新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情

新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情

 

誰もが通る道である新人看護師時代は、激動の1年間です。

 

「初めての社会生活」「新しい職場」に慣れるだけでも大変だというのに、勉強しなくてはいけないことはたくさんあります。さらに、病棟勤務の場合には夜勤などの不規則勤務もあるのです。まるでジェットコースターに乗っているような日々です。

 

一生懸命歯を食いしばりながら毎日働く中で、フッと「もう辞めたい」と考えることがあります。

 

実際に私も、新人看護師の頃は100回以上「もう辞めたい」と思いました。辞めたい気持ちが強くなり、実際に転職活動までしたほどです。

 

今回は、新人看護師が必ず通る道である「辞めたい」という気持ちへの向き合い方について考えていきます。また、実際に1年目で退職した場合にはどうなるのかについてもお話していくので、あなたのキャリアを考える上での参考にしてみてください。

 

新人看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング

 

まずはじめに、新人看護師はどんなときに「もう辞めたい」と思うのかについてみていきましょう。

 

覚えることが多すぎて大変

 

新人看護師は、覚えることが本当にたくさんあります。これは、看護学校で得る知識と、臨床で使う知識が全く異なるからです。

 

看護学校時代に得る知識は、基本的な事柄がほとんどです。「体の仕組み」「病気についての最低限の知識」など、生物の知識を少し延長させた程度の内容になります。

 

しかし、臨床で使う知識は、かなり高度な内容になります。例えばがん治療をしている病棟であれば、「がん治療のプロトコール」「抗がん剤の副作用」「がんの先端医療」「放射線療法」など、かなり専門性の高い内容を知っていなければいけません。

 

そのため、臨床に出たての新人看護師は、分厚い医学書とにらめっこしながらこれらの知識を必死に覚えなくてはいけないのです。

 

これは、とても大変なことです。毎日必死で勉強しても覚えることは山のようにあるため、「もう辞めたい」と感じることもあります。

 

職場の人間関係にうまくなじめない

 

また、看護師1年目は、職場に適応するのに時間がかかる場合があります。

 

誰でも、新しい職場になじむまでには時間がかかるものです。新人看護師の場合は特に、「仕事が自立してできない」「初めての社会人経験である」などの特徴があるので、職場になじむのに時間がかかってしまうことも多いのです。

 

なかなか仕事ができずに肩身の狭い思いをしたり、休憩室で仲良く談笑している先輩達の中に入れず疎外感を感じたりといったことが続くと、「自分には居場所がない」と感じて職場に行きにくくなることがあります。

 

また、「人員の余裕がない」「十分な新人教育が行なわれていない」などの特徴がある職場の場合には、最悪の場合いじめなどの人間関係トラブルに発展することがあります。

 

人間関係トラブルがすぐに解消できる場合には問題ないです。しかし、なかなか解決に至らなかったり、職場の中でどんどん居場所がなくなっていったりといったことが続くと、抑鬱状態に陥ってしまい、「もう辞めたい」と真剣に悩むようになります。

 

夜勤などの不規則勤務が体に合わない

 

多くの新人看護師が不安に思うことの一つが、夜勤などの不規則勤務です。

 

夜勤には、「合う」「合わない」があります。日勤よりも夜勤の方が好きという人もいる一方で、夜勤をすると体調が悪くなってしまう人もいます。

 

しかし、ほとんどの人は就職するまで夜勤の仕事をしたことがありません。そのため、夜勤が自分に合うか合わないかは、働いてみないと分からないのです。

 

夜勤が問題なくこなせる人はよいです。しかし、夜勤をすると「頭が痛くなる」「不眠になる」「抑鬱状態になる」などの症状が出た場合には、夜勤の度にとても辛い思いをしてしまいます。

 

その場合、勤めている職場が夜勤のないシフトに変更してくれたならば問題ありません。しかしそうではない場合には、心身を守るためにも夜勤のない職場に変更することを本気で検討した方がよいかもしれません。

 

自分の興味のある領域ではなかった

 

多くの新人看護師が就職する総合病院では、どこの病棟に配属になるのかは入職してみないと分かりません。面接時に希望の科を聞かれることがほとんどですが、実際に自分の興味のある病棟に就職できるかは運次第なのです。

 

運良く自分が興味のある科に配属されれば良いです。しかしそうではない場合、「興味の無い領域で働かなくてはいけない」という事態に陥ります。

 

実際に私の友人でも、小児科希望にもかかわらず手術室勤務になった人がいました。

 

彼女は手術室の看護師として一生懸命勉強し、働きました。しかし働いていくうちに次第に違和感を感じるようになり、1年で退職しました。今では彼女は子ども病院で働いています。

 

また、希望の配属になったにも関わらず、働いてみると「やっぱり違う」と感じることもあります。

 

私の友人で、希望して精神科病院に入職した人がいました。彼女は学生時代から精神科希望だったため、働き始めたころはとても喜んでいました。

 

しかし、働くうちに「自分がやりたいのは精神科看護ではない」と気づき、1年で退職しました。今では訪問看護ステーションで働いています。

 

もちろん、働くうちに自分の領域をどんどん好きになることも多いです。ですがそうではない場合には、「退職して違う道を模索しようか」と感じることがあります。

 

新人看護師が退職する時に心配になること

 

それでは次に、新人看護師が「退職しようか」と悩む時に心配になることは何か説明していきます。

 

「1年で辞める」とは今の職場に言い出しにくい

 

新人看護師は、「教えてもらうこと」「フォローしてもらうこと」が多い立場です。

 

職場の先輩達は、新人看護師が独り立ちできるように、たくさんのことを指導し、助けてくれます。

 

そのため、新人看護師が退職を考えるときには「ここまで育ててもらったのに申し訳ない」「1年で辞めるというと、目を付けられてしまうのではないか」と心配になることがあるのです。

 

しかし、実際にはそのような心配はいりません。なぜなら、1年目で退職する人は意外にもたくさんいるからです。私自身や私の友人の経験では、新しい部署に配属された新人看護師のうち、毎年1人は退職していることが多いです。

 

もちろん、1年で辞めるというのを看護師長に伝えにくいのは理解できます。ですが、あなたがたくさん悩み、出した答えであれば、勇気を出して管理職に伝えてみるようにしましょう。

 

今辞めることは「逃げ」ではないのか

 

また、1年で辞めることに対して「自分は逃げているだけではないのか」と感じることもあります。これについては、辞めようと思った原因によって異なります。

 

「勉強が大変」「仕事が大変」などの理由で退職を考えた場合には、正直なところ「もう少し頑張ってみてもよいのではないか」と私個人は思います。なぜなら、看護師1年目というのは今後の看護師人生の土台になる大切な時期であるため、学ぶべき時に必死に頑張ることで後々楽になるからです。

 

しかし、「夜勤が体に合わない」「今の職場にどうしてもやりがいを見いだせない」などの場合は、退職・転職を考慮してもよいと思います。なぜなら、これらの問題は今の職場にいる限りずっと続いてしまうからです。

 

「キャリアアップのための退職」ならば全く問題ない

 

最後に、看護師1年目で退職したときには「自分のキャリアに傷が付くのではないか」と不安に思っている人にお伝えしたいことがあります。

 

それは、「キャリアアップのための退職」であれば、自分のキャリアに傷が付くことはないということです。もちろん、次に転職活動をするときにも不利になることはありません。

 

これは、実際に私の知人の転職コンサルタントが話していたことです。

 

彼は、看護師1年目で退職することに関して以下のように話していました。

 

確かに、「1年で退職」という経歴があると、採用側としては「なんで?」と気になります。

 

しかし、そのときに「自分は今までの職場で○○ということを学んだ。その結果、次に○○というキャリアアップをしたいと思った」と、しっかり自分の言葉で語ることができたならば、全く問題ありません。

 

看護師は、多様な働き方ができる仕事です。そのため、きちんと理由さえ説明できれば1年で退職してもよいのです。

 

一つ注意すべきなのは、仮に退職理由が「人間関係トラブル」「職場への待遇の不満」などであったとしても、転職時には「キャリアアップのため」と先方に伝えることです。これにより、キャリアに傷を付けることなく円満に退職・転職できます。

 

新人看護師時代は、大変なことがたくさんあります。日々悩み、自分の今後について考える機会も多いでしょう。

 

そんなとき、選択肢の一つとして「退職」を考えることは決して悪いことではありません。

 

自分のキャリアについて、もっと自由に考えてみてください。

 


看護師が自らのキャリアを考えるとき、「同じ職場に留まって頑張る」または「自分に合う他の職場を探す」ことを考えます。子育てが終わり、仕事復帰を考える人もいます。


こうしたとき、ほとんどの人は看護師の転職サイトを活用します。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所など少ない求人の中から探すケースがほとんどですが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社もあれば、看護師との面談を重視することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、首都圏に強みを発揮する会社もあれば、地方求人を多く保有している会社もあります。


これらの違いを理解しなければ、よい転職・復職を実現させることはできません。そのため、まずは各転職サイトで何が異なるのかを理解するようにしてください。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情

看護師であれば、「派遣看護師」として働く方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと
「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方
あなたの苦手な看護師長との関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
ブランクのある看護師が自分に合った職場を見つける方法
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
うつ病で退職した看護師の転職方法
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法
「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト