「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方

「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方

 

看護師資格を持つ人が皆、人間関係が得意とは限りません。むしろ、「実は人間関係がそんなに得意ではない」と悩んでいる看護師は、意外とたくさんいるのです。

 

人間関係が苦手な人にとって、たくさんの人と関わらなくてはいけない職場は、とても大きなストレスがかかります。

 

そこで今回は、人間関係が苦手な看護師にお勧めの働き方についてお話していきます。ストレスなく働くことのできる、自分に合った職場を探していきましょう。

 

「どのような人間関係が苦手なのか」について考えよう

 

「人間関係が苦手」と考えているあなたに、一度考えてほしいことがあります。それは、「自分はどのような人間関係が苦手なのか」について知ることです。

 

一口に「人間関係が苦手」と言っても、よく見てみると実にいろいろなタイプの人がいます。例えば以下の通りです。

 

・男女比が同じくらいの職場はうまくやれるけれども、女性が多い職場は苦手な人

 

・医師との関わりが苦手な人

 

・自分一人で仕事をするのが好きな人

 

このように、人間関係にもいろいろな種類があります。あなたは、どのタイプでしょうか?

 

あなたがどのようなタイプであるかによって、お勧めできる働き方は異なってきます。それでは順番にみていきましょう。

 

「女性が多い職場」が苦手な人の働き方

 

女性が多い職場が苦手な人は、なるべく男女比が同じくらいの職場を選ぶのが良いでしょう。例えば、以下のような職場があります。

 

救急外来、精神科など男性看護師が多い職場

 

「総合病院は女性看護師が多い」と思われがちですが、中には男性看護師の割合が多い部署があります。それが、救急外来や精神科です。

 

もちろん自分が興味を持てなければ、これらの領域で働くことは難しいです。ですが、自分がもし少しでも興味を持てるようであれば、思い切ってこれらの領域で働いてみるのもよい方法です。

 

「職場における男女比」というのは、意外と重要なのです。

 

私自身、「女性看護師だけの職場」「男性看護師もいる職場」のどちらも経験したことがあります。その結果分かったことは、男性看護師がいる職場の方が雰囲気が和やかになるということです。

 

私がいた病棟では、男性看護師は多くても1、2人でした。ですが、不思議なことに例え1人でも男性がいるだけで、女性特有のぴりぴりした雰囲気が緩和されることがあるのです。これは論理的には言い表せない不思議な感覚でした。

 

私の友人看護師も皆、「男性看護師がいる方が職場が和やかになる」と言っています。

 

そのため、女性の社会が好きではない人は、男性看護師が多く在籍している部署を選んでみましょう。

 

デイサービス看護師

 

また、同様の理由でデイサービスの看護師もおすすめです。

 

デイサービスの場合、看護師は基本的に1人です。そして、一緒に働く人は介護士が多いです。介護士には、男性も多くいます。

 

一緒に働くスタッフの中に男性がいることで、女性特有の雰囲気は緩和されます。それにより、女性だけの職場が苦手な人でもあまり臆せず働くことができるのです。

 

「一緒に働く人が違う職種である」ということも、女性看護師の職場が苦手な人にはおすすめできるポイントとなります。看護師は自分しかいないという責任の重さはありますが、自分に与えられた業務をきちんと遂行していれば良いため、病院で「看護師チーム」として働くよりも気持ちが楽な場合もあるかもしれません。

 

医師との関わりが苦手な人

 

それでは次に、医師との関わりが苦手な人におすすめの職場をみていきましょう。

 

検診を扱う病院、クリニック

 

看護師資格を持っていれば、健康診断を専門に扱う病院やクリニックで働くことも可能です。

 

健康診断では、採血、身体測定、心電図検査などがなされます。場合によっては内科診察の補助などで医師と働くこともあるかもしれませんが、基本的には看護師や検査技師と共に働く場面が多いです。

 

どのような内容の検診がなされるかは、勤務する病院やクリニックによって異なります。ですが、検診と聞いたときに真っ先に頭に浮かぶのが「採血はあるのか」ではないでしょうか。

 

採血のスキルがある人はそのスキルを生かして、採血が必須な職場を選んでも良いでしょう。逆に採血ができない人であっても、採血をしなくてもよい職場や、採血研修のある職場を選べば問題なく働くことができます。

 

「医師とずっと一緒に働くのは苦手」という人は、一度検診ナースの道を考慮してみましょう。

 

保育園看護師

 

また、医師と働くのが苦手な人には「保育園看護師」になるという道もあります。

 

保育園看護師は、保育園に勤務する看護師のことです。基本的に看護師は1人であることが多く、同僚のほとんどは保育士になります。

 

働く場所も保育園であり、健康な子どもを対象に働きます。0歳児の保育を担当することもあるため、いわゆる看護師の仕事とは全く異なると考えておいた方がよいでしょう。

 

保育園看護師は、これからの発展が期待される領域です。初めは要領をつかむのが難しいかもしれませんが、子どもが好きな看護師は一度検討してみてもよいでしょう。

 

自分一人で働くのが好きな人

 

それでは最後に、「チームで働くのが苦手」「一人で集中して働きたい」という人はどのような働き方があるのかについて考えていきましょう。

 

コールセンターの看護師

 

保険会社の中には、「いつでも看護師が電話相談に応じます」というようなサービスを売りにしている会社があります。保険会社だけではなく、看護師による電話相談をサービスとして提供する会社はいくつもあるのです。

 

チームで働くのが苦手という人は、このようなコールセンターの看護師として働く道もあります。

 

もちろん、コールセンター勤務でも人と関わる場面は必ずでてきます。仕事をする上で、人との関わりをゼロにすることは不可能です。

 

ですが、基本的な業務は利用者の電話対応になるため、対応中は自分のペースで働くことができます。

 

「自分一人では判断が難しいケース」などは他の人と相談することが必要です。しかし基本的には自分のペースで働けるため、「常に他の看護師と相談しなくてはいけない」「毎日チームカンファレンスがある」というようなストレスからは解放されます。

 

ここまで見てきて、看護師にもいろいろな働き方があるということは分かりましたでしょうか。

 

今挙げたのは、働き方のほんの一例です。実際には、自分の性格や生活、理想とするライフワークバランスに合わせた働き方はもっとたくさんあるのです。

 

そうはいっても、自分にぴったりと合った働き方を自分一人で見つけるのは困難です。自分一人後からだけでは、どうしても視野が狭くなってしまうからです。

 

そこで活用したいのが、転職サイトのキャリアコンサルタントです。

 

転職サイトに在籍しているキャリアコンサルタントは、あなたに合った職場や働き方の提案をすべて無料でしてくれます。

 

実際に、私も転職サイトを利用したことがあります。そのときは出産後の働き方について悩んでいたのですが、「病児保育看護師はどうか」「託児所付きの病院はこのように選ぶと良い」など、とても実践的なアドバイスをもらえました。「無理に転職する必要はない」という選択肢をくれたのも、非常に信頼できました。

 

人それぞれ、自分に合った職場は異なります。あなたにぴったり合った職場と出会うために、ぜひ転職サイトを活用してみましょう。

 

看護師転職サイト比較おすすめランキング:サイトの特徴と違い

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、「対応エリア」「扱っている仕事内容」に注意して探さなくてはいけません。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと
「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方
あなたの苦手な看護師長との関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
ブランクのある看護師が自分に合った職場を見つける方法
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
うつ病で退職した看護師の転職方法
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法
「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト