看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方

看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方

 

看護師は「白衣の天使」と言われています。ですが、白衣の天使にも感情はあります。看護師として日々たくさんの患者さんと接する中で、「困った患者さんだな」「嫌だな」と思うこともあります。

 

ですが、看護師として働く以上、そのような自分が苦手な患者さんとも関わっていかなくてはいけない場合があります。そこで今回は、苦手な患者さんとどのように関わっていったら良いのかについてお話していきます。

 

患者さんの「困った行動別」関わり方

 

看護師が患者さんを「苦手だな」と思う時、何かしらのきっかけがあることが多いです。まずは、患者さんの「困った行動」別に、どのように関わったら良いのかみていきましょう。

 

要求が多い

 

看護師として働いていると、様々な人に出会います。「先生と看護師さんにお任せしていますので」と特に何も言ってこない患者さんもいれば、ベッドサイドに行くたびに様々な要求を伝えてくる患者さんもいます。

 

看護師の立場からすると、忙しい時にたくさんの要求を突きつけられると「困ったな」と感じることもあります。ですが、患者さんの立場からすると、それだけ不安が大きくて苦しんでいるのです。仮にナースコールの内容が「机の上のものを取ってほしい」のような些細な内容であったとしても、「今は不安が大きいんだな」と理解してあげるようにしましょう。

 

「不安なのは分かるけど、忙しすぎて話をゆっくり聞けない」「忙しすぎてイライラしてしまう」ということもあるかもしれません。それは、忙しい看護師の仕事を考えると仕方がないことです。

 

ですが、そのようなときには、「不安なんだな」という患者さんの状況を理解しているだけでも、あなたの気持ちが患者さんに伝わります。

 

怒りっぽい

 

患者さんの中には、すぐに怒りをむき出しにしてくる人がいます。「その言葉遣いは何なんだ!」「今すぐ担当の看護師を変えろ!」など、ベッドサイドに行く度に怒られていては、ベッドサイドに行くのが億劫になってしまうことがあります。

 

このように怒りぽい患者さんに会ったとき、注意すべきことがあります。それは、「何がきっかけで怒っているのか」をきちんと把握することです。

 

元々怒りっぽい性格の患者さんの場合は、「聞き流す」「複数人で対応する」「担当が偏らないようにする」などの対応をする必要があります。怒りっぽい言動は性格的なものも大きいため、看護師としてはそれに合わせていくしかありません。

 

ですが、あるときから急に怒りっぽくなった場合には、その背景に病気が隠れていないか疑ってみる必要があります。

 

「前はこんなに怒る人じゃなかったのに」と感じたならば担当医に報告し、器質的な病気も含めて検査してみる必要があります。

 

大声で威嚇してくる

 

患者さんの中には、看護師に対して高圧的な態度を取ってくる人がいます。「大声でどなりつける」「強い口調で攻撃してくる」などです。

 

このような場合には、一人で対応せずに複数人で対応するようにしましょう。

 

例えば、受け持ちの患者さんが当然大きな声で怒り出したとします。その場合には、「上の者に確認します」などと一声掛けてから、リーダー看護師や師長、副師長などに相談し、一緒に対応してもらうようにしましょう。これは、上のスタッフと一緒に対応することで患者さんに安心感を与えると同時に、看護師自身を守るためでもあります。

 

また、あなたが恐怖を感じるほどに患者さんが大声を出し始めたならば、すぐにベッドサイドから逃げるかナースコールを押すようにしましょう。大事なのは、あなた自身を守ることです。

 

セクハラをしてくる

 

病院で働いていると意外と遭遇することがあるのが、患者さんからのセクハラです。実際に、私の友人でも「おしりを触られた」「いやらしいことを言われた」などの被害を受けた人があります。

 

このような場合には、すぐにリーダーや管理職に報告してください。

 

セクハラは、あってはならないことです。「病気だから」「弱っているから」などは一切関係ありません。

 

病院の規則によっては「強制退院」になることがあるほど、スタッフへのセクハラに関しては厳しく対応している病院がたくさんあります。

 

このように、患者さんの困った行動に関しては、それぞれの行動に合わせた対応をしていくようにしましょう。

 

また、あなた自身もストレスをため込まないようにすることが大切です。「好きなスポーツをする」「友人と飲みに行く」「ショッピングをする」など、自分に合うストレス解消法を身につけておきましょう。

 

看護師として働いていると、困った患者さんに対応しなければいけないこともあります。ですが、その反面素晴らしい患者さんとの出会いもたくさんあります。そしてそのどちらも、あなた自身を人間的に成長させてくれるものです。

 

今は大変すぎて「そんな風に思えない」と感じるかもしれません。ですが今の経験は必ず生きてくる時が来ます。

 

溜まったストレスはうまく解消しながら、患者さんと向き合っていきましょう。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、「対応エリア」「扱っている仕事内容」に注意して探さなくてはいけません。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと
「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
あなたの苦手な看護師長との関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
ブランクのある看護師が自分に合った職場を見つける方法
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
うつ病で退職した看護師の転職方法
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法
「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト