「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?

「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?

 

看護師として働く上で、「人からの評価は関係ない。自分が自分自身に納得して働けていればそれで良い」という考え方があります。

 

しかし、頭では「どのように評価されても関係ない」と思っていても、実際のところ「自分はどのようにみられているのか」というのは、どうしても気になってしまうものです。

 

今回は、いわゆる「いい看護師」「悪い看護師」と評価されている人は、どのような人を指すのかについてお話していこうと思います。ですが、その前に一つお伝えしたいことがあります。それは、どんな看護師が「いい看護師」で「悪い看護師」なのかは、評価をする人が誰かによって大きく異なるということです。

 

「いい看護師」「悪い看護師」は評価する人によって違う

 

看護師仲間からみるととても「いい看護師」に見えるけれども、患者さんからの評価が伴わない場合があります。また逆に、患者さんから見たら「いい看護師」だけれども、看護師の仲間内ではあまり評価されていないこともあります。

 

これは、相手に「何を求めているのか」によって、相手への評価が変わるためです。

 

それではまず、看護師の立場からみた「いい看護師」とはどのような看護師なのかについて考えていきましょう。

 

看護師の立場から見た「いい看護師」とは

 

看護師が同僚の看護師を評価するときに重視しているのは、仕事ができるか否かという点です。

 

例えば、とても性格が良くて優しいAさんという看護師がいたとします。Aさんはプライベートで話すと気さくで楽しい人ですが、仕事は雑で、ミスもたくさんありました。

 

一方、クールで冷たいように見えるBさんという看護師がいたとします。Bさんは近寄りがたく、後輩への指導も厳しいです。しかし仕事はまじめで確実、知識も豊富で非常に頼れる人でした。

 

自分が同僚だとして、AさんとBさんのどちらと一緒に仕事をするのが楽かというと、「Bさん」と答える人が多いと思います。

 

もちろん、仕事だけができればよいのではありません。仕事ができても、しょっちゅう周りに高圧的な態度を取ったり、意地悪な発言をしたりする人は、一緒に働きたいとは思いません。

 

ですが、「同僚」と言う視点から見た場合には、どうしても仕事ができる人のほうが一緒に働いていて楽です。そういう意味では、看護師の立場から見た「いい看護師」というのは、「きちんと仕事ができる看護師」と言い換えることもできます。

 

患者の立場から見た「いい看護師」とは

 

一方、患者さんの立場から見た場合には、事情は変わってきます。

 

患者さんは、看護師から看護技術や医療技術の提供を受ける立場です。そんなとき、いくら仕事ができる看護師であっても、ただ黙々と業務を進められたのでは患者さんとしては引っかかりを覚える場合があります。

 

患者さんの共通認識として、「優しい看護師に受け持たれたい」というものがあります。

 

なぜなら、医療技術の提供を受ける際に優しい言葉や表情で語りかけをしてもらうことで元気がでるからです。また、医師には「嫌な顔をされそうで聞けない」ような質問であっても、優しい看護師であれば気軽に聞くことができます。これは、患者さんとの信頼関係を築いて医療をしていく上で欠かせないものです。

 

もちろん、優しいだけでミスが多かったり仕事が雑だったりする看護師は、患者さんからの信頼を得ることもできません。仕事が丁寧にこなせる上で相手への思いやりを持てる看護師は、患者さんにとってとても大きな支えになります。

 

このように、どのような人が「いい看護師」と評価されるかどうかは、評価する人によって異なります。看護師同士から見れば「仕事がきちんとできる人」がいい看護師であると感じられ、患者から見れば「優しい態度の看護師」がいい看護師ではと感じられます。

 

では、反対に「悪い看護師」はいるのでしょうか。

 

「悪い看護師」というのは、評価する人との人間関係で決まる

 

「悪い看護師」は、非常に分かりにくい言葉です。何をもって「悪い」というのかは人それぞれ考え方が違うため、「悪い看護師」という評価は、評価する人との人間関係に大きく左右されます。

 

例えば看護師同士の人間関係において、仕事がきちんとできる看護師が「いい看護師」であるならば、仕事ができない看護師はその逆となります。

 

ですが、何をもって「仕事ができない」というのかは評価が統一されていない上、評価する人の価値観によっても大きく左右されます。

 

私の友人で、病棟の先輩看護師から不当な評価を受けている人がいました。「仕事が遅い」「効率が悪い」「ミスが多い」などと指摘され続けた結果、彼女は退職しました。

 

ところがその直後に就職した病院では、彼女の評価は一変したのです。「仕事が丁寧」「患者さんの立場に立てる」など、彼女のよさをきちんと見た上での評価をしてもらえるようになりました。

 

このように、同じ看護師でも職場が変われば評価も大きく変わることがあるのです。

 

患者さんとの関係も同様です。人には相性があるため、同じ看護師でも受け持つ患者さんによって「しゃべりすぎでうるさい」という評価をされることもあれば、「明るくて楽しい」とされる場合もあります。

 

人が「いい看護師だ」と感じる場合には、「いい看護師」と評価されるある程度の共通点はあります。しかし、「悪い看護師」という評価には特に、評価する人の価値観や自分との相性が大きく関わっていることを覚えておきましょう。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、「対応エリア」「扱っている仕事内容」に注意して探さなくてはいけません。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの? 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと
「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方
あなたの苦手な看護師長との関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
ブランクのある看護師が自分に合った職場を見つける方法
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
うつ病で退職した看護師の転職方法
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法
「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト