看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い

看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い

 

看護師の働く現場では、職員間の「いじめ」が生じる場合があります。いじめは絶対にあってはいけないことですが、看護師社会にはいじめがあるのも事実です。そして、当然ながら誰もが「いじめられたくない」と思っています。

 

いじめが起きると、いじめられる側は精神的にも追い詰められます。時には体調まで崩してしまい、仕事までも手放さなければいけない状態になります。このような状況は絶対に避けるべきです。

 

そこで今回は、看護師のいじめ問題について考えながら、「いじめられやすい人」と「いじめられやすい人」の違いについてお話していきます。

 

いじめが起きるかどうかは職場の雰囲気次第

 

はじめに、いじめ問題に関して知っておかなくてはいけないことがあります。それは、看護師の職場でいじめが起きるかどうかは、職場の雰囲気次第であるという事実です。

 

看護師は激務です。忙しい職場の場合は、常にやるべきことに追われて座る暇もありません。時には、昼ご飯すら食べられないこともあります。

 

心身ともに追い込まれやすい「忙しい職場」で働く看護師は、ストレスがたまります。そして、このようにストレスフルで雰囲気の悪い職場では、いじめが頻繁に起こります。

 

これから「いじめられやすい人」の特徴について述べていきますが、これらの特徴に当てはまる人であっても、職場が変わればいじめられない場合も多いです。いじめが起るか否かは、働く職場次第であるということを覚えておいてください。

 

看護師で「いじめられやすい人」の特徴

 

新人看護師

 

新人看護師は仕事ができません。これは実務経験がないため仕方が無いことです。

 

しかし、余裕のない先輩看護師は「ただでさえ忙しい中で新人指導もしなくてはいけないなんて……」という気持ちになることがあります。そのストレスやいらつきが、いじめを生むのです。

 

また、新人は病棟の中で弱い立場にいます。

 

いじめの風土がある職場では、ターゲットとなるのは弱い立場の人です。そのため、「新人」というだけでいじめの標的になることがあるのです。

 

異動してきたばかりの看護師

 

看護師の職場は、閉鎖的なところが多いです。なぜなら、狭い空間でいつも固定されたメンバーで働いているからです。

 

閉鎖的な職場では、「みんなが同じ考え方であるべき」という雰囲気があります。そのような雰囲気の職場では、「新しく移動してきた看護師」というだけでいじめの対象となることがあるのです。

 

どんな性格の人でもいじめのターゲットになる

 

「新人」や「異動してきたばかりの看護師」などは、「仕事をする上での負担になる」「人間関係が未熟である」という理由でいじめられやすい状態にあります。

 

では、性格の違いでいじめにつながることはあるのでしょうか。次に、特にいじめられやすい性格の人はいるのかという点についてお話ししていきます。

 

結論から言うと、いじめられやすい性格というのはありません。どんな性格の人でもいじめのターゲットとなり得るのです。

 

例えば、美人で性格もいい人がいたとします。美人で性格もいいというと、完璧な人のように思えます。

 

では完璧な人ははいじめられないかというと、そんなことはありません。「完璧な人」への妬みにより、いじめが発生することもあるのです。

 

また、職場との相性によってもいじめの有無は変わってきます。同じ人であっても、職場によって、いじめられたりいじめられなかったりするのです。実際に私の友人でも、前の病棟ではいじめられていたにも関わらず、転職した後はいじめられることなく働いている人がいました。

 

つまり、いじめはいじめられる人の性格が原因ではないのです。いじめを引き起こすような職場の雰囲気や、いじめてくる人自身に問題があるのです。

 

特にタチが悪いのは、優しい人に対して攻撃してくるような職場です。

 

雰囲気の悪いストレスフルな職場で働く看護師は、患者さんに人気のあるような優しい人に攻撃して自分のストレス解消を図ろうとする場合があるのです。

 

謙虚で優しい性格の人に対して攻撃してくる人がいる職場は、末期的な状況です。自分を守るためにも、すぐに職場を離れた方がよいでしょう。

 

看護師で「いじめられにくい人」の特徴

 

それでは今度は、いじめられにくい人の特徴についてみていきましょう。

 

先輩看護師

 

病棟における立場が中堅以上となったとき、ほとんどいじめられることはなくなります。

 

仮に「ちょっと○○さんは……」と後ろ指を指されるような先輩がいても、いじめという形で表立つことはありません。後輩達は先輩の個性に翻弄されながらも、どうにか先輩に対応しようと苦心するのです。

 

素直な人

 

先輩から指導を受けたときに、素直に言うことを聞ける人はいじめられにくいです。

 

具体的には、アドバイスを受けたら「ありがとうございました」と言ったり、ミスをしたときは「すみませんでした」と謝ったりといった、基本的な言動をすることです。

 

これは誰でも出来るように思いますが、実際はそうではありません。先輩の指導を素直に聞ける人というのは、一握りです。そのほかの人は、反抗的な態度を取ったり、「自分が正しい」と主張したりして、先輩の言うことを聞こうとしません。

 

先輩からの指導は素直に聞き入れる方がかわいがってもらえる上に、仕事も早く覚えることができます。

 

挨拶ができる人

 

挨拶の話をすると、「小学生じゃあるまいし、挨拶をするなんて当然じゃないか」と思う人もいるでしょう。しかし実際には、挨拶をできない人は多いです。

 

挨拶が出来ない人は、出勤後そそくさと席について仕事を始めます。先輩が隣にいても何も言いません。先輩から「おはよう」と言われてようやく小さな声で「おはようございます」とつぶやく程度です。

 

挨拶は軽く見られがちですが、実は人間関係を作る上で非常に重要なのです。実際に、人間関係をよくするための方法について書かれているビジネス書を読んでみると、どの本にも挨拶の重要性について書いてあります。

 

挨拶は、人間関係の基本です。

 

「いじめ」が多い職場は、ストレスフルな職場である

 

ここまで「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」についてみてきました。しかし注意してほしいのは、先述したとおり、「いじめられやすい人」の特徴に当てはまる人が、必ずしもいじめられる訳ではないということです。

 

いじめが起きる原因は、個人のせいではないのです。たしかに、謙虚さや挨拶など、人間関係を築く上で大切なポイントはあります。ただ、いじめが起きるか否かは、あなたの勤務する病棟にいじめを引き起こす雰囲気があるかどうかになります。

 

先述したとおり、看護師はストレスフルな職業です。特に「人手不足」「常に忙しい」「人間関係が悪い」などの特徴がある職場に勤めていた場合、働く看護師のストレスは大きくなります。

 

そして、ストレスのたまりやすい職場では、いじめが発生しやすいのです。

 

実際に、いじめに関するさまざまな研究結果から、加害者側のストレスがいじめを引き起こす原因となるという事実が証明されています。つまり、ストレスフルな職場に勤めていると、例え人間的に素晴らしい人であってもふとしたきっかけでいじめの対象となることがあるのです。

 

いじめを引き起こすような職場は、次々にターゲットを変えていじめが続きます。そのような職場でいじめをなくすには、「人手不足の解消」「業務量の改善」「大幅な人事異動」などの思い切った改善が必要になります。このような職場の問題は、自分一人で変えられるものではありません。

 

今いじめに悩んでいる人がいるのであれば、自分を責めないでください。いじめは、あなた自身に問題があるのではなく、いじめを引き起こす雰囲気がある職場自体に問題があるのです。

 

その事実を認識した上で、「自分は無理してこの職場に居続けた方が良いのか」、きちんと考え直す必要があります。

 


看護師が自らのキャリアを考えるとき、「同じ職場に留まって頑張る」または「自分に合う他の職場を探す」ことを考えます。子育てが終わり、仕事復帰を考える人もいます。


こうしたとき、ほとんどの人は看護師の転職サイトを活用します。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所など少ない求人の中から探すケースがほとんどですが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社もあれば、看護師との面談を重視することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、首都圏に強みを発揮する会社もあれば、地方求人を多く保有している会社もあります。


これらの違いを理解しなければ、よい転職・復職を実現させることはできません。そのため、まずは各転職サイトで何が異なるのかを理解するようにしてください。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い

看護師であれば、「派遣看護師」として働く方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと
「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方
あなたの苦手な看護師長との関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
ブランクのある看護師が自分に合った職場を見つける方法
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
うつ病で退職した看護師の転職方法
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法
「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト