看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法

看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法

 

看護師は、やりがいのある素晴らしい仕事です。

 

その一方で、看護師の仕事はストレスが溜まりやすいということも事実です。「不規則勤務」「緊張感の高い職場」「対人関係のストレス」「職場のストレス」……など挙げればきりがないほどに、看護師の仕事はストレスであふれています。

 

そんなストレスフルな看護師が長く働いていくためには、自分でストレスを解消させなくてはいけません。実際に私が看護師として働いていた頃、優秀な医師や看護師は皆自分なりのストレス解消法をもっていました。

 

例えば非常に優秀な医師はA医師はクラシック音楽が好きであり、疲れると音楽の演奏を聴くことでリフレッシュしていました。また、仕事ができるB看護師はランニングが好きであり、休日になるとハーフマラソンやフルマラソンに参加して楽しんでいました。このように、仕事ができる人は皆自分なりのストレス解消法をもってるのです。

 

そこで今回は、あなたがストレスをうまく解消させるための、具体的な20の方法についてお伝えしていきます。20の方法をヒントにして、「これなら好きかもしれない」「これならストレス解消できる」という方法を、いくつか見つけてみてください。

 

まずは、体を動かすことによるストレス解消法についてみていきましょう。

 

体を動かすことによるストレス解消

 

体を動かすことは、ストレスの解消に効果的です。なぜなら、運動に集中することで目の前のストレスを忘れられるからです。呼吸法を取り入れたような運動の場合には、深呼吸によるリラックス効果も得られます。

 

また、体力がつくことで疲れにくくなるというメリットもあります。これは、体力勝負の看護師にとって重要なことです。

 

運動は、可能であれば日常的に行なう方がよいです。ですが、忙しい毎日を送っていると、運動する時間もない日がたくさんあるでしょう。

 

しかし、それでも問題ないです。気がついたときに運動するだけでも十分にストレス解消に効果的なのです。

 

それでは、具体的にみていきましょう。

 

1. ランニング

 

ランニングは、ストレス解消に効果的です。その理由は、「単調な動きの繰り返しによるリラックス効果」「長く走り続けることで気持ちが高ぶる」「走りに集中することで嫌なことを忘れられる」など、諸説あると言われています。

 

実際に私も就職後ランニングを始めましたが、初心者でも気持ちよく続けられました。ランニングを始めてから、体重も2kg減り、肌の調子が良くなったことも思わぬ副産物でした。

 

最近はかわいいウェアもたくさんあるため、それを着て走るだけでもテンションが上がります。また、全国各地でマラソンやハーフマラソンの大会もあるため、大会参加をモチベーションに始めてみるのもよいでしょう。

 

2. ヨガ

 

ヨガというと様々なポーズを取るイメージが大きいですが、実はヨガのポイントは「呼吸法」にあります。意識してゆったりと大きな呼吸を繰り返すことにより、副交感神経が活発になってリラックスすることができるのです。

 

また、ヨガをすると「代謝が良くなる」「血行が促進される」「体のゆがみが矯正される」などのメリットもあります。

 

最近はDVDなどもたくさん出ているため、自宅にいながらも気軽にヨガを始められます。先生から直接習いたい人は、全国にスポーツジムやヨガ教室、ホットヨガ教室などがあるため、参加してみてもよいでしょう。

 

3. サイクリング

 

職場までの通勤を自転車に変えるだけでも、運動習慣を付けることができます。

 

特に最近は、女性でも乗れるかわいいロードバイクやシティバイクがたくさん売っています。朝からお気に入りの自転車をこげば、気分も上がって嬉しい気持ちで出勤できることは間違いありません。

 

実際に私も、病院までお気に入りのシティバイクで通勤していました。片道4km程の道のりでしたが、通勤ラッシュのストレスからも解放されてすがすがしい気持ちで通勤できました。自転車が嫌いでない人や、通勤ラッシュを避けたい人におすすめの方法です。

 

4. 水泳

 

泳ぎができる人であれば、プールに行くこともストレス解消に効果的です。

 

水泳は、酸素をたくさん使う「有酸素運動」と呼ばれる種類の運動です。有酸素運動は「エンドルフィン」という快楽物質がたくさん出るので、ストレスが解消されるのです。

 

また、水泳には「心地よい疲労感でよく眠れる」「消費カロリーが多いのでダイエットにも効果的」などのメリットもあります。地域の体育館など、プールは全国にあるので、水着さえあれば気軽に始めることができます。

 

5. ジム

 

ジム通いも、ストレス解消に大いに効果的です。

 

スポーツジムでは、トレーナーがあなたに合わせたトレーニング法を指導してくれます。様々なトレーニング機械を使って汗を流せばストレス解消になる上に、効率よくダイエットや筋力アップができます。

 

また、日頃出会いのない看護師にとって、ジムで思いがけない出会いがあるかもしれません。実際に私の友人でも、ジムで出会った人と付き合い、結婚した看護師がいました。

 

6. 社会人スポーツクラブ

 

今まで続けてきたスポーツがある人は、地域の社会人スポーツクラブに入ってもよいでしょう。

 

「テニス」「バドミントン」「バレーボール」など、社会人スポーツクラブはたくさんあります。社会人スポーツクラブの場合、社会人が参加しやすい平日の夜や土日に開催されることが多いため、働いている看護師も夜勤以外であれば参加しやすいです。

 

日頃病院関係者としか接することのできない看護師にとって、社会人スポーツクラブで様々な業種の人と関われることも、とてもよい刺激になります。

 

7. ダンス教室

 

音楽が好きな人であれば、ダンス教室に参加することもストレス解消になります。

 

一口にダンスといっても、「ヒップホップ」「ジャズ」などの王道なものから、「フラダンス」までたくさんの種類があります。

 

私の友人看護師には、ベリーダンス教室に通っている人がいました。また、珍しいところではポールダンス教室に通っていた人もいます。彼女たちは初心者でダンスを始めていましたが、教室で友人を作ったり発表会に参加したりと、とても楽しそうにしていました。

 

ここまで体を動かすストレス解消法についてみてきました。それでは次に、家の中でできるストレス解消法をみていきましょう。

 

家の中でできるストレス解消法

 

家の中でできるストレス解消法は、「気軽に始められる」というメリットがあります。また、日常生活の中に習慣として取り入れやすいということもメリットです。

 

それでは、具体的にどのようなものがあるのかみていきましょう。

 

8. 音楽を聴く

 

自分の気分に合った音楽を聴くことで、自分の気持ちが音楽に合わさって発散され、ストレスが解消されます。

 

元々好きなアーティストやジャンルがある人は、部屋にいるときにその音楽をかけるとよいです。「特に好きなジャンルはないけれども音楽は好き」と言う人は、you tubeなどで気軽にいろいろな音楽をかけてみましょう。

 

私の場合特に好きなアーティストはいないのですが、家に居るときはyou tubeでボサノバやジャズを聴いています。読書や作業をしていても邪魔にならずリラックス感が得られるので、カフェにかかっていそうな音楽が好きな人にはおすすめです。

 

9. ドラマや映画を見る

 

休日には思い切って家にこもり、ドラマや映画を見るのもおすすめです。

 

ドラマや映画を見ると、その世界に入り込むことができます。現実世界から離れていつもとは違う世界を楽しめるため、ストレス解消になります。特に看護師は不規則勤務が多いため、日頃見ることができないで撮りだめているドラマがたくさんある人も多いでしょう。

 

おいしいおやつや飲み物を買い込んで、おうちシアターにしてみてはどうでしょうか。私も働いていた頃ドラマ鑑賞にはまっていた時期があり、海外ドラマをseason1からすべて見ることがストレス解消になっていました。

 

10. マンがを読む

 

ドラマや映画と同様に、マンがを読むこともストレス解消に効果的です。

 

自分が居る世界とは異なる世界を楽しむことができるのは、マンガの醍醐味です。小さい頃好きだったマンガや今話題のマンガなど、興味のあるマンガを思い切って大人買いしてもよいでしょう。

 

11. 読書をする

 

ストレス解消には、読書もおすすめです。小説などもいいですが、時には全然違う業種の本を読んでみるのも面白いです。

 

私は最近ビジネス書を読む機会が多いのですが、ビジネス書は心理学を元に書かれているものも多いため、看護師として働く上でも役に立ちます。全然違う業種の本を読むことで視野も広がるため、自分の将来について柔軟に考えるきっかけにもなります。

 

悩み事がある人は、本を読むことでその悩みを解決するヒントを得られることもあります。最近ではスマートフォンでも気軽に本が読めるため、とにかくいろいろな本を読んでみましょう。

 

12.  アロマテラピー

 

アロマには強いリラクゼーション効果があります。これはにおいを感じる「嗅覚」が直接大脳につながっているためです。

 

アロマオイルは雑貨屋さんやアロマ専門店などに売っているため、自分の好きな香りを見つけてみましょう。

 

アロマオイルの香りは、様々な楽しみ方ができます。夜寝る前に焚いてもよいし、お風呂の時に数滴垂らしてもよいでしょう。私もアロマは日常的に使っていますが、アロマの香りには予想以上のストレス解消効果があるため、ぜひ取り入れてみてほしいストレス解消法です。

 

13. 部屋の片付け

 

「部屋は心を映す鏡」とも言われます。皆さんにも、イライラして疲れているときは部屋が散らかっており、落ち着いた気分の時には不思議と部屋も綺麗だという経験はないでしょうか?

 

つまり、心をすっきりさせたかったら、部屋をすっきりと片付けることが効果的なのです。

 

「今日はクローゼットだけ」「今日は水回りだけ」と場所を決めて掃除してもよいし、「断捨離」と称して、思い切っていらないものをすべて捨ててもよいでしょう。終わった頃には心地よい疲労感と共に、心もすっきりとしているはずです。

 

14.  料理 

 

休みの日は、いつも作れないようなレシピに挑戦してみるのもよいかもしれません。

 

芸能人でも、料理を趣味にしている人は多いです。体を使う仕事だからこそ、食事には気を遣い、自分自身をメンテナンスしていく必要があるのでしょう。

 

いつも料理する人もしない人も、休みの日には思いっきり手の込んだ料理を作ってみたらいかがでしょうか? 料理をするということはクリエイティブな作業であるため、いつもとは違う思考回路をすることで心も体もリフレッシュできます。

 

それでは、今度は家の外でのリフレッシュ方法についてみていきましょう。

 

家の外でのリフレッシュ方法

 

「休みの日はずっと家でのんびりしていたい」というタイプの人がいる一方、「休みの日は外に出ないと落ち着かない」というタイプの人もいます。積極的に外に出たいタイプの人は、体が多少疲れていたとしても、思い切って外に出てしまった方が心のリフレッシュになります。

 

それでは、家の外でのリフレッシュ方法にはどのようなものがあるのかについてみていきましょう。

 

15. ショッピング

 

好きな洋服やコスメを自由に買うことができるのは、仕事をしている喜びの一つです。

 

綺麗な町並みを歩き、ウィンドショッピングをしているだけでも、その非日常感でわくわくとすることができます。ボーナスが入ったら、あこがれていたブランド品を思い切って買ってもよいかもしれません。

 

もちろんお金の使いすぎには注意しなくてはいけません。ですが、節度を守って楽しめば、ショッピングをすることはストレス解消の一つの方法です。

 

16.  エステ

 

エステなどの自分磨きにお金を投資するのも、よいストレス解消になります。

エステサロンではお肌と体のメンテナンスができる上に、自分自身の美意識を高めるきっかけにもなります。仕事には全力で打ち込み、プライベートでは自分自身を美しく保つ努力をするということで、なりたい自分自身に近づけるかもしれません。

 

17. 旅行

 

看護師の日常は、不規則勤務でめまぐるしく過ぎていきます。ですが、日頃不規則勤務をしている分、長期休暇をまとめて取りやすいというメリットがあります。

 

また、看護師は正月やお盆に働くため、長期休暇を取る時期は世間の人が働いている時になります。そのため、旅行に安く行くことができるというメリットもあるのです。

 

このような理由により、旅行好きの人にとって、看護師は旅行に行きやすい環境の仕事なのです。

 

友人や恋人と海外旅行に行ってもよいし、一人でふらっと国内旅行に出かけてもよいでしょう。いつもいる場所から物理的に離れることは、大きなリフレッシュになります。

 

18. 友人とお酒を飲む

 

気の合う仲間とお酒を飲んで楽しむことも、よいリフレッシュになります。

 

家でのんびり楽しんでも、たまにはおいしいお店に出かけて楽しんでもよいでしょう。お酒の開放感や気分の高揚は、気持ちを前向きにしてくれます。また、気の合う仲間と自由に話をすることで、リフレッシュできます。

 

もちろん飲み会ではなく、ランチをしたりスイーツを食べに行ったりでもよいでしょう。大好きな人とおいしいものを食べるというのは、大きな活力につながるのです。

 

19. ドライブ

 

車の運転ができる人は、ドライブをしていつもとは違う土地に行ってみるのもよいでしょう。

 

いつか行ってみたかった秘境の温泉でもよいし、夜景の綺麗な高台でもよいです。一人でも、仲間とでも、いつもとは違う土地に行くことで、非日常感を楽しむことができます。

 

20. カラオケ

 

大きな声で思いっきり歌を歌うことも、ストレス解消に効果的です。実際に、カラオケで大きな声を出すことで、「心が解放される」「幸せホルモンと呼ばれるエンドルフィンが出る」などの効果が出るとされています。

 

私は働いている時、一人カラオケでストレス発散している時期がありました。自分の好きな曲を思いっきり歌うとストレスが発散されるため、歌が好きな人にはおすすめの方法です。

 

ここまでストレスを解消させる20の方法の具体例を出してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ここに出したのはほんの一例です。ですが、この具体例をヒントに、あなたにしかできないストレス解消法を身につけてほしいと思います。

 

そして、肝心なのは、ストレス解消法はいくつも用意しておくということです。

 

例えば「ストレス解消はマラソンだけ」と決めつけるのではなく、マラソンや水泳、アロマ、ショッピング、飲み会など、いろいろなことにアンテナを張っておくことで、それだけストレス解消できるポイントを多く持てることになります。

 

仕事を充実させるポイントは、プライベートを充実させることです。ぜひ、自分にしかないストレス解消法を見つけてください。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、「対応エリア」「扱っている仕事内容」に注意して探さなくてはいけません。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと
「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方
あなたの苦手な看護師長との関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
ブランクのある看護師が自分に合った職場を見つける方法
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
うつ病で退職した看護師の転職方法
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト