クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか

クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか

 

看護師として働く中で、「クリニックで働いてみたい」と思うことがあります。

 

ですが、今まで総合病院や大学病院などの大きな病院でしか働いたことがない人は、クリニックという未知の領域に一歩踏み出すことをためらってしまう場合があります。多くの人がクリニック勤務をためらう理由の一つが、「クリニックの人間関係はなんだかよく分からないから」です。

 

そこで今回は、クリニックにおける人間関係についてお話していきます。クリニック看護師の人間関係について知ることで、クリニックで働くことのイメージをもつことができます。これを読んで、あなたのキャリアプランの幅を広げていきましょう。

 

クリニック看護師の人間関係の特徴

 

まずは、総合病院や大学病院と比べて、クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるのかみていきましょう。

 

看護師が少人数

 

総合病院や大学病院では、普段顔を合わせるのは同じ部署の看護師です。各部署にどのくらいの人数がいるのかはそれぞれ異なりますが、最低でも10人前後、多いところでは40人〜50人になる場合もあります。

 

人数が多いと、「グループや派閥ができやすい」「自分に合わない人ができやすい」などのデメリットがあります。

 

ですが、人数が多くていろいろな人がいる分、人間関係において逃げ道を作りやすいというメリットもあります。もちろん仕事中は皆と関わる必要がありますが、プライベートでは嫌いな人とは極力付き合わず、なるべく自分の好きな人とだけ交流を持つようにしたらよいのです。

 

一方クリニックでは、看護師の人数は非常に少ないです。医師が一人でやっているようなクリニックの場合、看護師は3、4人の場合もあります。少し大きめのクリニックでも、10人前後もいたら多い方です。

 

そのため、他の看護師が気の合う人だったらよいけれども、自分と合わなかった場合には逃げ場がないというデメリットがあります。

 

逆に、他の看護師と相性が良かったならば、とても働きやすい職場となります。

 

クリニックごとにそれぞれ「カラー」が出やすい

 

先述したような理由により、クリニックで働く看護師の人数は少ないです。

 

そのため、それぞれのクリニックごとに「カラー」が出やすいという特徴があります。カラーとは、クリニックの雰囲気とも言い換えられます。

 

クリニックの雰囲気は、「働いている看護師の性格」「平均年齢」などによって決まります。

 

例えば平均年齢が低く、若い看護師が多く働くクリニックの場合には、きゃぴきゃぴとした雰囲気になりやすいです。そのような職場では、明るく元気なスタッフが多いです。

 

逆に、働く看護師の平均年齢が高めの場合には、落ち着いた雰囲気の職場になりやすいです。

 

「どちらの雰囲気がよい」ということはありません。大切なのは、自分との相性なのです。

 

師長の性格によってクリニックの雰囲気が変わる

 

意外と見逃してはならないのが、そのクリニックの師長の性格です。

 

特に医師が一人でやっているクリニックの場合、奥さんである看護師が師長として働いている場合があります。そのようなケースでは、師長がクリニック全体の雰囲気を形作っていることも多いです。

 

師長の性格や方針についていけそうであればよいです。しかしそうでない場合には、逃げ場がない分だけしんどい思いをすることにもなりかねません。

 

医師との相性も重要

 

師長の雰囲気と同様に、クリニックのドンである医師との相性も非常に重要になります。

 

今まで看護師としていろいろな医師に接したことのある人は知っていると思いますが、ひとくちに医師といっても実にさまざまな性格の人がいます。

 

看護師としてクリニックで働くときには、「医師の指示の元」働くことになります。そのため、医師との相性は非常に重要です

 

 

私の先輩で、仕事がとてもよくできて優しい人がいました。その先輩は、病棟勤務の時には医師からも信頼され、テキパキと働いていました。ですが、クリニックに勤務したとたんに、医師との相性が合わず叱られてばかりになってしまいます。最終的にその先輩はクリニックを退職し、違う病院で勤務を始めました。

 

このように、医師との相性が悪ければ、本来の自分とは違う評価をされかねません。クリニック勤務をする前に医師の性格を知ることは、とても重要なのです。

 

クリニックでよい人間関係を築くには、入職前の情報収集が重要

 

ここまで見てきたように、クリニックでよい人間関係を築くためには、クリニックで働きはじめる前にいかに情報収集をするかが重要になります。自分がこれから働こうとしているクリニックが「どのような雰囲気のクリニックなのか」をあらかじめ把握するのです。

 

そうはいっても、自分一人の力だけで、働いたこともないクリニックの雰囲気を把握することは不可能に近いです。

 

そこでおすすめしたいのが、看護師専門のキャリアコンサルタントに相談することです。

 

転職サイトに在籍しているキャリアコンサルタントは、各クリニックの「雰囲気」「働いている看護師の性格」「医師の性格」などを把握しています。そのため、働く前から自分に合ったクリニックを紹介してもらうことが可能なのです。

 

入職前からしっかり情報収集をしておくことで、「自分に全然合わないクリニックだった」というような失敗を防ぐことができます。

 

クリニック入職後の良好な人間関係の築き方

 

それでは最後に、クリニックに入職してからよい人間関係を築いていくための方法について説明していきます。

 

まずは仕事を覚える

 

クリニックは、働く看護師の数が少ないです。そのため、一人一人に課せられる役割は大きくなります。忙しい時などは、全員が全力で働いてようやく仕事が回せるほどです。

 

そのため、クリニックで良好な関係を築いていくためには、まずは仕事を一人前にこなせるようになるというのが大前提になります。

 

クリニックには独自の手順ややり方がある場合も多いため、そのような「ローカルルール」を覚えるだけでも最初は大変です。ですが、真剣に仕事に取り組み、早く一人前に仕事ができるようになることこそが、周りの人と良好な関係を築くための近道となります。

 

きちんと挨拶をする

 

「挨拶」などとここでお話をするのは、まるで小学生の道徳の時間のようです。ですが挨拶のできない大人というのは意外とたくさんいるのです。

 

挨拶は人間関係の基本です。「おはようございます」「ありがとうございます」「お疲れ様です」などの基本的な挨拶は欠かさないようにしましょう。

 

入職後の人間関係に関しては、基本的にこの2点だけ守ればうまくいきます。

 

先ほどもお話したように、クリニックで良好な関係を築いていくために必要なのは、入職後よりもむしろ入職前の情報収集なのです。自分のカラーに合ったクリニックで働くことができれば、人間関係で失敗することはほとんどありません。

 

そのため、クリニックで働こうかと考えている人は、一度転職サイトのキャリアコンサルタントに相談してみるとよいでしょう。

 

事前にしっかりと情報を得て、生き生きと自分らしく働けるクリニックを探しましょう。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、「対応エリア」「扱っている仕事内容」に注意して探さなくてはいけません。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと
「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方
あなたの苦手な看護師長との関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
ブランクのある看護師が自分に合った職場を見つける方法
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
うつ病で退職した看護師の転職方法
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法
「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト