます。

 

自律神経失調症の症状

 

それでは、自律神経失調症にはどのような症状があるのかみていきましょう。

 

自律神経失調症には、大きく分けて「体の症状」と「心の症状」があります。

 

体の症状

 

疲労感、倦怠感、だるさ、めまい、偏頭痛、ほてり、動悸、睡眠障害、便秘、下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感、食欲不振

 

このように、自律神経失調症には多様な症状が出現する可能性があります。なぜこんなに様々な症状が出る可能性があるかというと、自律神経は全身に影響を及ぼす神経だからです。

 

では次に、心の症状についてみていきましょう。

 

心の症状

 

イライラ、不安感、落ち込み、抑うつ気分、やる気が出ない、焦燥感、感情の起伏が激しい

 

自律神経失調症になると、体だけではなく心の状態も不調になってしまうことがあります。

 

このように、自律神経失調症になると、体と心の両面に様々な症状が現れます。

 

自律神経失調症とうつ病の違い

 

自律神経失調症の症状を見て、「うつ病の症状と似ている」と感じた方もいるかもしれません。

 

確かに、自律神経失調症とうつ病の症状には共通する部分も多くあります。ですが、うつ病の場合には自律神経失調症とは少し違う症状がでる場合があります。具体的には以下のような症状です。

 

強い抑うつ状態、意欲や行動力の極端な低下、認知のゆがみ、自殺念慮

 

このように、うつ病では思考面にも影響が現れるほか、症状が悪化すると自殺念慮が起きる場合もあります。

 

そうはいっても、自律神経失調症とうつ病の見分けは専門医でなくては分かりません。そのため、自己判断するのではなく、必ず専門医に相談するようにしましょう。精神科や心療内科に行けば診断してもらうことができます。

 

自律神経失調症の原因

 

それでは次に、どのような原因で自律神経失調症になってしまうのかについてみていきましょう。

 

自律神経失調症になってしまう原因は、一つではありません。元々の性格・体質も関係しているところに、様々な原因が組み合わさって発症してしまうことがあります。

 

元々の性格や体質としては、以下のような体質の人が自律神経失調症になりやすいと言われています。

 

ストレスに弱い体質

 

「緊張すると下痢をしてしまう」「場所が変わると眠れなくなる」「すぐに吐いてしまう」など、もともとストレスが体に出やすい人がいます。このような人は自律神経が乱れやすいため、自律神経失調症になりやすい傾向があります。

 

ストレスに弱い性格

 

「人の評価を気にしすぎてしまう」「なかなか断れない」「気持ちの切り替えができない」など、ストレス処理が苦手な人がいます。このようにストレスをため込みやすい性格の人も、自律神経失調症になりやすいと言われています。

 

もちろん、上述したような体質・性格でなくても自律神経失調症になってしまうこともありますが、一般的にはこのような体質・性格の人の方が自律神経失調症になりやすいとされています。

 

不規則な生活

 

夜勤により昼夜逆転の生活となってしまったり、連日の残業により睡眠時間が少ない生活が続いたりすると、自律神経の乱れを引き起こすことがあります。そして、このようなバイオリズムを無視した生活により、自律神経失調症となってしまう可能性があるのです。

 

過度なストレス

 

「職場のストレス」「人間関係のストレス」「仕事のストレス」などが溜まっていき、それが発散できないと、ストレスをため込むことになってしまいます。ストレスが自律神経失調症のきっかけとなるケースは非常に多いです。

 

環境の変化

 

仕事の変化、人間関係の変化などがストレスとなり、それがきっかけで自律神経失調症を引き起こすこともあります。

 

このように、自律神経失調症の引き金となるような原因は、身近なところに潜んでします。

 

特に、夜勤などの不規則勤務が多い看護師は、自律神経が乱れてしまうリスクが高いです。その結果、いくら元々は元気でストレスに強い人であっても、あまりのストレスにより自律神経失調症となってしまうこともあるのです。

 

看護師が自律神経失調症と付き合っていくためには

 

体のあちこちに症状が出てしまい、仕事はおろか日常生活にまで影響が及んでしまうのはとても辛いことです。「もしかしたら自律神経失調症かも」と思ったら、早めに専門医の元へ受診すると共に、今のライフスタイルを見直す必要が出てきます。

 

先述したように、自律神経失調症の大きな原因は「不規則な生活」と「過度のストレス」です。つまり、もしも自律神経失調症になってしまったならば、これらの原因を除去しない限り、根本的な解決をするのは難しいのです。

 

ですが、幸いなことに看護師の資格はいろいろな場所で生かすことができます。看護師が働く場所は病院だけでなく、クリニックや一般企業、保育園などたくさんあるのです。

 

そのため、自律神経失調症になっても悲観することはありません。むしろ、「今までの生活を見直して、本当に自分らしい生活を手に入れるチャンスだ」と前向きに捉えてみましょう。

 

実際に私の友人Aさんも、自律神経失調症をきっかけにライフスタイルを大きく変えました。

 

Aさんは、総合病院のICUで勤務していました。夜勤専従も多く、残業や勉強会の多い部署でも頑張って働いていたAさんでしたが、あるとき「めまい」「耳鳴り」「頭痛」の症状が出てきました。症状はずっと続き、彼女はロキソニンが手放せない生活をしていました。

 

症状はどんどん辛くなっていったため、Aさんは内科、耳鼻科、心療内科を受診し、ついに「自律神経失調症」と診断されました。

 

彼女はその診断にショックを受けていましたが、「今までの激務で体を壊してしまっていたんだ」ということに気がつきました。そして、思い切って今まで働いていたICUを辞める決断をします。

 

「この総合病院にいる限り待遇は変わらない」と考えたAさんは、退職後しばらくして別の総合病院に転職しました。今ではその病院の外科病棟で勤務し、症状が再燃することなく元気に働いています。

 

このように、自律神経失調症になってしまったという事実は辛いけれども、あなたに「もっと体を大事にしてほしい」というメッセージを送ってきているという考え方もできます。

 

いくら好きな仕事でも、激務がたたって体を壊してしまっては元も子もありません。今の職場にしがみつかなくても、あなたが自分らしく生き生きと元気に働くことができる職場はたくさんあります。

 

「自分は自律神経失調症かもしれない」「辛い症状がずっと続いている」と言う人は、是非一度自分の生活について見直してみてください。看護師にはいろいろな働き方があるということを心に留め、視野を広げてみることが必要です。

 


看護師が自らのキャリアを考えるとき、「同じ職場に留まって頑張る」または「自分に合う他の職場を探す」ことを考えます。子育てが終わり、仕事復帰を考える人もいます。


こうしたとき、ほとんどの人は看護師の転職サイトを活用します。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所など少ない求人の中から探すケースがほとんどですが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社もあれば、看護師との面談を重視することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、首都圏に強みを発揮する会社もあれば、地方求人を多く保有している会社もあります。


これらの違いを理解しなければ、よい転職・復職を実現させることはできません。そのため、まずは各転職サイトで何が異なるのかを理解するようにしてください。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら

看護師であれば、「派遣看護師」として働く方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法

 


看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと
「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方
あなたの苦手な看護師長との関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
ブランクのある看護師が自分に合った職場を見つける方法
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
うつ病で退職した看護師の転職方法
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法
「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト