新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方

新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方

 

新人看護師として日々頑張っているあなたは、「休みの日も夜勤明けの日も、ずっと勉強しなくてはいけない」と考えていませんか?

 

もちろん、新人看護師に勉強は欠かせません。覚えることは膨大にある上、そもそも勉強しないと日々の業務が成り立たないからです。

 

ですが、「ずっと勉強だけやる」というのは、実は非効率的な方法なのです。勉強しながらも日々の業務を元気に過ごしていくためには、休日にいかにリラックスするかが重要になります。

 

今回は、新人看護師がメリハリを付けながら楽しく生活するための、休日の過ごし方についてお話していきます。

 

休日は思いっきりリラックスできる時間を持つべき

 

なぜ休日には思いっきり休むことが必要なのかについて、まずは私自身の体験をお伝えしたいと思います。

 

新人看護師になりたての頃、私は覚えなくてはいけない膨大な知識の量に唖然としていました。私がいた病棟はがん治療をしていたのですが、「プロトコール」などと言われてもさっぱり理解できなかったのはもちろん、「抗がん剤」「放射線療法」なども一切扱ったことがないため、副作用も「ちんぷんかんぷん」でした。

 

そのため、休みの日は一日中図書館にこもって勉強していました。

 

最初の頃は、そのような生活も苦ではありませんでした。ですが、それを2か月3か月……と続けていくうちに、私はあることに気がつきました。それは、「勉強しても全く終わりが見えない」ということです。

 

2、3か月の間ほとんど息つく暇もなく勉強し続けてきた私でしたが、だんだんと終わりが見えない勉強だけの生活に、限界を感じるようになりました。そして、徐々に「眠気が取れない」「仕事中の集中力が低下する」「涙もろくなる」などの症状が出現するようになったのです。

 

これはよくないと思った私は、大学時代に仲の良かった看護師の先輩にアドバイスを求めました。すると、「社会人になってからは、自分なりにリフレッシュできる方法をもっていることが何よりの強みになるんだよ」と教えてもらいました。

 

勉強が大好きな人はいいです。しかし、私を含め「勉強が大好き」という人でない場合は、ずっと仕事と勉強だけしていては参ってしまいます。仕事も勉強も全力でするためには、「休日にしっかり休むこと」「自分に合ったリフレッシュ方法を見つけること」は必須なのです。

 

仕事ができる人は息抜きもうまい

 

仕事ができる人は、皆息抜きが上手です。これは、私自身が、周りの「仕事ができる」人達をみてきた経験から言えることです。

 

例えば、私が以前看護師として働いていた職場の先輩に、非常に優秀で仕事ができる人がいました。先輩は仕事が丁寧なだけでなく、医学書レベルの知識ももっており、医師とも対等に治療方針について話し合えるような人でした。

 

私はあるときその先輩に、「なぜそんなに仕事に集中して全力が出せるのか」と聞いたことがあります。すると先輩は、「趣味のライブに力をもらっているからだよ」と言っていました。

 

先輩は仕事に全力を尽くす一方で、2月に1度ほど連休を取っては各地のライブイベントに参加していたのです。そして、ライブに参加することで心身のリフレッシュを図っているとのことでした。

 

また、私の友人で大手企業に就職している人がいます。彼は朝から夜は終電までの仕事で忙しい暮らしをしていますが、順調に成績を伸ばしており、若手ながら大きなプロジェクトのリーダーを任されるようになったそうです。

 

その彼に、「そんなに仕事をしてストレスがたまらないの?」と聞いたところ、彼は「休日にテニスをすることでリフレッシュを図っているんだよ」と答えてくれました。仕事の日は仕事に全力を尽くす一方、休日は思いっきり大好きなテニスをすることでバランスを保っているのだそうです。

 

このように、仕事で成果を上げている人は皆、自分なりのリフレッシュ方法をもっています。そして休日にはしっかりリフレッシュして、また仕事に打ち込むことができるコンディションをつくっているのです。

 

自分に合ったリラックス方法を見つける

 

それでは、リフレッシュ方法には具体的にどのようなものがあるのかみていきましょう。

 

スポーツをする

 

体を動かすことは、心身共によい影響を及ぼします。仕事をこなすための体力がつくだけではなく、運動不足から来る肩こりや腰痛などを防ぐことができます。また、運動はうつ病の発生率を下げるという研究結果もあります。このように、スポーツは心身どちらにとってもよいリフレッシュとなるものです。

 

今まで学生時代にスポーツをしていた人は、それを継続させてもよいでしょう。各地域には社会人スポーツクラブがあるため、そのようなクラブに所属すれば好きなスポーツが楽しめるだけではなく、仲間作りにもなります。

 

また、今までスポーツをしていなかった人は新しくスポーツを始めてもよいです。

 

私は社会人になってから、当時の師長の影響でマラソンを始めました。ダイエットにも体力作りにも効果的なマラソンはとても楽しく、始めて半年後にはハーフマラソンを完走できるまでになりました。

 

激しい運動が苦手な人は、ヨガやストレッチをしてもよいです。体を動かすことは思っている以上に心身両面に良い影響があるので、できそうなものから取り入れてみるとよいでしょう。

 

旅行に行く

 

また、旅行に行って現実から離れることもよいリフレッシュ方法です。

 

看護師は、基本的にシフト勤務です。「日勤」「夜勤」「遅番」などの生活リズムがばらばらな勤務をこなすのは、非常に大変なことです。しかしその分、まとまった休みが取りやすいという特徴もあります。

 

日常生活に煮詰まってしまっている人は、思い切って休暇を利用して旅行に行ってみてください。友人や家族とでもよいし、もちろん一人でもよいです。

 

不思議なことに、いつもの生活圏を離れるだけで、いつもとは違った考え方ができるようになります。日常生活の中では混沌とした状況にいる人も、旅行中は客観的に今の状況を見つめ直せるようになります。

 

そして、美しい景色を見て、おいしいものを食べ、ゆっくりとリラックスすることで、「また頑張ろう」というエネルギーをもらうことができます。

 

おいしいものを食べる

 

食べるのが好きな人は、おいしいものを食べに行くこともよいリフレッシュ方法の一つです。

 

頑張って稼いだお金で、たまには自分へのご褒美としてホテルのビュッフェなどに足を運んでもよいでしょう。看護師として働き始めるとまとまったお金を手に入れることができるため、「話題のお店」「おいしいお店」などに足を運びやすくなります。

 

また、看護師の食生活は、意外と乱れがちです。そのため、休日には野菜をたっぷり使った料理を食べることも、心身のリフレッシュだけでなく体のメンテナンスという面からも効果的です。

 

買い物をする

 

自分の好きな洋服やバッグ、靴などを買うことができるのも、社会人の特権です。

 

特に夜勤をしている看護師は、まとまった額の給料を手にすることができます。そのお金で自分の好きなものを買うことも、モチベーションアップに貢献してくれます。仕事中に辛くても、「もう少し頑張ったら次のボーナスでバッグを買おう」と考えれば、どうにか頑張れたりもするものです。

 

これらのリフレッシュ方法は、実際に私が看護師時代に実践していたことです。一つだけでなくいくつものリフレッシュ方法をもつことで、心身共に元気に働くことができるようにしていました。

 

どの方法が自分に合っているのかは、いろいろ試してみないと分かりません。ぜひ、様々な方法を試し、あなたが元気に働き続けるための休日の過ごし方を見つけてください。

 


看護師が自らのキャリアを考えるとき、「同じ職場に留まって頑張る」または「自分に合う他の職場を探す」ことを考えます。子育てが終わり、仕事復帰を考える人もいます。


こうしたとき、ほとんどの人は看護師の転職サイトを活用します。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所など少ない求人の中から探すケースがほとんどですが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社もあれば、看護師との面談を重視することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、首都圏に強みを発揮する会社もあれば、地方求人を多く保有している会社もあります。


これらの違いを理解しなければ、よい転職・復職を実現させることはできません。そのため、まずは各転職サイトで何が異なるのかを理解するようにしてください。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方

看護師であれば、「派遣看護師」として働く方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方

 


新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと
「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方
あなたの苦手な看護師長との関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
ブランクのある看護師が自分に合った職場を見つける方法
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
うつ病で退職した看護師の転職方法
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法
「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト